イ・サン&茶母&GyeBaek&歌舞伎が数寄!

やっぱり 好きなものは 数寄・・・
 「イ・サン」と「茶母」と「階伯 ケベク」そして歌舞伎!あらゆるジャンルの演劇とイソジンssiをこよなく愛するブログ・・・
<< 5.23.レミゼ!「ロンドン版」のファイナル!・・・歓喜と感涙!!お江戸顛末記その弐 | main | 5.25.悲恋!「牡丹灯籠」を彩る、男女の愛憎と悲喜劇!『源次郎』と『お国』の場合・・・in 明治座、お江戸顛末記 その四 >>
5.24.悲恋!「牡丹灯籠」を取り巻く、男女三組の愛憎と悲喜劇!in明治座・・・お江戸顛末記 その参
0
    JUGEMテーマ:芸能
      「レ・ミゼラブル」の感動体験から、なかなか現実世界に戻れず、「帝国劇場」に足が止まってしまったkabukimon・・・、やっとの思いで劇場から外へ出ました。本当に次の「明治座」の予定が無かったら、どうなっていたことか・・・(^^;)!!偶然にも「明治座」の演目は、も〜みんさんのコメから事前に、演目や出演される役者さんを調べていたので、「レミゼ」のついでにこっちも観ちゃえっ!!と欲ばって入手したモノ・・・。購入時に調べて、移動がかなりギリギリなのも分かっていたのですが、思わぬタイムロスに冷や冷や!!

     慌てる心を落ち着かせ、携帯のナビを取り出して検索をすると・・・、乗り換えの回数は少ないものの、またもや到着予定時刻が、開演10分前(T_T)!!ぎゃ〜〜!!また〜〜っ??ゆっくりと観劇の余韻に浸って歩いておられる皆さんをかきわけて、駅へ駅へ・・・!!とにかく移動するのに歩くことが前提のお江戸!!、駅どうしが比較的近くて、移動に時間のかからない大阪や京都に慣れているkabukimonは、ついつい時間を読み間違えやすい・・・(>_<)!!

     今度は途中のトラブルもなく、なんとか浜町駅(地下鉄)に到着!!ところが、プラットホームに出口案内が少な〜い!!間違えて反対方向へ少し歩いたところで気が付きUターン!!慌てて地上へ・・・ここでも恐怖の上り階段!!膝をカクカクさせながら歩き出してまたミス!!初めての場所って駅からの方向を確認しないと、とんでも無い方向へ行っちゃう〜〜。この時点で、開演まであと8分!!(^^;)〜。
     
     駅から明治座までは、「甘酒通り」という、風情有る佇まいの通りを歩いてゆくのですが、沢山の良さげなお店が並んではいても目の端に映るだけっ!!早足で人を縫うようにして進み、やっとの事で劇場らしき建物が目の前に!!、沢山の幟も発見!!横断歩道を渡りつつ「おっ良いアングル!!」てなことで、時間がないのにパチリ(^_-)!
    明治座 外観  .JPG

     切符売り場に駆け込んで、発券の手続きを済ませていよいよ劇場内へ・・・!!これが明治座かぁ〜〜入り口には、いかにも「江戸っ子」というような劇場の方が「明治座」の法被を着て出迎えて下さいます!!とっても「いなせでカッコイイ!!」お江戸の劇場に来た〜!!感が溢れます(*^_^*)!しかしそんな悠長なことは言っていられない!!開演まであと3分!!しかし、ここは歌舞伎の小屋、スタッフの方は焦りまくるkabukimonに優しく「お客様、まだ大丈夫で御座いますよ。」の一言・・・(^^;)ううう、ありがとう御座います〜〜。とにかくお席へ!!座るとなかなかに良いお席ではありませんか!!

     と、一人ほくほくとほくそ笑んでいると、「きの音」が響き、今度も「筋書き」を持たずに、もう歌舞伎が始まってしまいました・・・<(_ _)>。 いったい最初の演目はなんだったっけ?全くあきれた話しです・・・。で、夜の部最初の演目は 「落語家、三遊亭 円朝 原作、怪談 『牡丹灯籠』 」こちらの、【大川の船の場より】と【幸手堤の場まで】でした。      

     この演目の中心となるカップルは3組!!それぞれに事情を抱え、ラブラブな時からやがて凄惨な終末を迎えます。細かい粗筋などは、お調べ頂くか劇場で実際にご覧頂くかして・・・。ポイントのみをご紹介しますと、まずは『萩原 新三郎』に恋焦がれるあまりに、待ちくたびれてついには死んでしまった、旗本『飯島 平左衛門』の娘『お露』!!この2人のカップル。死んだあとも『お露』は妄執から成仏できず、後を追って自害をした乳母『お米』と2人、亡霊となって『新三郎』を求めて夜ごと『新三郎』を尋ねます。

     この、優しいけれど優柔不断な『新三郎』の世話になり、貧乏しつつも、しっかり者の女房『お峰』と二人でささやかに、でも幸せに暮らしていたのが下男の『伴蔵』。この二人は、いかにも!!といった似合いの夫婦。気弱な亭主の尻をたたき、幽霊に「駆け引き」を持ちかけるよう促す『お峰』。でも、自分は怖いからってんで、『伴蔵』に酒を飲ませて自分は押入に隠れちゃう!!(*^_^*)!!実は良くできた展開ですが、これには大切な訳が有りまして・・・。『新三郎』と『伴蔵』を市川 染五郎 丈が・・・、そして『お露』と『お峰』を中村 七之助 丈がそれぞれ二役で演じておられるのです。「押入」から『お峰』の声を出しつつ、早変わりの準備をして『伴蔵』の前に亡霊として登場!!観客はその演出の妙にみんな大喜び(*^_^*)V!!な訳です・・・。
    2011年05月24日明治座のラブラブ二人.jpg

     この二人・・・、亡霊に出会って、『新三郎』の命を奪う片棒を担ぐことになるまでは、なんだかんだ言ってもラブラブ!!この辺の2人の関係を 染五郎 丈と七之助 丈はとっても息ピッタリにしかもコミカルに明るく演じておられました。( ↑ 亡霊におびえて屋外から座敷の中へ戻る時、息を合わせてピョンッッと一段上の座敷に乗る場面)。染五郎 丈は後ろ姿で大熱演、亡霊が怖くて腰が砕けてしまう『伴蔵』の動きの可笑しいこと,可笑しいこと(>_<)!!
     
     やがて二人は亡霊を手助けして、100両という大金を手に入れ、『新三郎』の死後に江戸を離れて『伴蔵』の郷里に大きな「荒物屋」を開業します。ここから、少しずつ幸せだった二人の関係は破綻をしていき、ついには!!『伴蔵』は『お峰』を自分の手にかけて殺そうとします!!(T_T)・・・分かり易い人物設定の『伴蔵』です。金が手にはいると女にうつつを抜かすっていう・・・。はい!!とうとう、『伴蔵』の凶刃に『お峰』は絶命をするのですが、この場面の演出が凄かった!!

     実際に「本水」をザアザア〜〜と上から降らせるばかりか、染五郎 丈と七之助 丈はその水を頭からかぶり、また、床に出来た「水たまり」で二人のせめぎ合いをされるのです、もう観ていてハラハラ・・・(^^;)!!足元が滑るから大変です!!(よくあれでケガをしないモノだ、というくらいに激しい)お二人の衣装もぐっしょり濡れていて、体にまとわりつきます・・・。きっと最前列の客席にはバンバン水しぶきが掛かっているはず・・・。ついに、『お峰』は『伴蔵』に川へはめられてしまいますが、今度は立ち去ろうとする『伴蔵』の腕を何者かが引き寄せて川の方へと引き戻します!!ここの虚空を相手にもがく、染五郎 丈の演技も美しかったぁ・・・、『伴蔵』は必死に逃れようとしますが、ドンドンと橋の方へと引き寄せられて、!!!
    2011年05月24日明治座の深みへ4.jpg
     ・・・あんなに仲の良かった二人なのに・・・川に引きずり込まれる『伴蔵』、じわり、じわり、と川に飲み込まれていく様を、染五郎 丈は二の腕の筋肉と指先の橋をつかむ演技で見せる魅せる!!特に片腕だけが橋にかかり指先が最後の最後まで、腕が伸びきるまで熱演!!指先大丈夫ですかぁ??と、思わずこちらが痛くなるくらい、力の入れ方がハンパなく見えました・・・(^^;)。

     ・・・すっかりと辺りは静寂につつまれて、さっきまでの二人のあさましい姿が嘘のよう・・・、するとどこからともなく2つの小さな緑色の明滅する光が現れます・・・。今回の「怪談 牡丹灯籠」を演出する上での キーとなるアイテム=蛍 です。こうして、終幕となりました・・・。

     ・・・今回のマンガは事情により、一部分というか、かなりの部分をkabukimonの記憶だけで描いて居ります。衣装の色や髷の形等々、本当ではない部分もかなりあろうと思います・・・。あくまでも「イメージ」としてご覧下さいませ・・・。

    がっ、これだけではない!!本当にkabukimonが書きたかったのは・・・実は!!    この先は  次回につづく・・・。   

    にほんブログ村 演劇ブログへbr_decobanner_20110317011449.gifにほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
    | kabukimon | 歌舞伎 | 23:55 | comments(11) | - | - | - |
    kabukimonさん よかった〜 きょろちゃんさんが調べてくれて(^_^)
    植樹の記事だったのですね!!
    ありがとうございます♪ きょろちゃんさん(^_^)/
    | も〜みん | 2011/05/26 12:34 AM |
    わ〜い!!きょろちゃんさん!こんばんは〜〜!!ありがとう御座います!!ワザワザ調べて下さったんですね〜m(_ _)m(泣)
    今、chirinさんの方、新しい記事がアップされていますよ〜!(b^ー°)

    多分、きょろちゃんさんが読まれた内容と同じではありませんか!?

    歌舞伎については、本当に「好きこそモノの上手なれ…」でして、自分ではまだまだ納得はしていませんが、お褒め頂いて感謝いたします!!

    もっと精進しなくちゃ(o^∀^o)!ありがとう御座いました!!
    | kabukimon | 2011/05/26 12:20 AM |
    こんばんは。
    kabukimonさんは表現の仕方が非常に優れていて、歌舞伎の様子が手に取るようにわかります。そして楽しんで、ワクワクしている様子まで伝わるので、読んでいるこちらもとても楽しくなりました。ありがとうございます!!

    韓国公式ページの記事は、ソジンssiが青森に行き、被災地で植樹をしたというものでした。ソジンssiの被災地の皆様へのやさしいメッセージとともに。
    と言っても、グーグルの翻訳はちょっとよくわからない、怪しい日本語になっていたので・・・あまりお役に立てなくて申し訳ない!

    | きょろちゃん | 2011/05/26 12:08 AM |
    ありがとう御座います!!も〜みんさん!!ruthchiuさんの記事をチェックして下さって!!
    またもや!会員限定の壁かあぁ…f^_^;

    ま、chirinさんのアップを待たねば…
    | kabukimon | 2011/05/25 10:03 PM |
    ソジンさんは 今いずこ〜って事で、少しでも気分を紛らわそうと、chirinさんのとこにサイン会(パート4)のお写真を眺めに行って、ruthchiuさんのコメを見て飛んでみたけど、韓国公式のページで会員しか見れないのか、途中でダメだった(._.) 私の見方が悪いのかもしれないのだけど… お力になれず ごめんm(__)m 私も何なのか気になってる(^_^;)
    | も〜みん | 2011/05/25 9:47 PM |
    も〜みんさ〜ん♪♪こんばんは〜!!
    (-^〇^-)イソジンssiは、今、どこで、何をされているのでしょうねぇ〜f^_^;

    chirinさんとこに、またruthchiuさんが何かをコメしていたけど、もうチェックされましたか〜!?

    私ゃ今携帯だから、分からないの〜(;_;)気になってさ〜!!

    あれは私にお江戸の土地勘がないせいなのだ!(b^ー°)そんなに大層なスケジュールでは無いよ〜ん!!
    | kabukimon | 2011/05/25 9:36 PM |
    こんばんは(^_^)/

    kabukimonさん どんだけハードスケジュールなんすか!?(・・;) 読んでるこっちまで息がきれますよ〜(^_^;) すごい行動力ですね〜(@_@;) こんなスケジュールの中、コメ返ししてたのかと思うと… 色々コメしちゃってすみませんでしたですm(__)m

    歌舞伎も素晴らしかったみたいですね♪ 感動が文章から伝わってきます。 指先大丈夫ですか!?にはちょっと笑っちゃいました(笑) いつもながらkabukimonさん 細かいところまで、よく見られてるな〜っと思って♪
    そして、韓流ドラマの終わり方の様なレポの終わり方… き、気になるじゃ〜ん(._.) タイトルにヒントかぁ〜… なんだろう!? 明日を楽しみにしてます♪
    | も〜みん | 2011/05/25 9:26 PM |
    ぴょんさん!流石!ヒントでピント♪ですね〜(^∀^)ノ

    コメが遅くなってm(_ _)mなさい!へへへ…ちょっと浮気monしておりましたので…f^_^;

    ちょ〜なぁ〜は、いつまで日本に居て下さるのでしょう?ケベクの台本とか、持ってきておられたりして…(o^∀^o)♪♪
    | kabukimon | 2011/05/25 9:12 PM |
    わかったような気がする〜^^ ぴょん楽しみに待ってま〜す。まあ、とにかく歌舞伎やっぱり好きやわぁ、あの世界。またkabukimonさんの舞台絵?や解説!楽しみにしてます〜。^^  ところで、王様は日本にこられてたのですね〜、うれしいが、チョナ〜、ドラマの撮影は...?
    | ぴょん | 2011/05/25 7:59 PM |
    ぴょんさん!こんばんは〜!!ありがとう御座います〜!!♪

    いやいや、他に何かあった訳じゃあなくって…、(^。^;)タイトルにヒント有り♪ですよ〜!!
    と言っても大層な事でも無い!自分でハードルを上げちゃったかな!?f^_^;
    | kabukimon | 2011/05/25 7:46 PM |
    やっぱり歌舞伎、おもしろいわ〜。歌舞伎って、コミカルなシーンてとことん笑えるし、けっこう残酷なシーンとか、おどろおどろしいシーンとかも、生々しく演じられるんだけど、役者さんの技術がすごいから(芸術よね)、ほんとに没頭できる。不思議やわ〜。  てか、ええ〜〜!!kabukimonさん、まだこれだけでは終わらないと?凄すぎる..。確実に普通の旅行者の48時間分は楽しんでますよ(^^;) 
    | ぴょん | 2011/05/25 7:13 PM |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 1846.5.2「イ・ソジンさんがCFモデルを勤める【Dr. JAYJUN】と雑誌【1st LOOK】コラボ企画のメイキング映像公開♪&【安国健康+Carrierエアコン+スピーキングマックス】CFモデル美画像♪&【完璧な他人(Intimate Strangers)】舞台挨拶の美画像追加♪」
      コッコ (05/02)
    • 1832.4.4「イ・ソジンさんCFモデル美画像【DAIZ+安国健康+スマートカラ+JAKOMO+テグ金融(DGB)グループ+LGハウシスジーインZ:IN+Dr. JAYJUN】♪&スイス便り♪」
      たんぽぽ&ぴょん (04/04)
    • 1812.3.6「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演ドラマ【トラップ】関連記事+画像♪&【Heal Creek( ヒールクリーク)】社のFBとHPがイ・ソジンさんの美画像に♪&《斗山グループ》名誉会長の弔問へ…」
      マイラ ケイ (03/07)
    • 1812.3.6「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演ドラマ【トラップ】関連記事+画像♪&【Heal Creek( ヒールクリーク)】社のFBとHPがイ・ソジンさんの美画像に♪&《斗山グループ》名誉会長の弔問へ…」
      コッコ (03/06)
    • 1805.2.26「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第6回ビハインドスチールのミニ映像+FB美画像+関連記事♪&【Heal Creek(ヒールクリーク)】新CF映像+画像公開♪」
      マイラ ケイ (03/03)
    • 1805.2.26「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第6回ビハインドスチールのミニ映像+FB美画像+関連記事♪&【Heal Creek(ヒールクリーク)】新CF映像+画像公開♪」
      コッコ (02/26)
    • 1800.2.20「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第4回ミニ映像+昨年11月17日の《カフェトラック応援企画》♪&CFモデル美画像♪」
      コッコ (02/20)
    • 1798.2.18「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第4回映像+関連記事+美画像+第5回《盲点(死角)》予告映像+プレビュー♪&Golfウェア【Heal Creek(ヒールクリーク)】グラビア♪」
      たんぽぽ&ぴょん (02/18)
    • 1791.2.10「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演シネマチックドラマ【トラップ】第1回関連映像+記事画像+第2回予告映像+インスタグラムの投稿画像♪」
      コッコ (02/10)
    • 1787.2.5「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演シネマチックドラマ【トラップ】番組公式サイトの美画像+特番関連記事+ミニ映像♪&今日から《旧正月》♪」
      たんぽぽ&ぴょん (02/05)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 「イ・サン」と「茶母(チェオクの剣)」 〜韓国時代劇ドラマのイ・ソジンssi〜
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
    にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
    にほんブログ村 演劇ブログへ
    br_decobanner_20110317011449.gif
    + カウント
    ブログパーツUL5
    + 世界の国から…
    + 地球の上から…
    + カウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE