イ・サン&茶母&GyeBaek&歌舞伎が数寄!

やっぱり 好きなものは 数寄・・・
 「イ・サン」と「茶母」と「階伯 ケベク」そして歌舞伎!あらゆるジャンルの演劇とイソジンssiをこよなく愛するブログ・・・
<< 136.8.19.「階伯 GyeBeak」もいいけど♪♪「イサン」第18話だって、見逃せないっ♪♪英祖に命の危機が…(-_-;)?!どうするイソジンssi 「サン」!! | main | 138.8.24. 「 계백 階伯 GyeBeak」第9話!!ケベクの復讐と、ウンゴの胸の内…!!衝撃の再会!! >>
137.8.22.「上方歌舞伎会」を観劇して参りました♪♪関係者の皆さまありがとう(^_^)v!!+猫娘&3ニャンズの近況報告〜(^-^)!!
0
    <a href="http://keyword.blogmura.com/key00171181.html">[大歌舞伎] ブログ村キーワード</a>JUGEMテーマ:芸能JUGEMテーマ:「イサン・茶母・ケベク」時代劇のイ・ソジンssi (^_^)v♪
     
     ここ暫く、“歌舞伎”と縁のない生活(「階伯 ケベク」と「イサン」が中心)を過ごして参りました。ほぼひと月ぶりの“歌舞伎”です。来月(九月)の大阪は“歌舞伎”が熱い月でして…なんとも豪華な本興業が二つも御座いますっっ!!東京の「歌舞伎座」が改装中の今だからこそっ!!実現をした夢のような出来事です。どちらもそれぞれに別々の魅力と話題性を持つ公演故に、どうしようかと悩む所です…(>_<)。

     まずは、“松竹座”。こちらはご存じ話題性たっぷりの「市川」宗家の親子共演!!海老蔵丈は長女さんがお生まれになったばかりですし、関西ではご本人のトラブル以来、お久しぶりの在阪公演(*^_^*)!
     そうして、もう一方は“新歌舞伎座”。こちらは(*^_^*)劇場改装の一周年記念!!ですが、年末に突然の“突発性難聴”に掛かられた中村勘三郎丈の完全復活っ!!記念公演でも御座います(^-^)!。

     “松竹座”の方は、「生協」さんの団体貸し切りによる値引きがあるので、何とか午前と午後の両公演のチケットを確保できたのですが、“新歌舞伎座”の方は定価でないと無理なので、我慢をしようと今日まで来ましたが、『もう、あきまへん…(>_<)』今回のような若手歌舞伎俳優さん方の、熱演に涙を流してしまいますと、今までの我慢はどこへやらっっ、こちらも昼と夜のチケットを購入してしまいましたっ。(もちろん、“先立つもの”がない!ので、両方とも3階のお席です…。(^_^;)…、こんな事なら最初から我慢しないで、少しでも良い席を購入しておけば良かったと悔やむkabukimon…。


     さて、ここからが本日の記事の本題で御座います。会場である「大阪国立文楽劇場」に向かう道すがら、こんな美しいポスターを発見っ!!いつ頃からあるのかしらん?!先月の松竹座での公演の時には、気がつきませんでした。たった2日間の4公演とはいえ、本公演に負けないくらい情熱たっぷりの公演ですから、ここまでの美しいポスターは、もっともっと目立つ場所(人通りの多い)に貼っておくべきですよ〜〜!!劇場の傍の地下道なんて、“宝の持ち腐れ”ですよ。

    SA3E0225.JPGSA3E0224.JPG

     そして、劇場に到着っ!!正面入り口には、デッカイ看板が…、出演者の皆さまやそのご家族は、“誇らしく、晴れやか”な気持ちでこの看板を見られたのでは無いでしょうか…。劇場内は日曜日ということもあって、すでに多くの方が待っておいででした。私のようなただの観客の他にも、“後援者”の方や“先斗町(ぽんとちょう)”や“宮川町(みやがわちょう)”関係らしき人も多く、とても華やかな雰囲気〜(^-^)!!《 先斗町や宮川町というのは、京都の“お茶屋”さんが集まっているエリアの別称です。つまり、舞子はんや芸子はんのおいやすところどすえっ》(^_^)v

     
     ※ 今回も、写真などの資料はなく、私のメモと記憶だけですので、記事やマンガには幾つか“誤り”がありますので、何卒ご理解を下さいますように。

    最初の作品は、『絵本太功記(えほんたいこうき)・尼崎閑居の場』です。
    もう、これぞ、“伝統芸術の歌舞伎”といえる作品で、初演は“人形浄瑠璃”でした。(国立文楽劇場に配慮をしたのかなぁ?)…何時ものごとく、詳しい粗筋や解説は、各自でお調べ頂くとして…、まああ、“人形浄瑠璃”の初演が寛政十一年(1799)で、“歌舞伎”での初演はその翌年…というのですから、江戸時代のど真ん中の作品。もうこてこての「歌舞伎ワールド」(=不条理、男性中心、見るのに根気がいる)です。

     長年、主役を勤めてこられた歌舞伎役者さんですと、自然と身につく部分の多い、こうした伝統的な所作が中心の作品は、普通の家庭で育ってきて、研修生から歌舞伎役者なられた方にとって、実はとても苦労をする作品なんです。体全体(360度)の動きで見ると、どうしても、どこか『型』にならない“面”が生まれやすいというか…、『見得(みえ)』を切る場面、真正面から見ると綺麗でも、斜め左から見ると「?!(-_-;)」だったりするのです。“ツケうち”の音と、太夫さんの浄瑠璃と、そして自分の台詞と相手の動きとを、全て頭と体で理解して演じなければならないので大変っ(>_<)(*_*)〜!!
     
    2011年08月22日 295 1.jpg 

     お話の柱は、「明智 光秀」の俗に言う“三日天下”を脚色してあるので、『光秀』はとっても恐〜い、いわば悪役的存在。もうねぇ凄い鬘なんです…(^^;)あんなの描けませんよ〜難しくって(>_<)(=_=)、で、その恐さと人物的な重量感を出すべく奮闘をされたのが、片岡 千志郎丈さん!そしてその息子で、初々しくて涼やかな“若侍”『十次郎』を演じられたのが片岡 千次郎丈さん!『十次郎』の健気な許婚『初菊』を演じられたのは片岡 りき彌丈さん!この3人を中心に、場面は展開をしてゆきます。

     まずは、千次郎丈の『十次郎』が素敵〜〜っ(>_<)、本当は、最初の『初菊』とのツーショットも描きたかったのですが、深手を負って唇の白くなった『十次郎』にしちゃいました(こっちも良いモンっ)。死地に赴く(初陣なのに…)許婚の為に、鎧の準備をかいがいしくする『初菊』のりき彌丈、重た〜い兜をしずしずともの悲しげに一間の方へ引きずってゆく姿が可愛くて哀れで…。

     『光秀』に、難しい表現が要求されるのは、「母親」『皐月』をそれと知らずに竹槍で刺し殺しちゃう場面以降、隠れていた『久吉(ひさよし)』(=秀吉が原型の人物で、こちらを、片岡 佑次郎丈が熱演)との対峙場面まで気の抜けない場面が続きます。観客も、忍耐のいる(展開がゆっくり)シーンが続きますが、最期まで、千志郎丈はこの《恐さと重さ》を意識して演じておられました。出演者の皆さま全員について書けなくてごめんなさいっっm(_ _)m。

     2作目は…、と、そうそう!!忘れないうちに…、kabukimonの観劇をした21日(午後の部)は、3台も録画用のTVが入っていたせいか、そりゃあもう《 大向こう 》さんがもの凄かったです。最近の本公演の劇場でもなかなか聞けないような、大きくてタイミングバッチリの大向こうなので、これだけでも私は「歌舞伎だぁぁ」と大満足〜〜!(^^)!ちょっと最近の本公演で、《大向こう》にイライラッとくる事が良くあるので、久々に気持ちよかったぁぁぁ!! 

      …そう、2作目は舞踊「松廼羽衣(まつのはごろも)」です。皆さまよくご存じの天女が舞い降りてきて、松の枝に羽衣を置いていたら、漁師に取られてそのまま奥さんになっちゃった!!とうい「天女伝説」がモチーフの舞踊です。歌舞伎の舞台での初演は明治時代ですが、作品の元々の出所は《能》ですので、舞台のしつらえや漁師『伯龍(はくりょう)』の衣装には、この《能》の影響が色濃く残っています。ひたすら、踊る二人の動きにうっとり…『天女』は片岡 當史弥(としや)丈、『伯龍』を片岡 松四朗丈が演じておられました。

    2011年08月22日 295 2.jpg

     ちょっと、『天女』というイメージよりは武家のお嬢様風のお着物で、振り袖をひらりひらりと翻しながら、舞台を大きく使って舞を舞います。ですが、『天女』ですから、其れっぽく踊らないといけないわけで、結構バランスを取るのが難しそうな振りなどもあり、『天女』の軽やかさと“人じゃない感”を出すのには、ご苦労も多かったのでは?!『伯龍』は漁師ですが、凄く色白(笑)でスタイルも良い体型…「そんな漁師、オランやろ〜、チッチキチィ〜」とつっこみが入りそうでしたが、美しい二人の舞踊に思わず見とれてしまいました〜ぁ。これこれっ、うふ、うふっ美男美女っ(*^_^*)!!

     最期は、返して貰った羽衣を羽織った天女が、天上での舞を『伯龍』に見せながら舞いつつ、天上に戻る…、という演出。これを、同じ舞台に立つ當史弥丈さんと松四朗丈さんがお互いの目線を上手く外す事で『天女』の舞い上がってゆく様を表現し、更に舞台の中央のセリ(松全体)に『伯龍』を立たせて、セリを下げることでさらなる“高さ”を表現。花道を『天女』が美しく舞いながら引っ込む…というわけです。本当によく考えてありますよねぇ〜(^-^)!!

     さて、いよいよ3作目は「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)・土佐将監(とさのしょうげん)閑居の場」!!これは、私の大好きな外題の一つっ!!(o゜∀゜o)!!なんといってもここは、主役の夫婦二人が全ての鍵を握っています…。『浮世 又平(うきよまたへい)のちの土佐又平光起(とさのまたへい みつおき)』を片岡 松次郎丈、その又平が女房『お徳』を片岡 千壽郎丈が演じておられました。

     これはもう、のっけから「歌舞伎ファンタジー」炸裂の展開でスタートをするお話で、歌舞伎初心者の人はビックリするかも?!(-_-;)「そんなの、あり?おかしいやん?!」…良いんです、気にしないで下さい…、それが歌舞伎です。でも、そのうちに、このファンタジーに麻痺をしてきて、気にならなくなりますから(笑)。とにかく、この『又平』という役は本当に難しいっ!!「発表会のプログラム」の中の“出演者のことば”で、松次郎丈も《…あまりにも大役で、不安でいっぱいではございますが、…》と書いておられるくらいで…

     …またまた、余談!!この「上方歌舞伎会」の出演者はどうやって決めておられるのでしょうか?!何故こんな疑問を持つかというと、昨年の十月、大阪で行われた「平成中村座」の公演の会期中に一度だけ“試演会”なる公演の日がありまして、運良くこちらの公演を観劇できたのです。これは、日頃、勘三郎丈の舞台に良く出演をなさる、大看板の方々の抱えておられる「若手の歌舞伎俳優さん」と中村屋の大勢の「若手の方々」とのコラボレーションによる、舞台でした。

     終演後には、勘三郎丈を初めとして橋之助丈や獅童丈、坂東 彌十郎丈など、大看板の皆さんによる“座談会”のおまけもついていまして、なかなか良かったんです!(^^)!。この時、座談会の場に、後から試演を終えられた若手俳優さんが舞台に呼ばれ、いじられてまして…終わってすぐですから、若手の皆さんの、お顔が何ともいえません。ほっとしたような、ぼーっとしたような、ほわっとしたような(^^;)、もうドットと疲れた…という感じで、座談会に参加をしておられました。この時に、配役をどうやって決めたのか…というお話が出て、「くじ引き」だったそうです。

     この時の、記憶がふと頭をよぎりまして…、「上方歌舞伎会」ではどうやって決められたのかなぁ…と。

    ……そうでした、そうでした「傾城反魂香」のお話です…(-_-;)、この、お話の中で重要なのは『又平』と『お徳』夫婦が“鴛鴦(おしどり)”夫婦だということ。ですから、最初からこの二人の“夫婦としての佇まい”が分らなくてはいけません。花道を心なしかとぼとぼと、気の進まぬように歩いてくる『又平』(自分の口でお師匠様に《土佐》の名字を頂きたいと上手く言う自信が無いのでしょう…)。そんな主人の足元を照らして先導してゆく『お徳』、出だしは上々です。

     やっとの思いでお師匠様に御願いをするも、全く相手にすらされず。それどころか、冒頭で素晴らしい活躍(絵から抜け出してきた“虎”を消し去る)をして見せた、弟弟子の『修理之助』に師匠は大切な役目を与えてしまいます。なんとしてでも自分のがんばりを見せたい『又平』は、恥も外聞も無く『修理之助』にかじりついて止めようとします。これすらも、お師匠様に阻まれてしまい、『又平』は身もだえをし、のど元をかきむしるようにして、自身の不遇を嘆きます。この、弟弟子『修理之助』を演じられた中村 がん帖覆んしょう)丈!若くて、キビキビとした動きがとても『又平』と対照的で、良かったです。…すみません、私のPCに“がん”の字がないのです。ごめんなさい…。

     ここら辺りの一連の演技が見せ所っ、私の記憶に残る『又平』を演じられたのは市川 猿之助丈です。
    『吃音』の演技が激しすぎると台詞が聞き取れず、もどかしい思いの苦しみの演技をしつつきちんと台詞が聞こえてくる…猿之助丈の切ないお声は、10年以上過ぎた今でも耳の奥底に残っています。
     こんな、不器用で一心な『又平』の本当の実力を、誰よりも信じて疑わない女房『お徳』…、『又平』の行き場のない怒りの矛先が自分に向いてしまっても、受け止めて支えます。

     松次郎丈と、千壽郎丈のお二人は、ここでもしっかりと美しい「夫婦愛」を魅せてくれました。『お徳』の演技で思い出に残るのは、中村 時蔵丈でしょう。哀切と歓喜のハッキリと分るお姿に、こちらも泣いたり笑ったり…そうして、“女方”の方の大変さというのは、時として“居ながらにして気配を絶つ”こともあるのです。主役の立ち役の方の演技の邪魔をしないように、サポートをします。ここら辺りも千壽郎丈はよく分って演じられていました。そんな時、二人でいても自然と松次郎丈を目で追ってしまっています。

     とうとう自分の将来に悲観をしてしまった『又平』は、自害を決意致します。彼の心情(絶望と悲嘆)を深く理解している『お徳』に其れを止める術はありません。そこで、自害の前に“手水鉢”を石塔に見立てて供養のためにと、渾身の自画像を石の表面に描きます。ここで、信じられない奇跡が起こるのですっ!!描いた絵が石を通り抜けて反対側にも浮き出てきたのです。(O_O)(*゚д゚*)!!

     この、絵が石の表面に浮き上がってくる場面、客席に分るんですっ!このからくりをず〜っと探っていたkabukimon、一つの結論として(想像ですが)中に“大道具”さんか“小道具”さんが入って描いておられる?!見事に『又平』の体の動きに合わせて自画像が浮き上がってくるのですが、最初は絵の線が細いんです、ところが観客の之目線が舞台に惹き付けられている間に太くハッキリとなぞっているんです〜〜(*^_^*)最期にもう一度観ると「あれれ?!」愕きますよ〜。

     奥の部屋で、隠れて二人の様子を窺っていた『土佐将監光信』は、これを知るや飛び出てきて、『又平』に念願の《土佐》の名字を許します。歓喜に包まれる夫婦…、更に、更に、お師匠様は、『又平』の為にと腰の大小と、立派な紋付き袴まで実は用意をしていたのです。そうなんです、この『土佐将監光信』は、『又平』をちゃんと気にかけていて、絵の才能が花開くようにとわざと厳しく接していたのです。この、懐の深いお師匠様を中村 がん大(がんだい)丈が好演されておられました。…すみません、私のPCに“がん”の字がないのです。ごめんなさい…。もう少し《お年寄り感》が出ると良かったところですが、これはしょうがないですよね(笑)。

    2011年08月22日 295 3.jpg

     どの場面を取ってみても「絵」になるので、どれをマンガにしようかと悩みましたが、奇跡を目の当たりにして、喜び溢れる二人がひしっと抱き合う、嬉しいヾ(^v^)k場面を選びました。俗に「滝のように流れる汗」などと申しますが、本当に「滝のように流れる」汗を初めて観ました。松次郎丈の汗、半端じゃあありませんでしたっ、お相手の千壽郎丈のお着物やお顔にも流れまくっていました。(脱水症状にならないかと心配するくらい)(゚ロ゚屮)屮!!

     二人が花道を引き揚げる最期まで、本当に心温まる良いお芝居でした〜〜(*^_^*)。本当は、ご出演の皆さま全員の活躍を紹介できるといいのですが…申し訳御座いません。m(_ _)m!!半日、たっぷりと歌舞伎を楽しませて頂きました、関係者の皆さまありがとう御座いましたっ。
     
     来年も、ご縁があったら観劇をさせて頂きますね〜〜!!
     
     で、ここで終わらないのが今回の大事件っ!!(私にとってですが)…じつは、幕間に休憩をしていたら観客席の後方に佇んで折られる、片岡 秀太郎丈のお姿を発見っ!!これまではこうした場面でも声の一つもかけられなかったkabukimonですが、「ブログで紹介しよう」という野望を胸に、思い切って「サインを頂けませんか?」と御願いをしてしまいました。と、すると優しいお声で「良いですよ…」と言って下さって、その場でポーチからサイン用の筆ペンを取り出して、さらさら〜と書いて下さいました〜其れが…

    秀太郎丈のサイン .JPG

     なのですぅ〜〜!!なんといっても、私の大好きな片岡 愛之助丈の才能をいち早く見抜き、芸の上での親子でいらっしゃるので、kabukimonの心臓はバクバク!!(@_@)…お礼の言葉を言うのがやっとという情けない有様…「先月の『万野』良かったです〜」くらい言えたら良かったのですが…あかんわぁぁ(>_<)(-_-;)…。

     折れないように、汚さないように大切に持ち帰りました。秀太郎様、ありがとう御座いましたぁ(^-^)!



    ここから、少し趣(おもむき)が変わりまして

     「お散歩大好き猫ブログ」のみなさま、こんにちは、今日はいとこ「猫娘」と3ニャンズの近況を少しだけご報告いたします。先週末の21日(土)に、私は「猫娘」宅を訪問致しました。「猫娘」に変わって更新をしてくれた、“ジョージ”と“マロン”にそれぞれマタタビ粉と羽根つきジャラシという「ご褒美」を持って参りました。
     「猫娘」と遅めのランチを済ませて戻ると3ニャンズのお迎えです、ところが何時もよりも反応が悪いっ?!どうやら斜め向かいのお宅の改築工事を、3ニャンでずうっと“ニャコム”していて「お昼寝」をしなかったようです。おまけにお天気が悪い…。ノリの悪い“マロン”に思わずガックリ( ̄0 ̄)…。

    猫娘 450 2.JPG 猫娘 1.JPG

     2枚とも、私の携帯で撮影をしましたので、「猫娘」のようには参りませんので、ご了承を願います。最初の写真は「猫娘」が庭を探しまくって見つけた「猫草」を3ニャンで争って食す、です。しかし、兄としての気遣いはなく、一人一番良いところを先に“ジョージ”がぺろりっと平らげてしまっております。
     2枚目は、何とかして3ニャンを撮影しようと頑張っていた私に、「猫娘」が協力をしてくれているのですが、何枚も撮影してかろうじてマシなのがこの1枚っ…(>_<)、後のは全て“マロン”が動いてブレブレでした。22日(月)はその“マロン”の2年目という節目でしたので、久しぶりに「猫娘」自身が更新をしております。

     こちら、「歌舞伎」のカテゴリーなら、コメントもして頂きやすいかと思い、こうしてご紹介をさせて頂きました、どうか、あちら でもかまいませんコメントがありましたら、どうぞ御願い致します。m(_ _)m!!

    にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへbr_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン

    ここで、ひとつケベク」ネタっ!!10話の予告動画、気になる方はどうか「リアル視聴」の前にリンクでご紹介をさせて頂いている『韓ドラKTX』さんのブログをチェックしてみて下さいましっ。予告文の美しい和訳がアップされています。これを読むと、あの動画の映像がよく分りますよ〜(*^_^*)(^_^)vでは、みなさま〜「リアル視聴」をご一緒に楽しみましょう〜。

    お詫びと反省…
      本当は、今回の記事を昼休みに一度公開を致しました。しかし、役者さんのお名前を間違うという、とんでもないミスを発見し、慌てて記事を非公開に致しました。その間約30分ほどでしたが、もしもその間違った記事をどこかでご覧になるような機会(無いはずですが)がありましたら、お手数ですがお知らせ下さいませ…。この際、慌てたkabukimonは記事の半分以上を消す、という痛恨のミスもしてしまい、暫くはこの「ミス」のダブルパンチに“茫然自失”(*_*)(=_=)でした。
     今後は、こうした不手際の無いよう、頑張ります…。m(_ _)m・・・
    | kabukimon | 歌舞伎 | 13:15 | comments(20) | - | - | - |
    おはよう御座います!!たんぽぽさん!いつもありがとう御座います〜(泣)
    時間帯?!そんなの全然問題ありませんっ!当店「居酒屋・イサンタモ」は深夜早朝の営業も致しておりますので、どうぞいつでもおいで下さいませ〜(o^∀^o)♪
    | kabukimon | 2011/08/25 8:30 AM |
    kabukimonさん、みなさん、おはようございます。

    お話盛り上がっていますね〜
    本当に楽しいです。

    kabukimonさん、ちなみに私もO型ですっ(うふっ)

    猫娘さんとも交流できてすごくうれしいです(ホント感激!!)大体いつも朝早くか夜遅くの妙な時間帯に訪問していますが、どうかよろしくお願いしますね。
    | たんぽぽ | 2011/08/25 8:18 AM |
    うわ〜いっ!!ふみさん、おはよう御座いますぅ〜!!
    どんだけ早起きなんですかぁ…?!

    ありがとう御座いますっ!「イサン」全部で77話もありますし、確かに展開の遅くなる時期もあるのですが、兎に角、毎回のドラマには幾つもの伏線が仕掛けてあって、そのうちの一つが必ずラストに解決されないままにエンディング…

    どうしても、次回が見たくなるように仕組まれています(^_^;)。流石NHKだなぁ…と思うのは、編集が上手だということ。この、複数の伏線の流れを壊さずに、しかも短く(10分も!)していますから…私は「イサン」の前半はDVDのノーカット版しか知りませんので、見比べてみてそう思います。

    ところで、ふみさんは“吹き替え”派ですか?!韓国語+字幕というのも出来ます。あれ?!これはもう以前にお話しましたっけ?!もしもしていたらごめんなさいm(_ _)m…。

    今週末、また19話のご紹介をすると思うので、宜しく御願い致します〜〜(^_^)/~
    | kabukimon | 2011/08/25 6:19 AM |
    kabukimonさん、猫娘さんおはようございます♪
    「イサン」観ましたよ〜
    怒涛の展開で来週が待ちどうしいですね
    王妃側の策略が成功するのかどうか・・・ハラハラドキドキ(^_^)

    歌舞伎の内容を良くあそこまで覚えておられる事に感心します^^
    そして絵まで自分で描かれるなんて(*^_^*)
    どんだけ記憶力ええねんって思わずつっこみを入れながら読ませて頂きました(^.^)

    猫娘さん宅での3にゃんの写真、一寸ボケてるとこが
    又、新鮮でいいですよ(笑

    | ふみ | 2011/08/25 4:51 AM |
    あ、そうなの〜?
    あんまり信じてはいないのですが、なにせ人類を大胆にも
    たった4つに分類しても…ねぇ(^_-)…

    えらそうに書いたように見えたらごめんなさい…。
    関西弁って字で書くと、『強く』受け取られやすくてぇ…
    言葉でしゃべると、そうでもないのよっ(*^_^*)。

    もう少ししたら(っても今日中ギリギリか?)に、記事をアップしますので、またお出で下さいね〜っ(^_^)v
    | kabukimon | 2011/08/24 9:57 PM |
    んもぉぉぉ〜 kabukimonさんたら、い〜っつも、超〜励みになる言葉をかけて下さるから嬉しくて(>_<)(T_T) ありがとうございますm(__)m!!
    kabukimonさんO型なんですね〜♪ 私、A型なんです。 なんだかちょっと気が楽に(*^_^*) O型とA型って気が合うっていうし〜(^^♪ 
       
    | も〜みん | 2011/08/24 9:50 PM |
    こんばんは〜!!も〜みんさん!!(*^_^*)

    ぅんもぉぉぉぉっ、今更何言うてんねん〜〜っ、なぁ〜〜、
    ホンマに気ぃ使わんでええでぇぇぇって、何度も言うてるやろ〜(^_^)!
    コテコテの関西人で、血ぃもO型やから、多少のブラックなことも全然大丈夫やねんでぇ〜〜(*⌒▽⌒*)、安心してやぁ…♪♪

    細かいことに気がつくのんは、ええことやで〜、一つの立派な個性ですやんっ(*^_^*)、自信を持たなあきまへんっ!!
    堂々と生きなはれっ!(^_^)v♪♪
    うちは感謝してますねんで、ほんまに…、
    | kabukimon | 2011/08/24 9:28 PM |
    あ〜♪ 猫娘さんだ〜\(~o~)/
    そうですか そうですか!! kabukimonさん=おっさん ですか!! んじゃ〜これからは細かい事を気にせずにコメしちゃいます(^_^)
    私、たまに細かい事気にして、「あっ…面倒くさい人になってる(>_<)」って自分で思う時があるのですよ(^_^;) 昨日もそのたぐいな気がして、あの後ちょっと反省したのです(^^ゞ
    猫娘さんやkabukimonさんがお心の広い方で、どれだけ助けられているか… 感謝感謝なのですよ…(*^_^*)



     
    | も〜みん | 2011/08/24 9:16 PM |
    おおおおっっ!!
    随分と順調に復活をしておりますな、いとこ殿っ(^-^)♪♪
    良い感じで御座るっ〜(^_^)v!!

    今回は、早めにそっちにコメントを入れられたので、
    嬉しかったで御座るよ〜(*^_^*)!!

    しかし「おじさん」は間違いじゃないけど、腕のむっちりを
    バラさんでもええやんかぁ〜(^_^;)、十分に自覚してるし、kabukimon=カブですねんっ、(知らない人のために、「猫娘」は私よりずっとスレンダーでスタイルが良いんですっ(-_-;)ぷん、ぷん!)くく悔しいぃ〜〜〜(^凹^)ガハハッ!
    | kabukimon | 2011/08/24 8:27 PM |
    まぁ従姉妹ちゃんったらぁ〜
    あの時こんな写真撮ってたのね〜
    ほんとあの日はみんなテンション低くて寂しかったね。
    でもね昼間あんなに大人しかったのに
    夜中に寝が足りたのか元気になっちゃって
    お土産のじゃらし咥えて手がつけれなかったのよ〜
    しかしジョージ兄ちゃんはぶれてないのに
    マロンとチャームはコセコセするからぶれるのよね〜
    私の苦労が分かってくれたかしらん?

    たんぽぽさ〜ん、いつも私にまでお優しいお言葉を
    ありがとうございます。私の手って血管浮き出て男みたいなのよ〜
    従姉妹ちゃんの腕は触ると気持ちがいいんですよ〜

    も〜みんさんったら、前記事になんてそんなぁ〜
    従姉妹ちゃんはそんな事気にするような子じゃないですから^^
    えぇ私と一緒でおばさんと言うよりおっさんですも〜ん。でへっ

    最近こちらのコメント欄を見るのが楽しくってね。
    ふみさんやamesyoさんも読んでくださってるし
    内容については全く分からないんだけど
    お知り合いの方のコメント読んで参加した気分よ〜
    今日はにゃんずの写真も載せてもらっちゃったし
    久しぶりにコメント書いちゃいましたぁ〜!あぁ久しぶりや!
    ココでリハビリしたらコメント恐怖症直りそうやわ〜
    | 猫娘 | 2011/08/24 8:17 PM |
    俳優名鑑はね、今や星の数ほどありますからねっ、
    じっくりと中にあるイソジンssiのお顔を眺めてから
    買うべしっ急がなくても大丈夫っ!

    私、だから2冊持ってるモンっ「笑顔」のと「真面目顔」のと…(*^_^*)これらから描くのだ〜、今までは写真を整理していたのさ〜〜、ではお休み〜〜『イリ』オノラァ〜〜(^_^)v
    | kabukimon | 2011/08/24 1:04 AM |
    私、名前覚えるの苦手なんですよね〜(^_^;) 特にカタカナ…(笑)
    以前から、俳優名鑑買おうか迷ってるのです…。
    でもね、優柔不断の私は、あのたくさんある中から1つ選ぶことが出来なくて、今だ買ってない(^^ゞ

    ってまた今夜もコメント会話しちゃいましたよ〜(笑)
    ごめんなさいね〜(^_^;) 描き描きしたいだろうに〜…

    あっ♪猫娘様宅に行ってらしたのですね(*^_^*) 
    後姿でも3にゃんずは相変わらずカワイイですね〜(~o~) 猫娘様もお元気そうでよかったです(^^♪

    ほんじゃ〜私もお休みなさ〜い(^_-)-☆ 
    今日は、傷だらけの「イリ」が夢に出てくるかな〜… ソジンさんってば、傷だらけでも素敵!(^^)!
    | も〜みん | 2011/08/24 12:58 AM |
    わざわざ、すみません〜(^_-)たんぽぽさん〜
    お休みなさ〜い…(^_^)/~
    | kabukimon | 2011/08/24 12:37 AM |
    わははっ、1つ前のブログ行ってきましたよ(笑kabukimonさん、も〜みんさん!!

    本当にもう何だかずっと以前からの知り合いみたいな気分でいますから私(勝手に…)

    日本でもそういう傾向ありますが、出演者かなりかぶっていて面白いですよね。それもいろいろな関係で。演技や役柄を比べてみるのも楽しみのひとつになっています。

    ではでは皆様、☆GOODNIGHT☆(;д;)
    | たんぽぽ | 2011/08/24 12:35 AM |
    うんうん、分るわぁ〜(^^;)私なんか「韓流ドラマ」なんて、3つしか知らないから、初めて出会う俳優さんが多くて、特にそう思いますよ。
    主役の人の名前だって覚えられないのに…
    | kabukimon | 2011/08/24 12:32 AM |
    そうそう!! 思いました思いました!! あっ♪『ペク武官』だ〜って(^_^) そうそう!! しかも似たような(失礼!)演技で、ほっとしましたよね〜なんだか(*^_^*)
    | も〜みん | 2011/08/24 12:27 AM |
    やっぱりそうですかねっ?!妓楼の主人をしてた人ですよねっ!!似てるけど確証が無くて、そう言えば、

    『ペク武官』ことイハヌィssi、なんと『ウンゴ』のおじさん役で出演をしてるじゃないですか〜!!
    似た演技って言ったら失礼でしょうが、ちょっとほっとしたりして…(*^_^*)
    | kabukimon | 2011/08/24 12:22 AM |
    んじゃ〜 こちらに(^^ゞ
    でも、わからないじゃなですか〜い!? みんな初コメの時は、コメントしようかな!? どうしようかな!? って迷って、よし!!って気合入れてコメントすると思うからさ〜♪

    うん、うん、 「イリ」の1番のお友達がやられちゃったのかわいそうでしたね〜。しかも「イリ」の目の前で「キムユシン」に…(T_T) やられちゃった方、「イサン」で春画売りさばいてた人ですよね〜!?
    | も〜みん | 2011/08/24 12:17 AM |
    こんばんは〜たんぽぽさんっ!!何時もありがとう御座います〜〜!!(*^_^*)

    …そうだ〜たんぽぽさんが居らしたわっ(^_^;)両方のキーワードに被る方…いやね、「も〜みんさん」が今夜のコメントを(^_^;)前回の記事の方にカキコするモンだから〜〜、

    …何のことかは、二人のコメント会話をご覧下さい(笑)ませ。
    勘三郎丈の前売りは既に7月の下旬から始まっているので、順調に回復をなさっていると考えています。

    今夜の10話はじっくりと視聴出来たそうで、何よりでしたっ!!(*^_^*)お話の展開もトントンと進んで、ググッと前進した感じでしたよねっ、明日からの沢山の記事が楽しみです〜!!
    | kabukimon | 2011/08/24 12:13 AM |
    kabukimonさん、
    今日のブログ話題満載ですね(^-^)
    すごいすごい!!

    勘三郎さんは完全復調でしたか?
    舞台での演技に影響するのでは…と心配していました。
    でも勘三郎さんの熱さはどんな状況も克服できそう。
    秀太郎さんのサインとは、頑張りましたね。
    お気に入りの役者さんを目の前に声をかけるのは超緊張の
    はずなのに(感激)

    猫娘さん、元気になられてブログ更新してくれているので嬉しいです。(でもどうか無理はされないように)そしてここでもお会い出来るとは、「うひゃひゃ〜」でございます。3ニャンの愛らしい後ろ姿!猫娘さんの愛情溢れる手!!(これはSeojin ssiにも負けていません)

    締めはやはり「ケベク」でしたね。今日はPCの調子がよく、最後まで堪能できました。10話はSeojin ssi息つく暇がないくらい出ずっぱり。やはり殺陣が決まってます。キム・ユシンに刃を向けた時の角度と視線は「チンチャ、チェゴィエヨ」眠れないかも!?

    | たんぽぽ | 2011/08/24 12:03 AM |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 1846.5.2「イ・ソジンさんがCFモデルを勤める【Dr. JAYJUN】と雑誌【1st LOOK】コラボ企画のメイキング映像公開♪&【安国健康+Carrierエアコン+スピーキングマックス】CFモデル美画像♪&【完璧な他人(Intimate Strangers)】舞台挨拶の美画像追加♪」
      コッコ (05/02)
    • 1832.4.4「イ・ソジンさんCFモデル美画像【DAIZ+安国健康+スマートカラ+JAKOMO+テグ金融(DGB)グループ+LGハウシスジーインZ:IN+Dr. JAYJUN】♪&スイス便り♪」
      たんぽぽ&ぴょん (04/04)
    • 1812.3.6「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演ドラマ【トラップ】関連記事+画像♪&【Heal Creek( ヒールクリーク)】社のFBとHPがイ・ソジンさんの美画像に♪&《斗山グループ》名誉会長の弔問へ…」
      マイラ ケイ (03/07)
    • 1812.3.6「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演ドラマ【トラップ】関連記事+画像♪&【Heal Creek( ヒールクリーク)】社のFBとHPがイ・ソジンさんの美画像に♪&《斗山グループ》名誉会長の弔問へ…」
      コッコ (03/06)
    • 1805.2.26「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第6回ビハインドスチールのミニ映像+FB美画像+関連記事♪&【Heal Creek(ヒールクリーク)】新CF映像+画像公開♪」
      マイラ ケイ (03/03)
    • 1805.2.26「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第6回ビハインドスチールのミニ映像+FB美画像+関連記事♪&【Heal Creek(ヒールクリーク)】新CF映像+画像公開♪」
      コッコ (02/26)
    • 1800.2.20「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第4回ミニ映像+昨年11月17日の《カフェトラック応援企画》♪&CFモデル美画像♪」
      コッコ (02/20)
    • 1798.2.18「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演【トラップ】第4回映像+関連記事+美画像+第5回《盲点(死角)》予告映像+プレビュー♪&Golfウェア【Heal Creek(ヒールクリーク)】グラビア♪」
      たんぽぽ&ぴょん (02/18)
    • 1791.2.10「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演シネマチックドラマ【トラップ】第1回関連映像+記事画像+第2回予告映像+インスタグラムの投稿画像♪」
      コッコ (02/10)
    • 1787.2.5「イ・ソジンさんソン・ドンイルさんソン・ヒョクさんイム・ファヨウンさんユン・ギョンホさんご出演シネマチックドラマ【トラップ】番組公式サイトの美画像+特番関連記事+ミニ映像♪&今日から《旧正月》♪」
      たんぽぽ&ぴょん (02/05)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 「イ・サン」と「茶母(チェオクの剣)」 〜韓国時代劇ドラマのイ・ソジンssi〜
    にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
    にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
    にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
    にほんブログ村 演劇ブログへ
    br_decobanner_20110317011449.gif
    + カウント
    ブログパーツUL5
    + 世界の国から…
    + 地球の上から…
    + カウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE