イ・サン&茶母&GyeBaek&歌舞伎が数寄!

やっぱり 好きなものは 数寄・・・
 「イ・サン」と「茶母」と「階伯 ケベク」そして歌舞伎!あらゆるジャンルの演劇とイソジンssiをこよなく愛するブログ・・・
<< 246.9.17「いよっっ!待ってました!六代目〜勘九郎丈」!驚異のその身体能力と全身バネ?!から繰り出される超絶技法!落涙必須の忠太郎〜感慨深いよなぁ…中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎 襲名披露“大阪松竹座九月大歌舞伎”【昼の部】 | main | 248.9.24 YouTube の動画“HFH Korea (ハビタット 韓国)World Habitat Day 2012”の和訳♥ >>
247.9.18「いよっっ!待ってました!六代目〜勘九郎丈」!驚異のその身体能力と全身バネ?!から繰り出される超絶技法!落涙必須の忠太郎〜感慨深いよなぁ…中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎 襲名披露“大阪松竹座九月大歌舞伎”【夜の部】
0
    [大歌舞伎] ブログ村キーワード JUGEMテーマ:芸能
     
     …さて、前回の記事は…「いよっっ!待ってました!六代目〜勘九郎丈」!驚異のその身体能力と全身バネ?!から繰り出される超絶技法!落涙必須の忠太郎〜感慨深いよなぁ…中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎 襲名披露“大阪松竹座九月大歌舞伎”【昼の部】

     …というタイトルをつけておりましたが、実は、これには【夜の部】の事も含まれておりましたので、記事を読んで頂いた方の中には「?!」訳が分からない〜と、お思いの方もおられたことと思います…( ̄。 ̄;)…すみません〜。当初は、一気に【昼も夜】両方、御紹介しようと考えておりましたので…。

     で、いよいよ【夜の部】についての御紹介をさせて頂きます…。が、
     その前にっ!!…前回の記事にコメントを頂いた“えつこ”さんへのお返事ですっ♥
    【昼の部】の『妹背山婦女庭訓(三笠山御殿の場)』映画『八つ墓村』に登場してくる台詞との関連ですが、私のアバウトな解説では“込み入った部分”を間違えてお教えしそうなので、上記の記事を幾つかお読み頂けると、映画のストーリィ(台詞)と「歌舞伎」の外題(三笠山御殿の場)との関連性がよくお分かり頂けると思います〜♥

     【夜の部】
     1.『女暫(おんなしばらく)大薩摩連中』…これは、当代随一の“名女方”玉三郎丈の独壇場ですっ!!もう、皆さま御存知の事とは思いますが、本年7月坂東 玉三郎丈は、歌舞伎俳優の女方として、何と!5人目となる【人間国宝】の認定を受けられているのでございます〜〜!(≧∀≦)n☆彡♥♥きゃ〜〜っ!このことは、現在の歌舞伎界にとって大きな意味を持ちます…。ここ数年の間に名代の“名女方”といわれた方々が相次いで鬼籍に入られた今っ!女方としては唯一の【人間国宝】の認定者なのです…。あちゃっ、そんな事を書いていると、肝心の観劇内容が何時までも書けません…(^-^;)…もちろん元の外題は『暫』…市川宗家の“十八番(おはこ)”の演目…。江戸歌舞伎の粋がそのまま形になったと言える素晴らしい作品ですね。

     この、煌びやかな“荒事”の舞台を女方が演じる…という趣向が受けて、初演以来現在までも度々演じられている訳です。“女方”として、申し分の無い玉三郎丈ですが、意外と“立ち役”的な演目もこなしておられます。ですから、大きな《素襖》を両手に持ち、悪人どもをハッタ!!と睨め付けて、黙らしてしまう“女傑”の『女暫』の「今井四郎兼平の妹=巴御前(ともえごぜん)」の凛々しさといったら…、本当に“出だし”から、カッコ良いんですよぉ〜〜♥♥悪人達が、よってたかって「巴御前」を追い払おうとするのですが、まるで意に介さず、逆に大男4人をやり込めてしまいます…。

     “揚げ幕”の奥から朗々と呼ばわる「巴御前」の《し〜〜ば〜〜ら〜〜〜〜く〜〜〜》という台詞…。玉三郎丈のお姿はまだ、幕の奥の方なので、見えませんが、その場の空気感を瞬時に張り詰めた物にし、会場内は期待する観客のジワが広がります…。“揚げ幕”のウチから二度の「暫く」の呼ばわりをした後、いよいよ「巴御前」の登場!!玉三郎丈は、女方の中でも上背のある方なので、鬘や烏帽子を付け、素襖を纏って出てこられると、生半可な立ち役の『暫』は霞んでしまうほどの威圧感っ!!

      舞台正面では、大きく反り返った《重くて大きい太刀》をぶんぶんと振り回し、追っ手の仕丁(しちょう)達の首を、一気にコロコロと叩き切ってしまうなんて事をする“女丈夫(おんなじょうぶ)”、これを舞台で観たお江戸の女性達は、きっと“胸の空く思い”をしたのでしょうねぇ…。

    2012年09月17日3 280.jpg

     こんな男勝りの活躍をしておきながら、大役を果たした「巴御前」は、ここで舞台上の役者玉三郎丈にシンクロしちゃいます♥急に「刀が重いから誰か来てぇ〜〜ん」なんて甘えて、“花道の手前”にへたり込みます。そこで登場するのが“待ってましたっ”の六代目勘九郎丈(「舞台番 鶴吉」という設定です)〜♪♪困った様子で、玉三郎丈に“花道”での所作を促して、「舞台をちゃんと終わらせて下さいよ〜」、と頼みます。これに、玉三郎丈…ワザと「教えてくれなきゃ出来ないわぁ〜」とか言って、太刀を「鶴吉(勘九郎丈)」に持たせて、その場で“花道”を引っ込む際の六法(ろっぽう)を勘九郎丈にせがみます。この、お二人の《ジャラジャラ》とした掛け合いのムードがもう最高っ!!それまであれほど凛々しかった玉三郎丈ったら、急に女らしく振る舞うし、勘九郎丈は「何やらせるんだかぁ〜。あなた、ちゃんと知っているじゃあ無いですかぁ〜困ったお人だ…」なんて感じで、それでもちゃんと口三味線を引きながらも、一連の所作をして魅せてくれるモノですから、客席は大騒ぎっ♥♥…最後は“附け打ち”の方との絶妙のコンビネーションで、“花道”を艶然と立ち去る玉三郎丈〜〜(≧∀≦)n☆彡♥♥

     2.六代目 中村勘九郎 襲名披露 口上
    舞台上には、勘九郎丈を中央にして舞台上手から「我當丈」「扇雀丈」「翫雀丈」「玉三郎丈」「六代目」「七之助丈」「橋之助丈」「彌十郎丈」「秀太郎丈」の9名の俳優陣が居並び、玉三郎丈から順番に、勘九郎丈へのお祝いと観客へのお願いの口上が述べられます。ここでいちいち詳しくは書きませんが、我當丈のそれは、単なる口上ではなく、“人間我當”としての生の言葉が語られ、私は胸の内がジ〜〜ンときました。橋之助丈の口上は、肉親にしか話せない内容で、お父様の話題を搦めての言葉…私はここで、思わず落涙…。また、【昼の部】で、勘九郎丈にあっさりバッサリと切られて死んでしまう役の彌十郎丈は、幼少期から勘九郎丈を知るエピソードをご披露下さいました♥

     3.勘九郎六変化 『雨乞狐』
    さあっ!!遂に!この演目の御紹介がやって来ましたっ!!本公演の、目玉中の目玉の演目!!本来はお父様が勘九郎の時代に演じて、大当たりをとった“変化舞踊”…これを六代目勘九郎丈が引き継いで、勘太郎時代に演じておられたのですが、ある時、大変なアクシデントが!!
    …詳しい事はさておき、歌舞伎俳優の皆さまの《身体能力》には、時として“人間離れしている”と感じる瞬間が何度となくあります。今回の公演に参加しておられる、壱太郎丈の昨年の“毛振り”もそうですし…普段、どんな筋トレをなさっているのか?!関節の柔軟性や、全身の筋肉の動かし方など、信じられない場面をこれまでも何度となく拝見をしてきました。

    今回、当月の観劇を決めた理由の一つに、読売新聞夕刊に掲載される《点描》ー歌舞伎の素顔ーという紙面の存在がございます…。こちらの記事、2012年9月10日(月)の夕刊…、図書館でのコピーや読売販売店での購入が可能であれば、是非!目を通していただけると分かります。“勘九郎六変化 あざやか”と題して、記事と美しいお写真が掲載をしてあり!ここで、勘九郎丈が舞台の上で【飛んで】いるんです!!この高さ、ほぼ人の身長はあろうかという高さかと…、もちろん、これには仕掛けがあります…。記事の写真を勝手に転載出来ないのがもどかしいのですが、舞台のセリに仕掛けをして、勘九郎丈を【噴射】!!しているのです…。そんな、一歩間違えば危険な装置…事前に入念なチェックが必要で、“ふみ君”様のツイを御覧下さい〜♪♪

    ツイ1.jpg

    舞台中央の黒い部分がセリ…この部分に勘九郎丈が乗り、勢いを付けて上に【噴射】されるわけです。実際の舞台では、それは突然に起こりますから絶対に見逃してはなりませんっ!!飛び出てきた瞬間っ!!会場内は大きく響めき、“大向”の皆さまの掛ける声が“これでもかっ”と響き渡りますっ!!セリから飛び出す“狐”の姿になるまでには、五つの舞踊がございますから、ちゃんと数えておいて下さいましね…で、凄いのはここから…。機械の力を借りての動きはここだけ、後はひたすら勘九郎丈の身体一つの芸!!人手はなく“狐の変化(つまり妖怪)”ですから、その動きの全てに(指先はもちろん、足の先まで)“狐”であることが求められているのです…。

    考えてもみて下さい、板の上に立っていて、その場でどのくらいの高さ、真上に飛び上がれますか?!勘九郎丈のそれは、信じられない高さで、真上に跳ね上がります…。そうして最後の最期にkabukimonは信じられない光景を目の当たりにしましたっ!!これまでにも「狐忠信」など、現猿之助丈や先代の猿之助丈が、同じお衣装と鬘で演じてこられた“狐”ですが、こんな演出は初めてでした。

    2012年09月17日4 280.jpg2012年09月17日5 280.jpg
     
    反り返った頭が、“花道”の下!まで下がったんですよっっ!!分かります?!思わず興奮して、2枚もマンガにしちゃいましたっ!!で、何が凄いかというと、この状態から自力のみ!身体を易々と起こしたんですよ〜〜勘九郎丈はっ!!

    同じ体勢で、観客を沸かせる演出は、これまでも他の役者さんで何度となく用いられてきましたが、その際には手元に紐が用意され、この紐を握りしめて体勢を保ち、反動を付けて身体を起こすのが普通でした…。それがっ!!勘九郎丈はご自身の“背筋”と“腹筋”と、全身の筋肉だけを頼りにここまでの事を成し遂げちゃったんですよ〜〜( ̄。 ̄;)…(O_O)…【夜の部】は、この『雨乞狐』を御覧頂くだけでも、十分な値打ちはあろうかと思いますよぉ〜〜でも、これも、突然の出来事なので、“花道”のすぐ脇で観劇をしていらしたお客様は、突然の勘九郎丈のアクロバティックな行動に、身体が仰け反ってました…爆!!そりゃぁそうでしょうよねぇ〜だって、突然勘九郎丈の頭が“横から降ってくる”〜状態ですから〜♥♥
     お父様の勘三郎丈にとっては本当に“嫌なライバル”でしょうねぇ〜爆!!こんな舞台を観て観客のジワを感じたら、俄然と“敵愾心”がわき起こっちゃうんじゃ無いでしょうか?!口上でも、何度となく《勘九郎という名前を大きくしたのはお父様…》という言葉があり、《その名を継ぐ重圧をはね除けて欲しい…》趣旨の発言が多かったのですが、私は本公演を拝見して、これは逆だなぁ〜と、感じましたよ…きっと、勘三郎丈の方が“焦る”のでは無いでしょうか?!自分の勘九郎時代の出来と息子の今とを比べられるでしょうから…療養中のベッドで、きっとウズウズされていらっしゃるでしょうねぇ〜(⌒∇⌒)!!

     4.『雁(かり)のたより』
    これは、上方歌舞伎界の俳優の方が中心のお芝居。私kabukimonの大好きなジャンル《上方和事》のムード満点のお話し…♥登場人物達が交わす言葉のやり取りが、関西人の“心のツボ”を押さえていて、心が暖かくなる“優しい人情の機微”が描かれます。こちらの注目はなんと言っても「翫雀丈」と「壱(この字をかず、と、お呼びします)太郎丈」の親子共演♪♪息子さんの「壱太郎丈」がお若いのと、スタイルが良いのとで、これまでの《当代藤十郎丈と翫雀丈の親子共演》での恋人役とでは、無理がありません!!(ごめんなさい!藤十郎丈と翫雀丈〜(ToT)m(_ _)m!!)最近は「壱太郎丈」の活躍が素晴らしく、どの舞台を拝見していても《外れた》と感じる事がありませんっ!!

    正直、スッピンが《男前》系では無く、どちらかと言えば《ワイルド》系と感じるkabukimon(あっ!!これ、あくまでもkabukimonの私見ですからねっσ(^◇^;)っ( ̄。 ̄;)…)、それが全ての拵えを済ませて舞台に立つと、どんなお役の色にも合わせちゃうんですっ!!基本は女方ですが、立ち役も十分にこなせてしまう、演技の幅の広さには《若いのに凄い》としか、言いようがありません〜♥そして、《何でも出来ちゃうスーパーマン♪♪》といえば、この方っ!!「亀鶴丈」です〜〜!!この方の何が素晴らしいってkabukimonの一番のお勧めは“口跡”なのですよぉ〜〜♥「歌舞伎」は“舞台の上の総合芸術”…ですから、台詞が聞き取りにくい役者なんてあり得ませんっ(これに関しては、お名前の通った方でも精進して欲しい…と、思う方いらっしゃいますがね!(`ヘ´) プンプン!

    観客は《演劇》を見に来ていますから、台詞をいかに観客に伝えるか?!は最重要事項…。どんなに男前で感情表現が豊かでも、劇場の隅々にまで、細かい台詞のニュアンスが伝わらないのでは「金返せっ!」ですよ…。その点、「亀鶴丈」の演じるお役はどれも素晴らしい“口跡”で、劇中の物語にグイグイと観客を引き寄せていきます。でも、スタイルが良い方なので、女方でも大活躍っ“揚巻”の同僚の遊女などもされていたり…本当に幅の広〜い役者さんですっ♥♥

    2012年09月17日6 280.jpg

    『雁のたより』でも、関西人が舌を巻くような“上方言葉”をスラスラと話しておられます…。(最後のマンガは「亀鶴丈」の「若旦那 万屋金之助」と「壱太郎丈」の「橘姫(昼の部)」 っ♥ でも、最後に少しだけ疑問が…【夜の部】の外題の順番、少しkabukimonは「?!」でした。どうして3.の『雨乞狐』を最後に持って来なかったのかと?!どう考えても、最後の終わり方の余韻は『雨乞狐』の方が、『雁のたより』より、盛り上がって終演できた筈なのになぁ…と〜??ま、良いですけれど…(*^ー゜)♥

    今回、マンガに出来たのはここまでっ…本当はもっと、もっと詳しく描きたかったし、書きたかった…、のですが、そんな事をしていたら、肝心の公演が楽日を迎えてしまいます〜!!一日も早くアップして、多くの方に当月の公演を観劇して頂きたかったので、内容の充実よりも記事の更新を優先させたため、十分な事ができていません…。

    この他にも…、「七之助丈」の素晴らしさや、「彌十郎丈」の格好良さや、「吉弥丈」の変幻自在ぶりや、「橋之助丈」や…ああああああ〜〜書き足りない〜(T^T)…(゚◇゚)、でも、これだけはどうしても…【昼の部】3.『瞼の母』に中村 小山三丈「女中 おふみ」役で元気に舞台を務めておられるんです♥♥御年92歳!!信じられない滑舌の良さと口跡と立ち居振る舞い…先代の勘三郎丈のお弟子さんで、中村家一門にとって、その存在は最早【精神的支柱】…なんで、私がこんな事を書けるかと言うと、当代の勘三郎丈はフジテレビさんとタイアップをして、これまで何度となく御家族の日常を番組にして放送をしてこられてきました。この番組を必ずといって良いほど視聴をしてきたので、気分は“親戚のお節介なおばちゃん”状態なのですよ〜爆!(-^〇^-)!

    また、前回の記事にも書きましたが、今回の“番付け(公演プログラム)”はまだ、写真付きではなかったため、限られた情報でマンガを描いておりますので、髷やお衣装やお顔の拵えなどは、イメージとして御覧頂きたいと思います…よろしく御願いを致します!!
     
    そして、とうとうこんな話題が登場する時期になっていましたぁ〜〜そう!京都の【顔見世】です!!
    「東西合同大歌舞伎」 !!六代目 中村勘九郎 襲名披露!!

    顔見せ2.jpg顔見せ3.jpg顔見せ4.jpg


    顔見せ1.jpgお写真.jpg

    あ〜なんだかもうっ…こんなチラシを拝見したら、辛抱たまりませんよ〜今年も“預金切り崩し”決定です…。でも、来年は歌舞伎座の新装がなる年…なんとかして、一度は【お江戸】での観劇を果たさなくては〜爆!!で、…最後の写真は、今回のお土産〜♥♥他にもつい、『女暫』の玉三郎丈や亀鶴丈のお写真を買っちゃいましたぁ〜大きくって美しいこれらのお写真は1枚500円で、お買い求め頂けます〜♥♥

      どうか、この記事を読まれた方で、大阪松竹座へ観劇に行けるっ!!という距離にお住まいの方っ!!何としてでも、当劇場に観劇にいらしてみて下さいっ!!本当に、贅沢で素晴らしい時間を過ごせます!!そして、こんなに豪華な俳優陣が演じる舞台を、このお値段で関西で観劇出来るチャンスはもう二度と無いかも知れません。

     現在【お江戸】の歌舞伎座は改築中ですが、その完成は目前に迫っております。【お江戸】をベースに活躍をしておられる歌舞伎俳優の皆さまも、歌舞伎座が新装オープンとなれば、そちらが本拠地ですから、今回のような豪華な東西の俳優共演など、“顔見世”レベルっ!!

      当月の公演の開期は25日(火)まで、まだ各公演の、チケットには残席がありますし、前回の記事の冒頭で御紹介をした、“幕見席”システムなどをご利用頂き、どうか!!【一期一会】の素晴らしい時間を過ごして頂きたいですっ!!

     公演のチケット購入は、松竹座の窓口や南座の窓口でも購入出来ますが、簡単な登録さえすれば、こちらが大変に便利です!!《チケットWEB松竹》
    劇場に、直接お問い合わせになるのでしたら、こちらを参考になさって下さい!!また、歌舞伎について、色々とお知りになりたい方は、こちらの《歌舞伎美人》のサイトを是非!!お訪ね下さいませ…♪♪


      …では、最後まで、長々と記事にお付き合い下さいまして、ありがとう御座いました!!…御礼を申し上げます…m(_ _)m♥♥!!

    にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
    | kabukimon | 歌舞伎 | 23:13 | comments(2) | - | - | - |
    いいな〜、いいな〜女将さん、歌舞伎が観られて〜>▽< しかし、本当に歌舞伎の方たちのあの腹筋、背筋力、そして跳躍力は凄いものですね〜。弾みをつけずに反ったり戻ったり...そういう動きを重力を感じさせずにフワっとするのって、すごい筋力と鍛錬がいるんですよね〜? しかし勘九郎さんのそれって...いきなり近くで目撃した方はたしかにびっくりしたでしょうね^^; あ〜、私も行きたい! おっと、イサンがないからって色々やってたらこんな時間。ささ、寝る準備〜^o^ チョナ〜の姿を拝めずに仕事に突入するから、なんとか火曜日のケベクチャングンまでエネルギー持たさなくっちゃ! それでは、みなさまおやすみなさ〜い(^▽^)/
    | ぴょん | 2012/09/24 12:37 AM |
    kabukimonさんお早うございます。
    妹背山のお美輪のお話、ありがとうございます。
    調べてみました。ありました〜!
    『妹背山婦女庭訓 三笠山御殿の場』
    四段目
    杉酒屋の段
    橘姫の裾に赤い糸、求女の裾に白い糸
    お美輪は最後死んでしまうのですね。
    もうちょっと詳しく調べてみようかと思っています。
    専業主婦の特権で暇だけはあります。
    ありがとうございます。
    | えつこ | 2012/09/19 8:19 AM |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 1886.8.3「イ・ソジンさんロッテデパートの《BVLGARI》リニューアルオープンイベントでの映像+美画像♪&【リトルフォレスト】公式ポスター+予告映像公開♪&【JAKOMO】CF撮影現場にて♪」
      hiro (08/03)
    • 1886.8.3「イ・ソジンさんロッテデパートの《BVLGARI》リニューアルオープンイベントでの映像+美画像♪&【リトルフォレスト】公式ポスター+予告映像公開♪&【JAKOMO】CF撮影現場にて♪」
      hiro (08/03)
    • 1884.7.31「イ・ソジンさん登場!【WONCAR】新CF映像の高画質版+広告美画像etc♪&ソジンさんご出演のSBS局バラエティ【リトル・フォレスト】公式ポスター情報♪」
      hiro (07/31)
    • 1859.5.30「イ・ソジンさん映画【完璧な他人(Intimate Strangers)】の仲間と会食での近影♪&ソジンさんがCFモデル【DGB銀行+HI投資証券+黄色の風船】に関する記事+美画像+ブログ♪&SBS新バラエティ【リトルフォレスト】関連情報♪」
      コッコ (05/31)
    • 1846.5.2「イ・ソジンさんがCFモデルを勤める【Dr. JAYJUN】と雑誌【1st LOOK】コラボ企画のメイキング映像公開♪&【安国健康+Carrierエアコン+スピーキングマックス】CFモデル美画像♪&【完璧な他人(Intimate Strangers)】舞台挨拶の美画像追加♪」
      コッコ (05/02)
    • 1832.4.4「イ・ソジンさんCFモデル美画像【DAIZ+安国健康+スマートカラ+JAKOMO+テグ金融(DGB)グループ+LGハウシスジーインZ:IN+Dr. JAYJUN】♪&スイス便り♪」
      たんぽぽ&ぴょん (04/04)
    • 1812.3.6「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演ドラマ【トラップ】関連記事+画像♪&【Heal Creek( ヒールクリーク)】社のFBとHPがイ・ソジンさんの美画像に♪&《斗山グループ》名誉会長の弔問へ…」
      マイラ ケイ (03/07)
    • 1812.3.6「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演ドラマ【トラップ】関連記事+画像♪&【Heal Creek( ヒールクリーク)】社のFBとHPがイ・ソジンさんの美画像に♪&《斗山グループ》名誉会長の弔問へ…」
      コッコ (03/06)
    • 1805.2.26「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第6回ビハインドスチールのミニ映像+FB美画像+関連記事♪&【Heal Creek(ヒールクリーク)】新CF映像+画像公開♪」
      マイラ ケイ (03/03)
    • 1805.2.26「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第6回ビハインドスチールのミニ映像+FB美画像+関連記事♪&【Heal Creek(ヒールクリーク)】新CF映像+画像公開♪」
      コッコ (02/26)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 「イ・サン」と「茶母(チェオクの剣)」 〜韓国時代劇ドラマのイ・ソジンssi〜
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
    にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
    にほんブログ村 演劇ブログへ
    br_decobanner_20110317011449.gif
    + カウント
    ブログパーツUL5
    + 世界の国から…
    + 地球の上から…
    + カウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE