イ・サン&茶母&GyeBaek&歌舞伎が数寄!

やっぱり 好きなものは 数寄・・・
 「イ・サン」と「茶母」と「階伯 ケベク」そして歌舞伎!あらゆるジャンルの演劇とイソジンssiをこよなく愛するブログ・・・
268.2.10「階伯・Gyebaek」決定!今度は《テレ東》地上波にて放映さる!!やったね〜《LaLaTV》の「イサン」に続いて〜♥♥“史劇”でのイ・ソジンさんの魅力に迫るっ「ケベク」編♥♥
0

    2013.2.11 追記:お知らせがありました…いよいよっ、こちら→ lsj.treasure@gmail.com にメールをして、アリーナ席

    特にソジンssi に近い席)を購入したり、イベント終了後の
    【関係者の打ち上げパーティ】に参加出来る

    チケット
    の申し込みの

    締め切りが近づいてきました
    っ♪

    …現在、参加を迷われてわれていらっしゃる方がおられましたら、アリーナ席からイ・ソジンさんにお声をかけて、あなたも応援をしてみませんか?!



    2013.2.10 追記:下記で御紹介をしている《夜の部》の終了後に行われる
    【イベント関係者の打ち上げパーティ】にて、

    ソジンssi のスピーチがある!
    との御連絡を頂きました〜♥(*⌒▽⌒*)

      まずは何時もの前置きから…( ̄∇ ̄)♪…
    【東日本大震災への理解と支援】を続けて下さっておられるイ・ソジンssiは、同じく震災への支援を続けておられる、ブライダル界の大御所♥桂由美先生の活動に共感されて、2月20日(水)に来日…、YUMI KATSURA 2013 GRAND COLLECTION IN TOKYO
    に《友情出演》される事になりました。このイベントには、イ・ソジンさんの他にK-POPのガールズグループのトップKARAもミニライブを敢行!!…ただ今、 “チケットぴあ”などで、絶賛発売中〜♥♥ですが、何せ会場は天下の《両国国技館》(O_O)…(゚◇゚)!イ・ソジンssi やKARAの応援の為に、もう少し宣伝をしちゃおうかなぁ〜なんてねっっ♥…こちらはこのイベントスタッフからの“最新情報”♪♪

     上記の“チケットぴあ”さんでの購入の他にも、lsj.treasure@gmail.com ← のメアドにメールをして申し込みを致しますと…な、な何とっっ《夜の部》の終了後に行われる、【イベント関係者の打ち上げパーティ】(約2時間)への参加を申し込める〜♥…というスペシャルなチケットが用意されているのです〜♥♥ このパーティは立食スタイルですが、ちゃんとした御食事も付いています。しかしっ、あくまでも【関係者の打ち上げパーティ】…ソジンssiのファンミではありません。…ですから、イ・ソジンssi が何時までこのパーティに参加をされるのかは未知数…でも、イ・ソジンssiの性格上、パーティに自分のファンが多数参加をしている…と知れば、長い時間、会場に居て下さる可能性は高くなるのでは?!?!と、考えています…♥♥現在、イベントのチケット購入を迷っておられる皆さま…このまま【新作 ドラマ】が決まってしまうと、当分は“生イ・ソジンssi”に出会える機会は減ってしまいます…(^-^;)…ただし、お値段の問題も御座いますので、どうかっ!!上記のメアドに申し込んで頂いて、ご検討をなさって下さいませ〜♥♥

      実は↑ こちらのチケットを差配して下さるのは、ソジンssi の大ファンの方(一個人)です。でも、この方は、コレクションの主催者(=桂由美先生サイド)の方に信頼され、あちらと深い繋がりをお持ちの人物です…、現在までに何度かメールを頂いて居ますが、大変に丁寧で細かい処にも配慮をして下さる方…。とても安心感があります。現在の処、全国各地からイ・ソジンssi のファンの方々の申し込みがあるそうです〜♪♪でも、こちらの受付は、一個人の差配ですから、チケットの配送手続きや入金処理などを確実に行う事を優先するだろう…と考えると、いつまでも申し込みを受け付けている…とは、考えにくいです…。( ̄。 ̄;)…(O_O)

      とにかくっ…あれこれと悩んでおられる方は、lsj.treasure@gmail.com に一度メールを送ってみて内容をご確認頂き、…出来ればパーティに参加をして、ご一緒に生ソジンssiを間近に感じてみませんか?!(⌒∇⌒)♥

    1国技館CM.jpg

       さぁ〜て本題ですっ♪♪…皆さま、既に御存知でしょうが、嬉しいですねぇ〜イ・ソジンssi の主演ドラマが、またもや日本で視聴出来ちゃいますよ〜っ♪♪ …、現在、LaLaTVで放映されています「イサン」に続、今度は地上波で「階伯」の放映が決定しましたぁ〜♥(ノ´∀`)ノ〜パチパチっ♪♪ ただし、残念ながら全国ネットではありません〜でも「テレビ東京」さんで、3月11日(月)の朝8:25〜9:21まで…しかも(月)〜(金)の平日連続放映ですっ♥♥

      ソジンssi のファンの皆さま〜♥ですから、世界中で、日本こそが…!!今一番っイ・ソジンさんの姿(生でも映像でも)を拝見できる国!!だと言えるでしょう〜♥こんな素晴らしい環境…感謝しないとね…m(_ _)m…kabukimonの住む関西では、もちろん視聴する事はできませんが、せっかくなので“史劇”今回は「階伯」中心で、イ・ソジンssi の演技の魅力に迫ってみたいと思います♥

    한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
    (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
        

    여기를 클릭해 주세요

    All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
         
    Please click here


      …でもね、“お断り”…今回、なかなか時間が無くって、“描きおろし”のマンガが用意出来なかったんですぅ〜(全て過去の使い回し)ミアネ〜(T^T)…(ToT)…自由になる限られた時間を、「リアル視聴」や、ツイやネットサーフィンで費やしてしまうので、ここのところ《追記》ばっかりだったんですが、更に休日出勤も増えてしまったので、とうとう禁断のマンガ使い回し〜(゜◇゜)…です。

     
    ソジンssi が主演の史劇…映画の「無影剣」以外は全て視聴をしていますが、なんと言っても“その役のキャラクター”を際立たせているのは、人物設定の中の【ギャップ=落差】の部分と言えましょう。全てを一度には語れませんので、「階伯」の一部分を使ってkabukimonの“萌え処”をお話しますと…注!!ここからは、かなり《ネタバレ》を含みますので、ドラマの視聴がまだ…と、仰有る方はどうかご遠慮下さい…面白さが半減をしてしまいます〜♪♪

    2011年08月02日イヒョヌ君のケベク 2.jpg2012年04月30日5-3 280.jpg2012年05月07日6-1 280.jpg
      
      子役時代を演じたイヒョヌssiの「階伯」は、貧しくとも愛に満ちた家族での暮しと、「恩顧」への思慕を募らせる“愛らしく素直な性格”に描かれていました。…それが、苦難と殺人奴隷としての刹那的な暮しに明け暮れる日々で、感情の起伏が激しい、《野生の獣(けもの)》のような性格に成長してしまった「階伯」としてイソジンssiは登場しますっ♥♥

    2012年05月28日BS9-1 280.jpg2012年05月28日BS9-2 280.jpg2012年06月12日11-5 280.jpg

      それが、仲間となる人物達との関係が深まる中で、徐々に感情の起伏を抑制させる人物へと変貌を遂げていきます。この、過程でそれまで只単に“憧れの存在”だった「恩顧」との関係が互いを思慕する関係へと展開し、「階伯」は一気に14年間の空白を埋めるかのように、「恩顧」に心を支配されていきます。

    2012年06月19日BS12-3 280.jpg2012年07月10日BS15-1 280.jpg2012年07月04日BS14-2 280.jpg

      この「階伯」の変化を、若々しくっ♥そして初々しく演じるソジンssi…《イリ(野生の狼)》や139番と呼ばれ、まともな人間扱いをされてこなかった14年間から解放された「階伯」は、感情が高ぶってくると泣きまくります!当初は、“泣きすぎじゃない?”と感じていたのですが、全36話を何度か視聴していると、人物の性格にギャップを生む、計算された演出と感じるようになってきました…。

    2012年08月06日BS19-2 280.jpg2012年08月22日BS21-4 280.jpg2011年10月14日23-1 280 .jpg
      
     …ですから、突然断ち切られた家族との絆を、「恩顧」と「義慈王」によって再び手に取り戻したと…感じた「階伯」にとって、「義慈王」の陰謀で「恩顧」に誤解され、更には彼女を失うという事実は、あまりにも辛すぎる結果だったのです。

    2011年10月14日23-4 280 .jpg2011年10月16日24-1 280 .jpg2011年10月14日23-5 280 .jpg  
     
      …再び、人間への不信感と「義慈王」への怒りに捕われた「階伯」は戦場での軍功を上げ、百済(ペクチェ)の民に崇拝される存在へと変貌を遂げます。世間からの見る眼は変わった「階伯」ですが、彼本人の内面はそうそう大きく変化をしておらず、どうしても「恩顧」への“想い”が断ち切れないという弱さを持った、“人間味”溢れる等身大の人物として描かれていきます…。

    2012年09月27日BS23~26-2 280.jpg2012年10月18日BS2930-2 280.jpg2012年10月05日BS2728-2 280.jpg

      快進撃を続けるアシュラ(阿修羅)のごとき「階伯」…宿敵である、「新羅(シルラ)」の兵士に恐れられるも、人心を良く理解する「階伯」の人となりに、敵でありながらも尊敬の念を抱かせるほどの将軍…でも、「恩顧」が絡むと〜じれったいこと、この上ないんですよねぇ〜爆!!

    2011年10月20日23-1 280 .jpg2011年11月06日29-5 280 .jpg2011年11月06日29-4 280 .jpg

      そんな「階伯」が大きくその気持ちを変化させたのは、長きに渡り「階伯」をひたすらに想い続けた「チョヨン」…。彼女の一途な真心とその献身に、やっと安らぎを得た「階伯」…その、穏やかで和やかな空気感…♥ソジンssi 演じる「階伯」は、厳しい表情や苦悶の表情の中に、“素直さや幼さ”を織り交ぜて表現をされるんですよねぇ〜♥♥ 

    2012年11月02日BS31.32-3 280.jpg2012年11月02日BS31.32-5 280.jpg2012年11月02日BS31.32-4 280.jpg

      さらに、チャングン(将軍)として、愛する「百済(ペクチェ)」を最後まで守り抜こうと死力を尽くす激しさ…、そして最後に見せる“癒しの落涙”シーン…まで。全36話のどこがどう…、と、詳しく比較をして検証する…というのでは無く、ドラマ「階伯」の随所に、主人公「階伯」のキャラクターの【ギャップ=落差】の“甘い罠”が待ち受けています♥♥…つまりは、ソジンssiのファンにとって“萌え”が詰まっている訳です…。更に、ソジンssiが「階伯」以上に、主人公の感情表現に大きな【ギャップ】を抱える人物を演じていたのが、ドラマ「イサン」で有り「茶母」でなのです…♪♪

      「サン」も、「ユン」も、不幸な生い立ち故、その人物像の精神の根底には、共に、深い“人間への不信感”と、それに相対する対極に、大きな“人間愛への枯渇”…という、大きな矛盾が存在をしています。この辺りの人物設定のコンセプトを見事に体現し、《リアルに構築して魅せる点》が、表現者イソジンssi…に感じる魅力の一つなのです♥♥(*´∀`*)〜♪♪


      …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

     …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。

      また、私はこの記事を“ポニーキャニオン”さんのDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、《テレ東》さんの編集により紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!

    앞으로도 계속 응원하겠습니다.
    (これからも 応援を続けていきます)

    리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
    (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより)

     …(ToT)(T^T)…全く情けない話ですが、初めて“描きおろし”の無い記事をアップしちゃいました…(「百華一想」は企画ですから、別に考えて)…。数日前から新しいマンガを描きかけたまま、まとまった時間が無いと、《遅筆》なkabukimonは作品の出来が良くないのです…はぁ〜(ため息)。でも、今回はドラマ「階伯」を振り返りながら、ソジンさんの演じる人物キャラが、常に視聴者を良い意味で【裏切る】ギャップを見せて下さってきたことが、作品やソジンssi ご本人に、ここまで傾倒してしまった《大きな要因》だと改めて気が付く事になって、良かったと思いました…( ´艸`)♥♥ 

      …また、かねてより「いとこ猫娘」に、「記事のフォントが小さいのでは?!」との指摘を受けていたので、前回から試験的に記事の文字を大きくしています…。これについても、ご意見やご感想など頂けると、大変ありがたく思います…(*´∀`*)♪♪ では、次回は「歌舞伎ネタ」?!で、お会い致しましょう〜〜♥♥

    あっっそうだぁ〜〜慌てて忘れる処でした〜σ(^◇^;)……東京近郊にお住まいの皆さま…明日2月11日(月)まで、東京ドームにて行われています《テーブルウェア・フェスティバル》に、 「津軽金山焼き=63番)」さんがブースを出店されています♪♪ 今回はソジンさんのお写真は無さそうですが、ブースに詰めておられるスタッフの方の何人かは、ソジンさんの作陶中の様子をよ〜く御存知ですから、是非、器を購入なさって、お声をかけちゃって下さ〜い…皆さん、とても親切で、フレンドリィな方々ばかりなので、ソジンさんの思い出話を沢山聞かせてもらえますよぉ〜( ̄∇ ̄)♥♥

    にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
    | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 00:54 | comments(8) | - | - | - |
    259.11.28「GyeBaek 階伯」BSフジ35話!国の行く末を憂慮し、危機感を募らせる階伯!決死の恩顧、百済の為に死を賭して戻る!唐と新羅(シルラ)が共闘、百済(ペクチェ)に迫るっ!恩顧を守りきれぬ義慈王の悲嘆!
    0
       
        とうとう35話かぁ〜次回で、終わりなんだなぁ…、寂しい…。 いやいや、落ち込んではいられません!!すべからく物事には“始め”があれば、“終わりのあるものっ!!しっかりと視聴して、ドラマ「階伯」の最期を見届けねば…。

        まずは、この話題から!!…ファンの皆さまなら御存知の、「津軽金山焼き」さんに関する話題〜♥♥ 今年の1月、イソジンssi が作陶に励まれた「津軽金山焼き」さん で、『癒し体験プログラム』『パワーのお土産』がこの秋デビュー!!

        正直、遠方に住まう身には、こちらの場所は、そう容易(たやす)く行ける場所ではありませんが、この秋〜冬にかけて、ご旅行の計画をしておられる方がいらっしゃいましたら、是非!!この時期の津軽には、こんな楽しみもあるのです…♥それは「津軽金山焼き」さんの最寄り駅に隣接している《津鉄》正式名称は、《津軽鉄道》さんのストーブ列車!!今年も、11月25日(月)に、「ストーブ列車点火祭」なるイベントが行われ、盛大にストーブ列車の運行開始をお祝いされています♥
      (こちらは、アメーバブログなので、会員でないと記事を読むことが出来ません、ご了解下さい)…そうです!イソジンssi (韓国の)MBCドキュメント番組(全て韓国語です)の為に、この列車に乗って“イケメンマネージャ”と《名物の焼きスルメ》を食しておられます〜笑!!この、番組や《津鉄》関連の過去の記事は↑の「イソジンssi」をクリックして下さい〜。ただ、過去のブログ記事故、内容については、幾つか現在とは変わっている部分がございますので、ご理解下さいネ…(≧∀≦)(*^ー゜)!!  

      ヒウン1.jpg

      さてっ!!ここで、突然ですが、クイズですっ!!↑ この人、だぁ〜〜〜〜れ?!


      はいっ…、そうですっ!!チャンヒウンssi ですっ♥♥
       …で、チャンヒウンssi について、ですが …この方を話題にするのは、ついこれまで後回しになっちゃっててぇ〜「イサン」と「階伯」の両方でイソジンssi と共演なさっているので、「ま、この次の記事でご紹介しよう〜」と考えちゃって、今日までずっとアップ出来ないまま〜( ̄。 ̄;)σ(^◇^;)…そうこうしているうちに、「階伯」も次回が最終話になっちゃいましたぁ〜〜ヤバイっヤバイっ…。

      でも、今まで記事にアップしなかったのにはもう一つ理由があって…、こんなツアーがあったんですよ〜〜っ!(O_O)!その名も!!【2011.11 韓流スター チャン・ヒウンと巡る『ケべク将軍』撮影見学ツアー韓国旅行】この、ツアーに参加した方の、コメントや何かが無いものかと…これまであれこれ探しては見たのですが、全くヒットせず〜(ToT)…しょうがないので内容は不明のままの御紹介〜♥♥ …ヒウンssi のファンの方のブログにお邪魔したら、ヒウンssi は韓国文化交流会の札幌支部の皆さんが後援をしていらっしゃるそうで…。こういう企画になったのでしょうねぇ〜♪ 

      さらには、東北の大震災の後に、写真のようなイベントが企画されて、関係された会社のHPには、チャンヒウンssi のお姿もっ♥ ポスターには、イソジンssi 「階伯」が、お馬で駆けてるお姿も、しっかりと写りこんでおりますっ!!流石!ヒウンssi っ!ツボを心得ていらっしゃる♥♥

      ヒウンさん来日.jpgヒウンさん3.jpg16話のヒウンさん2.jpg

        現在は韓国MBCの新作月火ドラマ「馬医」で、エリート(賢い)医学生を演じておられます。主人公のライバル的存在で、かなりの頻度で画面に登場!「イサン」や「階伯」の時よりも大活躍していらっしゃいます〜もう、今のところ、ほぼ全編シリアス!!笑わない〜〜爆!主人公をバリバリ〜ライバル視しちゃってます〜爆!!(@^▽^@)♪♪

        さて、放送されたBSフジの「階伯」35話も、やはり予想通りに《哀しい編集作業》で“萌え”処がかなり減っておりましたね…。などと、ブツブツと愚痴を言えるのも後一回…(T^T)…(ToT)(T^T)…(゚◇゚)ガーン

       こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

       また、昨年のMBCで放映されていた直後にアップをしていた記事に興味を持って下さった方は こちら を是非御覧下さい〜!!(ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)





      한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
      (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
          

      여기를 클릭해 주세요

      All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
           
      Please click here


       さて…35話…う〜〜ん、困ったぞ…やっぱり…、最初のMBCの「リアル視聴」の時も、KNTVで視聴した時も、最終話が近づくと、記事が旨く書けなくなってしまうんですよ…、マンガの方も“案”は出るのに、絵が様にならないとでも言うか…、書きたいことや、描きたいことは山ほどあるのに、どこから、どう!手をつければ良いのか?!…混乱をしてしまいます。今回はBSフジさんの“厳しい編集”も加わっているので、読んでいただくのに変な文章になっているかも知れません…。どうか、ご容赦下さい。

       韓国の“史劇”にとって、ドラマ自体の流れや展開を重視する場合に、《史実を歪曲してしまう》…事は、問題視される事はあっても、改善される事は無い!状況にあります。逆に、その分、制作者サイド(脚本家や監督)は、自由な発想で作品を創り上げる事が可能です。ましてや、過去の記録が“大昔過ぎて”殆ど現存していない様な状況では、何を、どうしようと、あまり問題にならないようです。でも、あまりにも有名なエピソードなどは、大きく演出を変えてしまうと視聴者の反感を買ってしまいます。

       …ドラマ「階伯」も、初回の放送からそういう意味での注目を浴びていました。韓国のドラマ(TV)界には、今や「茶母」から派生した、“ネットユーザー”による番組へのリアルタイムでの反応が直接入る…というスタイルが、定着をしているので、ドラマを視聴しながら、視聴者同士が番組の批評を互いにやり取りする訳です。こうして、ドラマが最終段階に近づいてくると、PCが突然壊れてからのあれこれが、また蘇って来て、とても感慨深いです。

       「恩顧」の裏切りと、「成忠」殺害の黒幕であった事を知った「階伯」は、この事実を直接「恩顧」にぶつけます。しかし、彼女は“罪を悔いる”処か開き直り、「階伯」を呆れさせます。「義慈王」や「興首」が自分の悪事を知りながらも、両者が事実を黙認している事で、「階伯」に対しても強気でいられたのです。「階伯」は、「義慈王」が「恩顧」に対しては王としての教示を貫けない事も分かり、またも絶望感に捕われます。

       2012年11月26日BS35-1 280.jpg

        そんな「階伯」は、「恩顧」に向かい、「この後、必ずご自身のした事の、報いを受けるでしょう」との言葉をかけ、静かに彼女の元を立ち去って行きます。今や、「階伯」にとって最重要な問題は「新羅(シルラ)」の動向…。あまりにも解せない「新羅(シルラ)」軍=「金春秋(キムチュンチュ)」の動きに、神経を尖らせて情報を集めるも、その行動の真意が見えず、百済(ペクチェ)への攻撃を準備している?!確証が得られず焦ります。

        百済(ペクチェ)国内では、情報が少なすぎると感じた「階伯」は、高句麗(コグリョ)の「ヨンゲソムン」の元を再び訪ねます。この場面の「階伯」と「ヨンス」と「テス」の、三人の騎乗姿がカッコ良いんですが、カットでしたね…。「階伯」は面会した「ヨンゲソムン」から、信じたくない情報を得ることになります。それは、《唐が軍船二千隻》を準備しているというモノでした。唐の狙いが高句麗(コグリョ)なのか、はたまた百済(ペクチェ)なのか?「義慈王」や「成忠」や「興首」達の読みでは、まだ当分先であろうと思われた唐の戦闘準備の知らせは、「階伯」を愕然とさせるのに十分でした。

      2012年11月26日BS35-4 280.jpg

       急ぎ、サビに戻り、「義慈王」や朝廷の重臣達に状況を報告するも、俄には信じられないと、一蹴されてしまいます。そこへ、命からがら「新羅(シルラ)」から逃げ延び、死を覚悟で戻って来た「恩顧」から、更なる驚きの話を聞く「階伯」…、これで、全ての謎が解けたのです!なんと、唐の攻撃目標はこの百済(ペクチェ)だったのです…!!朝廷の重臣達は情報をもたらしたのが裏切り者の「恩顧」だったことで、情報の信憑性を疑う声が上がり、「階伯」の焦りが伝わりません。

      2012年11月26日BS35-2 280.jpg2012年11月26日BS35-3 280.jpg
       すぐにでも、国の防備を固め、軍備を強化せねばならない時なのに…。「義慈王」はその夜一人で「恩顧」のいる獄舎を訪ね、「恩顧」の情報が事実であるとの確証を得ます。そしてまた、彼女の命を救う術が最早自分には無い…という事にもショックを受けます。今度ばかりは、最愛の「恩顧」を救う事は不可能と考えた「義慈王」は、獄舎から戻る道すがら、哀しみの涙を押さえることが出来ませんでした。…一時期の、醜悪とも言える様な表情から一転、昔の「義慈王子」の頃のように、心許ない表情を見せる「義慈王」…。

       チョジェヒョンssi の演技…流石の表現力です!!キャラ的に、「義慈王」はなかなか好きにはなれませんでしたが、このシーンからメイクも変化をしているような気がして、哀れさを感じます…。

       
      2012年11月26日BS35-5 280.jpg

       翌日、再び開かれた御前会議の場で「階伯」は、「恩顧」の処刑で国内の動揺を起こす事よりも先に、まずは唐と「新羅(シルラ)」の連合軍に備えるべきだ!と訴えますが、聞き入れてはもらえません…。ここに「階伯」に同意して、彼の発言を支持したのが「興首」でした。彼は「成忠」の遺志を継ぎ、《兵書》の作成を行っていました。

       《兵書》の完成が縁の終わり…そう、かつて「義慈王」に告げていた「興首」は、「階伯」の哀しげな目線を感じても、朝廷に留まる事はしませんでした。今や、この危機的状況に「階伯」だけで、立ち向かわなければならない百済(ペクチェ)…。絶望的な中にあっても、「階伯」は必死で国の民を守ろうと必死です。相変わらず《自己中》な「恩顧」の態度に腹を立てつつ獄舎から出てくると、血相を変えた「ヨンス」と「テス」が駆け寄って来ます。《唐》の攻撃目標は百済(ペクチェ)!!だと、高句麗(コグリョ)の「ヨンゲソムン」からの伝令が来たのでした。最悪の事態を知る「階伯」…。35話はそんな流れでした。

       次回…最終話の36話は、もう、何も言いますまい。ただ、じっくりと視聴して下さい。最期の最期、「階伯」チャングンが天に召されるその瞬間まで、しっかりとドラマを味わって下さい…。

      36-1.jpg36現場.jpg36-3.JPG

         最終話、どんな風に編集でカットされたとしても、最期の場面20分は、ノーカットで放映して欲しいなぁ〜(T^T)…ああ、本当に終わるのですねぇ〜。


         …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

       …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、
      文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。


       また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により
      紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!

        最終話目前!!せっかくなので、ドラマ終盤の辺りで撮影されていた、イソジンssi の現場オフショットを、どど〜〜んとアップしちゃいましょう!!

      トンイから.jpg撮影合間.jpg横顔 笑顔.jpg

        あれれ?!一人違う人が…?!爆!!そう!!ドラマ「トンイ」で、恐い「ヒビン王妃様」のお兄ちゃんを演じておられた、キムユソクssi 〜(*^ー゜)!!最近の新作ドラマでは、ななな〜〜ンと、「金庾信(キムユシン)」役なんです〜どうよそれ〜!!これについては、また機会があればご報告しますねっ♥♥

      差し入れ.jpg携帯姿.jpg

       上記のイソジンssi のお写真は、全て、以前の【韓国公式FC】に投稿されていた物で、いつも快く、全ての写真をファンのみんなに公開して下さっていました…。新しい【韓国公式FC】は、その辺りがどうも規制が入っているようで、とても哀しい思いでいます…。韓国に住む方ですら、イソジンssi に出会える機会は少ないのですから、私達海外のファンにとっては、以前のFCのあり方は、とても嬉しかっただけに、残念でなりません…。

        厳しい撮影のスケジュールで、満足に食事も摂れなかった頃、愛情たっぷりの差し入れのお弁当を黙々と食すイソジンssi に、だれかとお話中のイソジンssi ♥♥…また、どこかの機会で、このほかのお写真も御紹介致しますねぇ〜♥♥(≧∀≦)n☆彡♥♥




      앞으로도 계속 응원하겠습니다.
      (これからも 応援を続けていきます)

      리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
      (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより)


      …イソジンssi の《ファンミーティング》も、迫って来ましたね…。
      11月28日に、追加の告知がある…との連絡でしたが、追加内容はこちらっ!!

      【 イ・ソジンさんへクリスマス・スイート・プロポーズ・カードが送れます。

          皆様のメッセージがイ・ソジンさんに届きます。

          しかも、厳選されたカードは、本人が直接イ・ソジンさんに読み上げる事に!

          (選ばれた方は、イ・ソジン商品と写真撮影と握手も可能)

        ※12月10日まで受け付け(当日消印有効)

        
      ※宛先: 〒169-0072 東京都新宿区大久保2-7-1大久保フジビル603号

             株式会社SKY ENTERTAINMENT イ・ソジンファンミーティング担当 】

      他にも、
      ツイッターでは…、
      【明日の告知に関する内容には握手会はまだ入ってないです。すみませんでした。(ーー;)】  や、
      【お知らせがあります。明日の告知2が終わりではありません。イベント当日まで告知は続きますが、皆様の大事なご意見を厳選して反映させたいと思います。 よろしくお願いいたします。】…  などと言ったコメントもありました(≧∀≦)n☆彡♥♥


        さあて、私はどうしようかなぁ〜〜♥♥えへへへ〜〜( ̄∇ ̄)♪…それでは皆さま、次回は「イサン」74話のレビューでお会いしましょう〜♥♥…あ、そう書いただけで涙が…「ソヨナァ」「チョ〜ナァ〜」…(T^T)…(T^T)…(。・ω・。)…


      にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
      | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 23:03 | comments(6) | - | - | - |
      257.11.17「GyeBaek 階伯」BSフジ33話・34話!国母の裏切り!大敗した階伯の投獄!成忠と興首の疑念!耐えるチョヨン!義慈王と階伯、真の絆が今試される!!成忠に証拠を握られ、焦る恩顧!階伯に別れを告げる成忠の想い!復讐を誓う興首の執念!義慈王の恩顧への妄執再び!
      0
         
           …月日の経つのは本当に早いもので、特に“楽しいこと”を待つ間…というモノはことさらに短く感じます。 12月19日(水)の大阪での“イソジンssi のファンミーティング”まで、ほぼ一ヶ月…。当日の詳しいお知らせ が11月15日に発表になりましたね〜〜♥♥

        チラシ Cから.jpg

          くじ運のいい方はいったいどなたなのでしょうねぇ〜?!9月、ソウルで行われた“ファンミ”では、企画が盛り沢山すぎて、時間が足らなくて消化しきれない…という、とても残念な場面がありましたので、当日の進行など、現場での対応に期待したいところ…。今回は、どちらもかなり規模の大きなホールなので、“握手”はなさそう…なのが(゚◇゚)ガーン…でも、《全員へのプレゼント》など、かなり《お徳感》は、ありますね…!!せっかく来日して下さるのだから、イソジンさんにも気分良く、楽しんでもらえる“ファンミ”になるといいなぁ〜〜♥♥ 11月23日の追加の子細発表も、楽しみっ♥♥

           追記:韓国公式FCに、17日、イソジンssi がコメントを入れておられたのでハングルの原文と“翻訳ソフト”での和訳をアップします…♥♥

        새로운 홈페이지의 탄생을 진심으로 축하합니다! 짧은 시간이었는데도 불구하고 관리자들이 너무 애쓴것 같아 수고하셨다는 말을 꼭 전하고 싶네요.아직 완성되지 않았다니 더 기대가 됩니다. 
        앞으로 이곳이 우리 모두가 편하게 찾을수 있는 곳이 되었으면 좋겠네요. 여러분이 많이 찾아 주시고 글도 많이 남겨주세요!그리고 이곳의 모든 사진과 글은 불펌으로 해주시길 부탁드립니다.추워지는 날씨에 건강 관리 잘하시고 다음에는 좋은 소식을 여러분께 전해야 할텐데... ㅜ ㅜ다시한번 축하합니다!^^

        新しいホームページの誕生を心よりおめでとうございます!短い時間であったのにかかわらず、管理者がとても努めたようで苦労されたという話を必ず伝えたいですね.まだ完成されなかったというからさらに期待されます。今後こちらが私たち皆が気楽に探すことができる所になったら良いでしょうね。皆さんがたくさん訪れて下さって文もたくさん残して下さい!そしてこちらのすべての写真と文はプルポムでしてくれるのをお願いします.寒くなる天気に健康管理上手にして次には良い便りを皆さんに伝えるべきなのに... ┬もう一度おめでとうございます!^^


        上記のコメントは、韓国公式FCのサイト内、Diary にアップされています〜(≧∀≦)n☆彡♥♥

        ソジン?のコメント.JPG

         右上のコメント日時を見ると、ついさっきの入力です…、こちらに登録をしておられる方は、是非このコメントに返信をしてみませんか?!

           こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

         【ネタバレ】が絶対に嫌っ!!と言う方には、番組の視聴後に御覧頂くことをお勧めします、ここで全てを記事にして紹介をしているわけで有りませんが、かなりの部分を子細に語っている部分が有りますので…( ´艸`)!!
        また、昨年のMBCで放映されていた直後にアップをしていた記事に興味を持って下さった方は33話34話…こちら を是非御覧下さい〜!!(ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)



        한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
        (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
            

        여기를 클릭해 주세요

        All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
             
        Please click here



          33話…
         「恩顧」にしてみれば…、「義慈王」が崩御しかけた際に、息子「孝(ヒョ)」共々宮殿から追われて、命の危機に瀕するという記憶が、強烈に残っているため、大国【唐】からの正式な“王妃”と“皇太子”である!とのお墨付きは、どうしても手に入れたい名分だったのです。“王妃”としての立場に固執する今の彼女は、「信女(チョンダニャン)」が心配したとおりに、【国母】としての認識に欠け、私利私欲に奔る愚かな女でしかありませんでした。“形式的”である《唐の承認》が、聡明だった「恩顧」の目を暗く覆ってしまい、彼女は百済(ペクチェ)を滅亡させる遠因となってしまいました。

          「階伯」は「恩顧」の裏切りによる大敗で、8000人もの若い百済(ペクチェ)兵と、サビの守りの要であった刀比川(トビチョン)城を失いました。この結果、全ての責任を一人でかぶり、自らが《牢車》に乗り込んでサビの城下へと戻ります。「義慈王」の御前にガックリと膝をつき、自らの処罰を請う「階伯」に、周囲の大臣達は同情的で過酷な処分は避けるべき…との進言を行います。されど「階伯」は、尚も「義慈王」への処罰を請い、「義慈王」も彼の失策を認め、その責を問うと投獄してしまいます。「階伯」がまたも「義慈王」の勘気を買い、牢に入れられたと聞いた「金春秋(キムチュンチュ)」と「金庾信(キムユシン)」は、「恩顧」を利用した自分たちの作戦が、大きな成果を上げた事を喜びます。

        33-2.jpg

        2012年11月15日BS33,34-1 280.jpg2012年11月15日BS33,34-2 280.jpg

          「義慈王」と「階伯」の関係がまたもや悪化した…と感じた「チョヨン」は、「階伯」が投獄された報を聞き、心配のあまりその場にくずおれてしまいます。(「義慈王」は激情すると何をするか分からない…と、身をもって知っている「チョヨン」)ヒョミンssi が気丈に振る舞った後に、内心の心細さを若々しい奥様ぶりで表現していましたぁ 彼女の泣き顔も、可愛いですよねぇ〜♪「義慈王」は、度重なる唐の傲慢な態度に、とうとう我慢しきれなくなり、「金春秋(キムチュンチュ)」がしかけた罠とも知らず、大国《唐》との国交断絶!!という決断を下してしまいます…。この暴挙に、誰しもが異を唱えますが「義慈王」は聞く耳を持ちません。

         大国《唐》を敵に回した事で、攻め込まれるのでは?!と騒然となる百済(ペクチェ)朝廷…、しかし、「義慈王」は「恩顧」の諌言ですら無視し、国交の断絶を推し進めます。この緊迫した状況に、流石の「成忠」と「興首」も「階伯」の釈放を願い出ますが、「義慈王」はそれを認めようとはしませんでした。この頑なに「階伯」を許そうとしない、「義慈王」の態度を訝しがる二人…、やがて、この「義慈王」がとった行動の本当の目的が明らかになります。実は、刀比川(トビチョン)城での敗戦後、「階伯」は「金庾信(キムユシン)」を侮り、結果として多くの兵の命を失った事を償うべく、戦略を立てそれを「義慈王」に知らせておいたのでした。再度「階伯」を信じ、彼の戦略を理解した「義慈王」は、「階伯」を投獄しつつ反撃の時期を待っていたのでした。

          獄から出て、密かにサビ城下から出陣する「階伯」…その夜の内に、刀比川(トビチョン)城内に駐留する「新羅(シルラ)」軍を急襲し、見事に刀比川(トビチョン)城の奪還に成功をします。…この、出陣シーン、騎乗したイソジンssi の吐く息の白いこと、白いこと…《寒さ》が伝わって来ます〜!!この時、相当に遅い時間帯だった所為もあって、台詞を言うのも一苦労〜!!ここでの撮影NGシーンは、前回の記事に紹介をして有りますので、良かったら御覧下さい〜(笑い上戸イソジンssi も良いよ〜♥♥) 33話や34話に、時々登場する【手紙をしたためる「階伯」】のシーン…ここで、イソジンssi は、いったい何を書いているのでしょうか?!(実際のドラマで、字を書いていらっしゃる手元は、書の専門家のもの)…それを知りたい方は、こちらを御覧下さい〜爆!!真剣な顔をした「階伯」チャングン!実際はこんなの書いてたの〜?!(ただし、動画が視聴できるようになるまでに、CMが1〜2本流れますので、終わるのを待って下さいね…♥)

        義慈に送る書札を書いているケベク! ていねいに一文字ずつ書いている姿ですが. そのどこにも公開されたことのなかった、隠されたケベクの漢字実力! 現場スケッチを通じて確認してみて下さい〜  との、コメントが付いています〜♪

          夜襲で刀比川(トビチョン)城を奪った「階伯」は、憎き宿敵「金庾信(キムユシン)」を、捕らえる寸前の処まで追い詰めましたが、戦場での僅かな隙を突かれ、彼の逃亡を許してしまいます。ここで、「金庾信(キムユシン)」を捕縛出来なかった事が、後々「階伯」や百済(ペクチェ)を苦しめ、ひいては滅亡させてしまうので、思わず視聴していて「見逃しちゃダメぇ〜〜」と、叫んじゃうんですよねぇ〜爆!!逃げ延びていく「金庾信(キムユシン)」を見つめる複雑な表情の「階伯」…イソジンssi の深い心理描写がキラリっ♥♥

        33話1.jpg
        2012年11月15日BS33,34-3 280.jpg2012年11月15日BS33,34-4 280.jpg

          …そして、ドラマは大きな局面を迎えます…ドラマ「階伯」の主要キャスト! 《百済(ペクチェ)三巨星》の一人、知将「成忠」が、とうとう「恩顧」の裏切りの証拠をその手中に収め、彼女を糾弾すべく敢然と一人宮殿に乗り込むのです!!…イムジャの急報を受け、宮殿内で待ち受けていた「恩顧」と対峙する緊迫したシーンで終わります…。


          34話… 【ネタバレが嫌】な方は、ご注意下さいネ〜
          ドラマも最終話目前…そうなると、“マンガにしたい場面だらけ”なのですが、枚数を増やすと時間がかかって更新がドンドン先送りになっちゃうし…今回は、思いきって34話のマンガを減らしちゃいました〜σ(^◇^;)…その分、お写真を増加!なので、【ネタバレが嫌】な方は、ご注意下さい!

          34話の見所は、やはりなんと言ってもイソジンssi 演じる「階伯」の表情の変化でしょうか…。「恩顧」の手に掛り、志半ばにして逝ってしまう「成忠」を演じたチョンノミンssi も、その、最期に見せる「成忠」の演技で、素晴らしい表情を見せて下さいます!!また“無二の親友”を突然失って慟哭する「興首」を演じる、キムユソクssi の迫真の熱演も見逃せませんっ!!ですが、《夢に出て来た「成忠」に向ける不思議そうな表情》や、《サビに戻り久々に妻子に会える嬉しさ》や、《突然の「成忠」の死が受け入れがたい想い》や、《「成忠」を暗殺した「新羅(シルラ)」への復讐心》や、《「恩顧」の裏切りを知った際の衝撃》とか…様々に交錯する「階伯」の感情を、内面に秘め、押さえつつも、激情を表現する…イソジンssi 「階伯」…。

          一見すると、表情が乏しいとも、見えがちですが、そのギリギリのラインで勝負している気がします!!「恩顧」に説得を試みる「成忠」…彼はこれまで、聡明な「恩顧」の活躍を目の当たりにしてきたので、一縷の望みを託していたのだと私は思います…。で、なければ危険を冒して一人で宮殿に乗り込むでしょうか?!「恩顧」の私邸?!に縛られて軟禁され「成忠」は、最期まで《王妃としての「恩顧」》の気持ちを呼び戻そうと、懸命に語りかけます。しかし、「恩顧」の頑なな決意を知ると静かに死を受け入れます…。小屋を静かに立ち去る「恩顧」に向けたその微笑みには、幾筋もの涙の跡が…。この場面、素晴らしい演技と演出とが相まって、何度視聴しても爆涙!してしまいます…。チョンノミンssi はこの「階伯」出演後も、評判のドラマに立て続けに出演されておられますが、最後のシーンに感動する事間違いなしっ!!

        2012年11月15日BS33,34-5 280.jpg2012年11月15日BS33,34-6 280.jpg

          翌日、何時までも出仕してこない「成忠」に、不審に思った「興首」は彼の屋敷にまで出向きます。で、っ!!スッゴク真剣でシリアスで、感動的な場面の直前なのですが、kabukimonはどうしてもここで、「興首」の言葉に反応して、“思いだし笑い”をしてしまうんですよぉ〜( ̄。 ̄;)(^-^;)…その言葉が何かって?!それは、実際にドラマを見て頂かないと〜…あっ!!アカンやんっ!!BSフジの「階伯」は吹き替えやんっっ(゚▽゚*)…え〜〜、で、正解は「イリオノラ〜〜!!」でした〜♥♥皆さま、覚えていらっしゃいますか?!こちらは、想い出の「階伯」=イリ(狼)初登場の「イリオノラ〜〜♥」 懐かしい〜《野生的で敵愾心むき出し》の「階伯」〜♥♥

           そして、自宅に戻った「階伯」にもたらされた「成忠」の死…サビの街を全力で駆け抜けてゆく「階伯」…っ、ここでのBGMとストップモーションの演出が、見る者の心をキュンキュンと切なくさせます…人混みの中から、段々と近づいてくる「階伯」…。これをマンガにしたかったのですが私の画力では無理…断念!

        34-1 (2).JPG34-2 (2).JPG34-3 (2).JPG

          必死になって奔る「階伯」の向う先は…?!

        「成忠」の突然の死にショックを隠せない「階伯」…、そんな彼を、更なる衝撃が待ち受けます。それは、愚かな女、「恩顧」の裏切りの事実を知る事でした。しかも、最悪のシュチュエーションで…。そんな衝撃の場面の前に《萌え》シーン♥♥それは…可愛い「階伯」夫人(プイン)が甲斐甲斐しく「階伯」の身の回りを世話する仕草〜〜♥♥

        アツアツ.jpg34-3.jpg

        お淑やかな夫人(プイン)姿とは、似つかわしくないT-ARAヒョミンssi のツイッターでの公開写真〜爆!!何をしても“可愛い”って…、若いモンの特権ですよねぇ〜♪♪ 最後に、この34話がラストの出演となる、チョンノミンssi のメッセージと嘆く「興首」のメイキングシーンの動画を御紹介♥♥(ただし、動画が視聴できるようになるまでに、CMが1〜2本流れますので、終わるのを待って下さいね…♥)

        34-1.jpg

        成虫を抱いて嗚咽するフンス役俳優キム・ユソク様の熱演と共に、余韻が残る最後の撮影を終えた成虫役のチョン・ノミン様!  見守ったスタッフはもちろん、放送を視聴した視聴者たちの鼻の端までジィンとさせるフンスの嗚咽場面、撮影現場の生き生きした姿と、ドラマを離れる成虫役チョン・ノミン様が皆さんに伝えるメッセージに会ってみて下さい!   動画には、こんなコメントが付いています〜♪

        34 大ショック.jpg

          …信じられない事実に狼狽え、衝撃を受ける「階伯」チャングン…はたして彼は、事実を知って、どうするのでしょうか?!

         …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

         …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。

         また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!

           32話から、33話、34話、35話辺りまでを撮影中に、MBCのドラマ番組を紹介する【セクションTV】というバラエティ番組のスタッフが、「階伯」の撮影現場に訪れて、出演者やスタッフに夕飯を振る舞う!…という企画がありました。こちらでの“撮影秘話”や出演者達の素顔が垣間見える記事はこちらから… その1その2 …です!!

          次回35話は、莫迦女「恩顧」の償いや、「イムジャ」の哀しい末路が描かれます…。そうして、孤立してゆく「義慈王」の絶望が見る者の胸に迫ってきます。…とうとう、最終話まで残り3話、辛いけれど、しっかりと視聴せねば…今度は、どこを編集でカットされるのか?!と、怯えながら〜爆!!(@^▽^@)〜!!


        앞으로도 계속 응원하겠습니다.
        (これからも 応援を続けていきます)

        리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
        (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより)


          ちょっと、気が早い話ですが…韓国にある、 「階伯」チャングンの“お墓”…こちらを旅行された韓国の方のブログを見つけましたので、良かったら御覧下さい…翻訳ソフトを通しているので、時折写真がアップされない場合がありますが、その場合は、左上の方にある…【元のウエッブページを開く】をクリックして下さると写真が御覧になれます。…とても綺麗で、静かな佇まい…ソウル市内からはかなり離れているので、なかなか行く事は叶いませんが、縁があればお参りしてみたいです…。

         それでは、次回は「イサン」73話のレビューでお会い致しましょう〜(≧∀≦)(*^ー゜)!!こちらも、泣けますっ!!73話は後半に“爆泣”させられるシーンが満載っ!!

        にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
        | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 21:19 | comments(10) | - | - | - |
        255.11.4「階伯 GyeBaek」BSフジ31話・32話!階伯に疑心暗鬼の義慈王、暴政がMAXに!恩顧は信女(チョンダニャン)の警告を無視!チョヨンが身を挺して階伯を凶刃から救う!…12年の歳月を経て,百済の存亡の危機に階伯を請う義慈王!階伯の決断は如何に?!
        0
           
            今日まで、記事の更新を待っていたのですが、イソジンssi の新作ドラマの情報は進展無し…( ̄0 ̄)…諦めました。動向がはっきり分かるのは、来週なのかなぁ〜(T^T)…。

             こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

           【ネタバレ】が絶対に嫌っ!!と言う方には、番組の視聴後に御覧頂くことをお勧めします!…ここで全てを記事にして紹介をしているわけで有りませんが、かなり子細に記事を書いておりますので、ご注意下さ〜い( ´艸`)!!
          でもって、昨年のMBCで「リアル放映」された後に、kabukimonがアップをしていた記事に興味を持って下さった方は、 こちらっ30・31・32話 是非御覧下さい〜!!(ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)

           え〜…まずは、…許せ〜ん! (`ヘ´) プンプンあり得な〜い! (`ヘ´) プンプン。なんでだぁ〜〜!!はぁはぁはぁ…こ、こ、声を大にして言うぞぉ〜〜〜!!!31話の編集はどないなってんねんっ!!視聴者を蔑(ないがし)ろにするなんて、酷すぎる〜〜!!どう考えたら、あのシーンを全カットできるんだぁぁぁぁ〜〜〜(`ε´)カッカ、カッカ、!!今でも、思い出す度に“怒りと哀しみ”が沸々と湧いてくる…!!BSフジの「階伯」を視聴して初めてドラマ「階伯」を経験しておられる方には、本当に申し訳ない気持ちが致します!!ほんとはこんなドラマじゃないのよぉ〜〜と、声を大にして言いたいっ!!で、カットされた「階伯」と「チョヨン」の重要なシーンをMBCのYouTubeコンテンツ(無料)から、持ってきました(動画のスタートから11分過ぎ辺りからです)ので、是非とも!!御覧下さい…(残念ながら英字字幕のみです)!!

          キャプチ31-2!.jpg31-1!.jpg


           そりゃあさ、BSフジさんの色々と事情がお有りなのは分かりますよ…でもね、全くの《全カット》はど〜〜なの〜〜?!放送当初から、T-ARAのヒョミンssi (「チョヨン」)の出番をカット編集の犠牲にする傾向に有りましたが、ここまで残酷な編集って…イソジンssi の演技だってヒョミンssi の演技だって、MBCのスタッフが総出で、精魂込めて制作したコンテンツなんだから、もう少し配慮があってしかるべき…だと、思うんですよ…。ドラマ全てがそうですから、編集作業(カットの)は大変でしょうが、最終話に向けて、こんな編集があると、思わず心配になっちゃいますよ…、まさか、まさか、最終話のあのシーン…ヒョミンssi とイソジンssi の名シーンをまさか…てなこと…無いですよねっBSフジさんっっ!!


          한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
          (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
              

          여기를 클릭해 주세요

          All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
               
          Please click here


            31話…
             「義慈王」は「金春秋(キムチュンチュ)」の狡猾な心理戦にはまり込み、「階伯」への疑念が払拭できず、とうとう「階伯」を誣いる方法を考えるまでになります。政(まつりごと)でも、最早「義慈王」の暴走を止められる術が無い百済朝廷…。しかし、流石の「義慈王」も軍神=「階伯」を殺してしまう訳にはいかず、さりとて最前線の戦場へ戻せば、戦果を上げて益々「階伯」の名声が轟くことは間違いない!…そう考えた「義慈王」は、「階伯」をあろう事か内地の辺境地古西伊(コソイ)県の城主に任命してしまいます。この決定に驚く「階伯」…しかし、「義慈王」の胸の内を知る彼は、その王命に素直に従う意を示します。

            この決定に、納得がいかないのは、「ヨンス」や「テス」、「チョヨン」といった「階伯」に心酔し、生死を賭けて「階伯」に付き従ってきた武将達…。最前線の激戦地こそ!「階伯」の活躍の場と、信じて疑わない彼らは「階伯」の諫める言葉にも耳を貸さず、ついには自分たちで直接「義慈王」に訴える!という、一歩間違えば《反乱》とも取られかねない浅はかな行動に奔ります…。宮殿内では今正に、「恩顧」=「木(モク)妃」が、正式に王妃として任命される、とういう重要な式典(王后擁立式)が行われようとしていました。素晴らしい装束を身に纏い、式典の開始を静かに待ち受ける「恩顧」の元を訪れたのは「チョヨン」…。

          2012年11月02日BS31.32-1 280.jpg

            「恩顧」の眼前に跪き、必死に「階伯」の処遇を撤回して欲しいと縋る「チョヨン」の姿に、「恩顧」は胸の底から沸き上がる腹立たしさを押さえることができず、嫉妬を込めた言葉を投げつけて、素気なく「チョヨン」の頼みを一蹴します。一縷の望みを失った「チョヨン」を含めた、多くの兵士達が自発的に城門の前に跪き、「階伯」の処遇への改善を求める…という騒動は、「恩顧」の【王后擁立式】をも、中断させてしまい、「義慈王」は激怒します。この一件を、「階伯」を誣いる絶好の好機とみた「義慈王」は、直ぐさま「階伯」を投獄して、【反乱を先導した】という濡れ衣を着せようと画策します。思わぬ事態に動揺を隠せない「チョヨン」達…彼女は、血気にはやる「ヨンス」や「テス」達と共謀して、「階伯」の奪還を計るべく深夜に牢獄へと侵入し、躊躇う「階伯」を破獄させてしまいます。

            が、素早い対応で「階伯」達の退路を断った「義慈王」の前に、「階伯」は部下達の命と引き替えに、自らの命を差し出す…と、申し出、「義慈王」の凶刃が「階伯」の頭上に振りかざされた、と、その刹那っ!!思わず「チョヨン」は「義慈王」の身体に体当たりをして、「階伯」を救います。突然の彼女の取った行動に、「チョヨン」自身はもちろんのこと、周囲も驚き息を飲みます。身分の低い女が、いきなり体当たりをするという、不遜な態度をした事で「義慈王」の理性は完全に吹っ飛び、「階伯」を誣いるために持っていた長剣を「チョヨン」の腹部に容赦なく突き立ててしまうのです!!

            この「義慈王」の情け容赦の無い行動に、憤怒の形相で、睨み付ける「階伯」…流れ出る「チョヨン」の腹部の傷を必死で押さえながら、身じろぎ一つせずに「義慈王」を睨み付けているその姿に、尚も「義慈王」は怒りを抑える事ができず、「義慈王」と「階伯」の間に割って入った「成忠」や「興首」にも凶刃を向けます。あわや、「興首」が…!!という直前!「恩顧」が「義慈王」を諫めます。「恩顧」の“心からの”言葉と、哀しげな表情に、やっと冷静さを取り戻した「義慈王」…、周囲の者達の自身を見つめる視線の意味を理解すると、やっと怒りを押さえることができたのです。

          2012年11月02日BS31.32-2 280.jpg2012年11月02日BS31.32-3 280.jpg

           瀕死の重傷を負い、意識も朦朧としたままの「チョヨン」の枕元に寄り添い、彼女の意識を呼び戻そうとする「階伯」…。彼の呼び掛けにやっとの思いで目を開けることができた「チョヨン」は、自らの死期が近いと判断し、「階伯」に積年の想いを打ち明けます。彼女の女らしい感情を初めて真正面から受け止めた「階伯」…。これまでの「チョヨン」との歳月を想い、双眸には涙が溢れてきます。死を覚悟している「チョヨン」の“健気で一途な告白”に聴き入る「階伯」…。(あぁぁぁ〜こんな素晴らしい名場面を、何で全カットできたの?!BSフジさん…(ToT)(T^T)…(T^T)…(。・ω・。)…)

           この日から12年…百済の内政は「義慈王」の手腕によって一定の安定を保ち、民衆の暮らしも良くなっていました。しかし、「金春秋(キムチュンチュ)」と「金庾信(キムユシン)」達、新羅(シルラ)による国境への侵略は誰にも止められず、12年の間に、「階伯」が奪ってきた40の城の大半が新羅に奪還されていたのです。ここに来て、外交や国境に問題を抱えるに至った百済(ペクチェ)にとって、「義慈王」は自らの失策(「階伯」を遠ざけたこと)を認めざるを得ない状況になってきました。また「恩顧」は、王后としての自分と、息子「ヒョ」の正式な太子承認を「唐」が何時までも行わないことに、ずっと焦りを覚えており、そのことで、禁断の方法に手を染める決意をしてしまいます…。《王后》という立場を堅固なモノにしたいという、私欲の為だけに【国母】としての役割を放棄する行動に奔るのです。

           32話… (ここは、kabukimonの“萌え”処や、見所だけをピックアップして、御紹介しています)
             まずは、「興首」と「成忠」が、「義慈王」の使者として「階伯」をカマクジェ村まで迎えに出向きますが、家族や仲間達と平穏に暮らす、今の生活に満足をしていた「階伯」は、「義慈王」の変化を信じる事ができずサビに戻ることには応じませんでした。 とうとう、「義慈王」は、自らが「階伯」の元に足を運び、12年前の自分の失態を振り返り、「階伯」のサビへの帰還を請いに来た…と話します。(kabukimonのお勧めは、ここ!!「成忠」が「階伯」と「義慈王」の関係を【王】と【王の持つ宝剣】と、なぞらえて話します!その、「成忠」の言葉に、互いの関係をはっきりと理解出来た「義慈王」は反芻しながら、「階伯」を迎えに行くのです。ここは、一度完全な吹き替えで視聴して見て下さいね〜♥)

            久しぶりにサビの城下に戻った「階伯」…。彼を出迎える「成忠」と「興首」に見せる「階伯」の微笑み…イソジンssi が12年経った歳月を体現している素敵な場面っ♥ほんとに心が“ほっこり”する様な微笑みを、二人のヒョンに向けるのですよ〜“爆萌え”〜(≧∀≦)n☆彡!!サビに戻って「義慈王」に謁見をした「階伯」は、新羅(シルラ)に勝ち《崩れかけた国境線》を再度元に戻すには、大胆な軍事面での改革が必要…との持論を展開し、その全ての条件を「義慈王」が飲んだことに周囲は驚愕をします。独善的だった「義慈王」の、こうした変化に戸惑う「恩顧」と「イムジャ」…。

            やがて、高句麗(コグリョ)の「ヨンゲソムン」との同盟を果たした「階伯」は、宿敵「金庾信(キムユシン)」をその手で捕らえる事ができる立場になります。「階伯」の知略の前に、投降か?全滅か?との選択を迫られた「金庾信(キムユシン)」は、あろう事か、かつて「金春秋(キムチュンチュ)」を奪還した際に、「階伯」を見逃した事を持ち出し、精一杯の虚勢を張って「階伯」の慈悲」を当てにした言葉を吐きます。何としてでも生き延びようとしている「金庾信(キムユシン)」の姿に、「階伯」も“借りを返す”として、見逃すことになります。…《「ヨンゲソムン」と互いに腹の探り合いをするシーンや、「金庾信(キムユシン)」に温情を施す場面での「階伯」のカッコイイ〜こと♥♥》…鎧はかなり手抜き何ですけれどねぇ〜σ(^◇^;)…スミマセン、つっこみ無しでよろしく〜爆!!

          2012年11月02日BS31.32-4 280.jpg

            12年間のブランクを感じさせることなく、素晴らしい戦果を上げ続ける「階伯」に百済(ペクチェ)の朝廷も「義慈王」も、大きな安堵をします。「義慈王」は、自ら「階伯」の凱旋を讃えよう!!と、考え、「階伯」に軍を伴ってサビ城下への凱旋を行うよう命を下しますが、過去の蟠(わだかま)りが払拭できない「階伯」は、ただ一人サビに戻ります。しかし、12年の歳月を経て四人の義兄弟の仲は、以前の姿に戻りつつあり、ささやかな祝宴を上げることで、互いの絆を確かめ合います…。この、四人の酒宴の席に、突然姿を現したのは「恩顧」…。彼女は「金春秋(キムチュンチュ)」との密約があるため、「階伯」の次の戦略を聞き出し、その情報を事もあろうに「イムジャ」を通じて流す!!という事を平気でやってしまいます!!

            明日は再び戦場に戻らねばならない「階伯」は、家族との短い語らいに心を癒します。自身の父「ムジン」がしたように、自らの手で小さな木彫の人形を作り二人の子供達に与え、その安らかな寝顔に、心が満たされていくのを感じます。可愛い子供を見つめて微笑む「階伯」に寄り添い、妻として戦場で「階伯」を支えたかった…と、嘆く「チョヨン」。その彼女を、優しく抱き寄せ、愛おしむように労る「階伯」…。演技ですが、12年経っても♥♥な夫婦〜♥♥とっても良いムードの二人なのぉ〜〜「チョヨン=ヒョミンssi」が、羨ましい〜〜よ〜〜♪(-^〇^-)♥

          2012年11月02日BS31.32-5 280.jpg

            やがて、「恩顧」が情報を漏らしており、作戦が「金庾信(キムユシン)」に筒抜けなどとは夢にも思わない「階伯」は、《刀沘川(トビチョン)城》攻略中に、誘引作戦に反応しない新羅(シルラ)軍を訝しみます。不審に思う先発隊の「ヨンス」と「テス」でしたが、率いていた百済(ペクチェ)軍を伴い、自陣に帰還しようとしていた矢先、待ち構えていた新羅(シルラ)軍の待ち伏せに遭い、散々な目に遭わされます。傷だらけになりながら這々の体で逃げ戻り、「階伯」の前に戦況を報告する二人の姿…。信じられないような大敗に、愕然とその場に立ちすくむ「階伯」…。イソジンssi の“お目々”っ!超まん丸になっちゃいます〜〜爆!!

          2012年11月02日BS31.32-6 280.jpg

            卑怯な方法ではあっても、憎い「階伯」に“一矢を報いた”「金庾信(キムユシン)」は、満足げに不気味な笑い声を上げるのでした…!その頃、百済(ペクチェ)朝廷は、12年目にしてやっと“唐”から、「恩顧」と「ヒョ」が正式な百済(ペクチェ)の《王后と太子》…として承認された事で、喜びに包まれていました。その場に現われた急使の、“「階伯」将軍が大敗!”との報告に、喜びはどこへやら一気に騒然とした空気になります…。「階伯」の大敗がどうしても信じられない「成忠」と「興首」は、作戦の情報が漏れた原因についての、ある可能性に気が付き、互いに顔を見合わせて激しく動揺をします。32話、最後の場面…「恩顧」を演じるジヒョssi の笑顔が恐い〜〜〜(T^T)…(ToT)眼とアイラインが真っ黒!!ひえぇ〜〜!!

             …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

           …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。

           また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!


             33話は、またもやチャングンの髪型が変わります!そうっ!!とうとう、第1話&最終話で、登場する髪型になって出て来るのですが…ここで、チョッピリ“お楽しみ”を御紹介っ♥♥〜♪( ̄∇ ̄)♪…イソジンssi と言えば、有名な《笑い上戸》…、滅多に台詞のとちりでのNGは出しませんが、《笑いが止まらない》NGは数知れず…!!32話でも、トッケ役のユンダフンssi のアドリブに堪えきれずに爆笑いNG!(約3分半過ぎ)…他にも、そのマジな顔で突然笑い出す「階伯」NGがこちら〜〜♪ネタバレですから、見たくない人は見ちゃだめよぉ…ここには33話のNGも含まれております…他にも「恩顧」ジヒョssi のカミカミシーンや、「義慈王」ジェヒョンssi の寒くてカミカミシーンなども有ります〜♥♥ 最終話回の36話に向けて、ドンドンと哀しい展開が続くドラマ「階伯」…33話では、とうとう【百済(ペクチェ)三巨星】の一つが、墜ちてしまいます…、やるせないです…切ないです…。(ToT)(T^T)…でも、この演出は史実と全く違うので、韓国国内では、放送直後から非難が始まりましたっけ…。32話をご覧になると分かりますが、「階伯」が以前の借りを返すべく、「金庾信(キムユシン)」を山中で逃がす場面…ここも周囲は大雨…最後まで、お天気には恵まれなかったんですよねぇ〜(ーー;)(。・ω・。)…

          앞으로도 계속 응원하겠습니다.
          (これからも 応援を続けていきます)

          리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
          (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより) 


            少し以前のお話で恐縮ですが…中尾 隆聖さん…&川島 得愛さん の所属する劇団ドラマティックカンパニーの大阪公演を、9月に観劇致しましたが、その後劇中で使用した《小道具》に、劇団員の方のサインを入れてオークションします!とういう企画がありまして、kabukimonは《高座扇子》を希望致しました…、これが無事に落札!そしてお二人のサインを入れて頂いたお扇子が届きましたっ〜♥♥ ちゃんと“風車”の模様が入った千代紙に梱包されてくるっ…という芸の細かさに感動!!今回の お芝居『阿呆浪士』では、ストーリィの展開上《必要不可欠のアイテム》が、風車だったのです…!!

          センス1.jpgサイン2.jpg

           …素敵な観劇の記念になりました…、こうしたオークションの収益金の一部は、震災の支援に回される、との趣旨もkabukimonがオークションに参加した一つの理由でした…♥ こうして、トコトン楽しむ事ができて嬉しい限りっ♥♥(≧∀≦)(*^ー゜)!!…それでは皆さま、次回は「イサン」のレビューで、お会い致しましょう〜〜♪♪  あ、もうあと10分ほどで「イサン」71話始まるヤン〜σ(^◇^;)っ( ̄。 ̄;)…

          にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
          | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 22:47 | comments(7) | - | - | - |
          253.10.19「階伯 GyeBaek」BSフジ29話30話!階伯&興首&成虫…百済(ペクチェ)の3巨星♪理想の国創りに着手!!恩顧、捨て身の暴挙…胸を痛める階伯!恩顧の執念が奇跡を呼ぶ…形勢逆転!愚かなテヨン王妃の末路!暴政まっしぐら、義慈王&恩顧!朝廷の粛清へ!
          0
             
              「階伯」の主要キャラクターの一人…「成忠」を演じておられるチョンノミンssi は、「階伯」の撮影終了後も、アッチこっちの番組に引っ張りだこです。その役は、どれもが視聴後に深く印象を残す、良い役ばかり…出番は短いのですがドラマの冒頭部分で、濃密な物語の牽引役として活躍をしておられます。この、10月1日から韓国MBCが、“開局51周年記念!!”と銘打ち、イビョンフン監督が“制作・指揮・演出”とこなして、大々的に力を入れて制作&放映をしているのが、皆さまも御存知の「馬医(마의)」 …。(動画は1番を選択して下さい、1話のダイジェストで、チョンノミンssi が登場します♥ただし、この無料動画は、視聴出来るようになる前に、1〜2本CMが流れます、暫くお待ち下さいネ♪)

            馬医ノミン.jpg

              この、ドラマの主人公「ペク・グァンヒョン」の父「カン・ドジュン」を演じておられました。《…ました》と、過去形なのは、既にドラマの中で、「世子」を毒殺した謀反人として“濡れ衣を着せられ”、斬首刑になって死んじゃっているのです〜(T^T)…(゚◇゚)!!(『根の深い木』と一緒のパターン)でも、それだけ“大切なドラマの冒頭を任せられる人物!”として、多くの監督に認められている証拠ですね…で、実際にどちらのドラマも、初めの頃のドラマの視聴率を、ジワジワと上げています!!(あ〜〜っっ言いたいけれど、激しく《ネタバレ》して、面白く無いですから言えませんが…、ドラマ「階伯」での、チョンノミンssi の演技が絶対に良かった所為〜♥♥だと、思っているのですよぉ〜kabukimonは〜(⌒∇⌒)♥)

              今回は、あれこれと「階伯」関係した話題が偶然にも多いんですヨね〜♥、特に「義慈王」関連っ!爆!と、言っても子役のノヨンハクssi な訳ですが、もう高校を卒業していて、実はこの春に大学受験を経験しておられたそうで…でも、残念ながら結果は落第!!受験した大学が“舞台向けの演技を求めたらしいですね…TV界で、《子役》としての実績がそれなりにあった彼は、 “落第”が相当ショックだったようで、悔しくて暫くは公園で泣いていたそうです…。MCが、同じ大学をまた来年受験しますか?!と聞くと、浪人中のノヨンハクssi は「受験しない!」と言いきってますよ〜♪♪(二つの記事の、大体の趣旨です)

              先月発売になった、ファッション雑誌「In style」のHPをあれこれと検索をしてみたら、「義慈王」役のチョジェヒョンssi が、奥様との仲睦まじいショットを公開しておられました〜♥♥ それまですんでいたお家を、大々的に奥様がリフォームをされて、その中を紹介しておられるんですっ!!演技で見せる“感の悪い”「義慈王」とは、うって変わったスマイル全開の♥♥なツーショットっ!!お部屋の内装も素敵〜奥様の気合いと拘(こだわ)りを感じます…! そしてっ♥♥何度観ても素敵なイソジンssi の「In style」HPでのお姿と記事はこちら〜♪♪うふふふふ…

              上記のどの記事も、“翻訳ソフト”をかけてありますので、読めるようになるのに少し時間のかかる場合がございます。また、機械的な直訳ですので、分かり易い日本語の表現では無い事も、お知りおき下さい…どの記事の場合も、左上に《元のウエッブページ(韓国語)に戻る》という、バナーがありますので、そこから《元記事》を表示頂いて、その記事をまた、GoogleやYahooの“翻訳ソフト”を使用して訳して頂くと、また、上記とは違った、分かり易い《和訳》がでる場合もありますので、色々とお試しになってみて下さいネ〜♥♥

              こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

             【ネタバレ】が絶対に嫌っ!!と言う方には、番組の視聴後に御覧頂くことをお勧めしますが、ここで全てを記事にして紹介をしているわけで有りませんが、過去の「リアル視聴時」のレビューはかなり子細に書いてございます…( ´艸`)!! その、昨年のMBCで放映されていた直後にアップをしていた記事に興味を持って下さった方は こちら30話〜32話 を是非御覧下さい〜♥ただし、今回の「リアル視聴」時の29話のレビューに関しては、ほぼマンガのみ!当時、記事の文章を書く時間が無かったので、《なんじゃこりゃ?!》状態ですので…。でも、29話の“萌え”シーン「階伯」と「恩顧」の♥シーンをどうしてもアップしたくって…記事無しでも、更新をしちゃったんです…だってぇ、kabukimon自身の“お気に入り”マンガだったりするのでぇ〜♥


            한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
            (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
                

            여기를 클릭해 주세요

            All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
                 
            Please click here


             29話…
              戦場での落馬事故以来、依然意識の戻らない「義慈王」に、彼を取り巻く多くの者達の心には、各人様々な“思惑(おもわく)”が産まれていました。「テヨン王妃」は、最早「義慈王」の意識は回復せず、このまま崩御すると信じて疑わず、かねてより“目の上のたんこぶ”であった「木(モク)妃」とその息子「ヒョ」を、宮中から追い出すことに腐心します。そのためには、まず自身の息子=「義慈王」の長子である「テ」が、太子(=王の跡を継ぐ王子)として認められる事が先決でした。…。一方の「恩顧」は、人生の瀬戸際に立たされている事がよく分っていたので、「チョヨン」を口説いて、自分を避け続ける「階伯」との面談を果たします。しかし、あくまでも、(軍事を司る自分が)“政事”に関与すべきでは無い…と考える「階伯」は、《太子擁立に「ヒョ」を…》と、願う「恩顧」の頼みを聞き入れませんでした。

              こうして、最後の頼みの綱である「階伯」にも頼ることのできなくなった「恩顧」こと、「木(モク)妃」は「階伯」から、二人の思いの証であった“香瓶”を返されると、「階伯」へ決別の意味を込めて彼の頬を平手打ちします。そんな「恩顧」を切なそうに見やる「階伯」…。 「テヨン王妃」は、息子「テ」の師である「興首」の協力を得て、《政事巖会議》での評決に「テ」が選出されるよう、貴族達にも根回しを怠りませんでした。この、彼女の「木(モク)妃」への復讐心は、やがてとんでもない事態を引き起こすことになるのですが…。多数の貴族達の支持で息子「テ」が太子となった 「テヨン王妃」は、ドンドンとその態度を助長させていきます。「義慈王」が病床にあるというのに息子のために宴席を設け、さらにはその会場で多くの臣下達の目の前で、「木(モク)妃」を辱める行為に出ます。

              この、 「テヨン王妃」の軽率な行為を止めた「階伯」は、 「テヨン王妃」に不快感を与えてしまいます。「興首」は、こうした王妃の様子を見て、この機を逃さず改革を進めよう!!と、「成忠」を説得し始めます。また「階伯」は「トッケ」の情報で、《「義慈王」の病状が深刻である》、という重要な国家機密を漏らした有力貴族を捕らえます。地位の低い「階伯」に捕縛され、反発する貴族を取り調べる「階伯」でしたが、真相を究明しようとする直前になって、 「テヨン王妃」の横やりで貴族を放免せざるを得なくなります。重臣である貴族の弛(たる)んだ意識と、 「テヨン王妃」の専横に憤る「興首」は、「階伯」と「成忠」を「今こそ!我らの理想を実現させる好機なのだっ!」と、力強く説き、これにまず「階伯」が賛同をします。

            2012年10月18日BS2930-1 280.jpg2012年10月18日BS2930-2 280.jpg

              「興首」と「階伯」…、二人の言葉に万事において慎重な「成忠」も、改革に乗り出す決意を固めます…。 《ここでの3人の会話、良いんですよぉ〜♥できたら“吹き替え”で、詳しい言葉のやり取りをお聞きなってから、字幕+韓国語での視聴をお勧め致します》 《「興首」に、「お前が居てくれたらきっと旨くゆくはずだ!」と言われた「階伯」が、少し微笑むんです〜♥》 こうして三人の義兄弟達は、改革に向けての第一歩を踏み出します。そのためには、まず《政事巖会議》の編成を変えねばならないのですが、 「テヨン王妃」は「興首」達の提案を容易には受け入れませんでした。

              「テヨン王妃」の元へ送り込んでいる配下から、逐一情報を得ている「木(モク)妃」…。 「テヨン王妃」を利用する「興首」たちの様子も掴んでいます。やっと開かれた《政事巖会議》には、会議の開催を待ち望んでいた貴族達が同席するも、「成忠」達の提案に腹を立てて、会議の場から出て行ってしまいます。そうして、朝廷のやり方に不満を持つ貴族達は秘密裏の談合を持ち、対抗すべく策を練ります。この談合の場に乗り込んだ「階伯」」は、並み居る大貴族達を前にしても一歩も引くことなく、【井田制】に反発をする貴族達に向って、「民衆から不当に搾取輩と、国を侵略してくる外敵とは同じだ!許さない」と、一喝します。この「階伯」の言動に恐れを抱いた貴族達は、再度《政事巖会議》への同席を行います。

              「テヨン王妃」に事の経緯を説明する「興首」と「成忠」に、 「テヨン王妃」は改革を認める代わりに「木(モク)妃」と王子「ヒョ」を宮殿から追放するよう求めます。この提案に困惑をする二人… 政事に疎いであろうと、侮っていた「テヨン王妃」の思いの外にしたたかな手腕に、「恩顧」を犠牲にせざるを得ない状態を嘆きます。配下の女官からの急使で、この 「テヨン王妃」の動向を知った「恩顧」は、「信女(チョンダニャン)」を頼りますが、彼女は《神託を信じて、今暫く待つべき》との助言しかしてくれず、ついに「恩顧」はその手を血で染めてでも、 「テヨン王妃」から息子を守る決断を下します。この、「恩顧」の密命を受けた「イムジャ」は、“手練れの剣の使い手”を内官として王妃宮に潜り込ませ、深夜 「テヨン王妃」を暗殺させようとします。

              偶然に「階伯」と「チョヨン」は、事前にこの内官の身のこなしに不信感を覚えていたため、偲んできた偽内官を捕縛し、誰の指示だったかを問い正します。それを受け、「木(モク)妃」の寝室に暗殺者を伴った「階伯」が来室します。「イムジャ」は、頑なに「恩顧」の関与を否定しますが、「階伯」には全てが分かっていました。…入って来た「階伯」の様子から、言い逃れはできないと知った「恩顧」は、王妃暗殺の黒幕は自分であると明かし、惨めに生きながらえるよりはいっそ「階伯」の手で死なせて欲しいと涙ながらに縋ります。この、彼女の儚げな様子に「階伯」はそれ以上耐えることができず、「恩顧」をかき抱くと、泣き続ける彼女を優しく抱きしめ続けました。今の「階伯」には、そうすることだけしかできません。「階伯」は“王妃の暗殺未遂”という、本来ならば《大逆罪》を犯した「木(モク)妃」の罪を、こうして闇に葬り去ります…。

             …全ての手立てが行き詰まり、最早誰の手も借りられず、一人として自分たち母子を 「テヨン王妃」の魔の手から救う者が居ない…という現実に直面した「木(モク)妃」は、絶望に打ちひしがれながら「義慈王」の元へ向かい、彼の手を握りしめつつ「義慈王」への“恨み言”を吐露します。泣きながら自分の目覚めを願う「恩顧」…彼女の両手の温もりを感じた、「義慈王」は遂に!!その目を開きます!!「義慈王」の目覚めに「ペ〜ハーッ!!」と、叫ぶ「木(モク)妃」…。

             30話…(こちらは、29話のように詳しくは書いていませんっ私の“萌え”や“お勧め場面”のみです)
               「恩顧」の“怨嗟の言葉”を聞いて目覚めた「義慈王」は、自分が意識を失っていた間の、「恩顧」の窮状を聞き、「階伯」が彼女を守ろうとしなかったことや、 「テヨン王妃」達が自分を最早回復しない…、と思い込んで、国政を改革しようとしている事などをつまびらかに知ります。そして「恩顧」は、「義慈王」を失いかけた事で、今の自分の存在は「義慈王」が存命であってこそのものだ…と、痛感をし、かつて相愛の仲であった「階伯」は“百済(ペクチェ)の為”とあれば、自分を救ってはくれないのだと身にしみて分かったので、本来は復讐すべき相手の「義慈王」に、心からの支持を伝え、「義慈王」の愛情に応える事を打ち明けます。
             
              大粒の涙を流し、自分の回復を心から喜んで安堵している「木(モク)妃」の様子に、そっと彼女の頬に手をやり「泣くな…」と呟く「義慈王」…。「義慈王」は、「恩顧」の心をやっと自分のモノにする事ができたことを知ります。そんな「義慈王」は、優しく「恩顧」に「どうしたいのだ…?」と彼女の願いを尋ねます…。そうして、ここから「義慈王」と「木(モク)妃」の2人の恐るべき反撃が始まります〜〜(T^T)…(×_×)( 。-_-。)…!!2人は、自分たちに仇(あだ)なす者達全てを一度にそして、完膚無きまでに叩きつぶせる機会を伺い、絶妙のタイミングで 「テヨン王妃」や「階伯」達の目の前に登場します。

            2012年10月18日BS2930-4 280中.jpg2012年10月18日BS2930-5 280.jpg

              この、2人の平然とした様子に、宮廷の誰しもが驚愕し、平伏して「義慈王」の回復を喜びます。「階伯」は、先だって宮廷を追われた「恩顧」が、何故自分の見送りを撥ね付けたのか、やっと理解できたのでした。「恩顧」は、改革の犠牲となって宮廷を追われたと信じ、《これじゃ、アガシがあんまりにもお可哀相じゃないか!!》と、「興首」に八つ当たりをしていた「階伯」だったんですがねぇ〜〜σ(^◇^;)っ( ̄。 ̄;)…したたかな「恩顧」、ほんとにコワ〜〜イっ(×_×)…ここら辺りから、ジヒョssi のアイメイクがトンデモ無く凄くなっていきます〜爆!オヨンスssi 見たいな切れ長の目ではないジヒョssi は、こんな風に目の周囲にアイライナーを引くと、目を見開いた演技とかド迫力っ!!まあ、100年の恋も冷めるっちゅうくらいに、恐いです…「恩顧」が自分の《権力欲》に引き摺られて行くのに、ジヒョssi のキャスティングで良かった!と、思いますが、「階伯」との♥♥シーンではここが今イチネック…どうしても、パワー>色気になっちゃいます〜(^-^;)…。

              まず、手始めに 一番目障りな「テヨン王妃」を排斥し、次に 「テヨン王妃」に味方をした「興首」を処罰する「木(モク)妃」&「義慈王」ペア〜!!最強・最悪夫婦の誕生です!!さらに、“王権の強化”の為(=「義慈王」の独裁をする)に、【政事巖会議】を廃絶してしまいます!!このやり方もまぁぁ〜〜凄いよ〜〜「恩顧」ちゃんっっ!!「義慈王」の出来無い事を、その知略でやってのける賢い「恩顧」…。ここで、“静かなる信念の侠”「成忠」が、「義慈王」のもとへやって来て諌言を言うのですが、全く聞く気の無い「義慈王」の勘気を被り、陶製の“水差し”を投げつけられて額を割ってしまいます…。「成忠」のただならぬ様子に、「義慈王」への怒りを露にする「階伯」…。彼は、周囲の重臣達が手の平を返したように自分たちから離れ、保身に奔る姿にも心底腹を立てていたので、「義慈王」を止めるために自分が動こうと考えますが、「階伯」の動向は下手をすると百済(ペクチェ)の国が崩壊する!!と考える「成忠」と「興首」に止められます。
             
            2012年10月18日BS2930-6 280.jpg2012年10月18日BS2930-7 280.jpg

              30話で、何が注目かって言ったら、「恩顧」を演じるジヒョssi の表情です《政事巖会議》を廃止する際や、「信女(チョンダニャン)」が面会を求めてきて、「恩顧」を諫める場面で、なんとも言えない【笑っているけれど、笑ってない】…何とも言えない“嫌〜〜な笑い”を見せるのよねぇ〜(ノД`)…全く可愛くないぃ〜!!29話で、あんなに切なそうに縋って見せた「階伯」にも、立場が入れ替わった彼女は、凄い顔ツキで上から目線で「階伯」に謝罪を求めたりするのよ〜ガックリ…。「階伯」の性格をよく知る「恩顧」は、いずれ「階伯」は、自分から「大将軍」の官職を辞するようになる…と分かっていて、だから時期を待つように「義慈王」に進言しちゃいます。そうして彼女の思惑通りに動く事態…。ついには「階伯」が「恩顧」に跪いちゃうのっ〜!!爆萌え〜〜♥♥

              今回のイソジンssi の「階伯」は、なんと言っても“お目々”の演技!!(≧∀≦)n☆彡♥♥が“萌え”なんですっ、とにかく、相手をジ〜〜〜ッと見つめる場面(演技)が多い30話、そこでの【表情が無いけど、表情のある】お目々の演技が素敵なんですぅ〜〜♥♥最後のマンガの場面…「義慈王」の居る方を、じいぃぃっと睨み付けるイソジンssi 「階伯」の“お目々”っっスンゴク【血走って】マスのよ〜〜(゚◇゚)!!ほほっっ是非!!皆さま、ご堪能あれ〜〜♥ そして、最後に御紹介をするのは…29話のメイキング動画(YouTube)可愛い「チョヨン」ことヒョミssi とイソジンssi との和やかな現場〜

              お次は、MBCのドラマを専門に紹介をする番組=「Happy Time」の30話ダイジェスト(韓国語のみ)と、30話のNGシーン♪→NGシーンは、一番最後♥(お茶目な「義慈王」の爆笑NG爆!ソジンssi も笑っています、どっちも真剣な場面なだけに、余計に可笑しいんですよね〜)

              こんな楽しい現場でしたが、32話はもうっもうっ、「義慈王」&「恩顧」が更に【悪】に奔って大変です〜〜(×_×)( 。-_-。)…全て、遣りたい放題っ、益々「階伯」は苦悩を深めていくんです…( ̄。 ̄;)(^-^;)!つまりは、イソジンssi の“爆萌え”シーンが一杯ってこと〜〜♥♥ご期待下さい…!!


               …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

             …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。

             また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!


            앞으로도 계속 응원하겠습니다.
            (これからも 応援を続けていきます)

            리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
            (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより)

              …一週間以上も記事を更新できないでいたら、やっと《日本公式FC》さんで、会員先行予約の(抽選)案内が出ましたねぇ〜♥用意されているFC枠が、いったい何人分なのかは分かりませんが、会員でない人がこの優先チケットを手にできて、会員がその所為で抽選に漏れる…、という事にならなければ良いのですが…。一応、担当者の「韓さん」のお知らせでは、【日本公式FC】の正会員は、基本“抽選漏れ”はなさそう…ですが?!果たして?!

            カウントダウン.jpg 公式Fc1.JPG

               …大阪会場の《オリックス劇場》は、つい先日『EXILE(MAKIDAI)&愛之助丈』の【影武者独眼竜】(ただ今、東京公演の真っ最中です!どうか御覧下さい!!お勧めです!!)の公演を観劇した劇場〜♪♪とても良いホールで、2階席からでもステージが良く見渡せる素晴らしいホールなのですが、やや、一番近い最寄り駅からでも、歩かないといけないのが難点σ(^◇^;)…お年を召した方や足元の弱い方は、お時間の余裕を十分に見ておかれることをお勧め致します…。

              特に、地下鉄の御堂筋線の【本町駅】で降車した場合、下手をするとかなり歩くので四つ橋線の【本町駅】で降車される事をお勧めします。しかし、新幹線で来阪される方は、JRの【新大阪駅】から地下鉄に乗車をすると御堂筋線しかないので、いったん大阪駅まで出て、そこから地下街を少し歩き、【西梅田駅】まで行って、四つ橋線で【本町駅】まで行く方法も有りです…。 《大阪市地下鉄の路線図》こちら

              《オリックス劇場》の周辺はビジネス街に近い所為もあって、周囲にはお洒落なカフェやレストランから居酒屋や食べ放題まで、素敵な飲食店が幾つかあります。でも、どこもそう大きな店ではないので、“ファンミ”の後にファン同士でのお御食事を考えていらっしゃる方は、事前に調べておいて予約をしておかれると良いですよ〜♥ “ファンミ”のある19日は平日の夜なので、サラリーマンやOLさんの利用で賑わうと思いますから、4人以上のグループなら予約は絶対に必要でしょう…、ま、地下鉄で少し行けば繁華街の「なんば」や「心斎橋」に行けちゃいますから、その時はドンドン別のエリアで見つけて下さい〜〜ほんとっ♥♥大阪は、飲食店には困らない町ですから〜爆!!ご安心を〜〜♥♥

              前の記事から10日ほど間が空いてしまったので、情報が遅い話ばっかりになっちゃいました…。ただでさえ時間が無いのに、記事やマンガを書くために視聴しだしたら止まらなくなっちゃって…、「階伯」を32話まで一気に見ちゃったり〜あははっ、とにかく、10月20日は“ファンミ”のチケットを買いに行って来ま〜す〜♥♥  それでは、次回、「イサン」のレビューでまた、お会い致しましょう〜(ノ´∀`)ノ…(*^O^*)

            にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
            | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 23:41 | comments(4) | - | - | - |
            251.10.6「GyeBaek 階伯」BSフジ27話28話!!大耶城、皆殺し…非道な義慈王に天罰下る!百済(ペクチェ)の安寧を計るべく、大将軍を拝命する階伯!テヨン王妃に追い詰められる木(モク)妃=恩顧の怨嗟!!+阿呆浪士!+愛之助&MAKIDAI公演情報!
            0

               え〜っと…まずは、例のごとく、冒頭は余談から…本当は記事にする予定では無かったのですが、10月6日(土)、大阪は【オリックス劇場】で、 《影武者独眼竜》なる公演を観劇して参りました♥♥これは、私の贔屓…片岡 愛之助丈が、出演されるという事で、チケットを購入したのです!!お目当ては愛之助丈で、内容は二の次…という失礼な観劇の腹づもりでしたが…この劇中にな、な、なんと!! 「階伯」のBGMが使用されていた のです!!突然流れてきたBGM(歌ではありません)は、「階伯」で戦闘シーンなどに良く用いられている曲!!思わず心の中で「キャ〜っ♥」と、叫んでしまいました。使用されたのは一曲だけ、しかも一場面だけ、でしたが、突然の事に歓喜っ♪♪

              正宗1.jpg小次郎.jpg

                こちらの舞台は、今後東京の《シアター・コクーン》にて、2012年10月18日(木)〜10月28日(日)の間、公演が行われます…チケットがまだ入手可能かどうか?!は、お調べ頂くとして、機会がありましたら是非!!お出かけ下さい!!主役はEXILEのMAKIDAIさん!!本公演は開演から二時間、本当にノンストップのスピード感満載のお芝居!!EXILEファンでなくとも、十分にお楽しみ頂けるお芝居です!!公演会場には沢山の有名人から、出演者への“豪華な華”がプレゼントされていましたが、関西人のkabukimonには、このお二方は外せませんっ〜爆!!

              花2.jpgお華1.jpg


               
                こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

                 【ネタバレ】が絶対に嫌っ!!と言う方には、番組の視聴後に御覧頂くことをお勧めしますが、ここで全てを記事にして紹介をしているわけで有りません。しかし、かなり子細にドラマの展開を書いていますので、ご注意を〜〜( ̄∇ ̄)!!そんな、昨年のMBCで放映されていた「リアル視聴」直後に、アップをしていた記事に興味を持って下さった方は こちら  27話 28話を是非御覧下さい〜!!(ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)

              한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
              (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
                  

              여기를 클릭해 주세요

              All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
                   
              Please click here


               27話…
                「階伯」と「恩顧」の関係が、とうとう破綻をきたす前兆が描かれます。7年間前線で、生死を彷徨う激しい戦闘を繰り広げていながらも、「恩顧」を思いきることができずにいる「階伯」…。「金春秋」の計略により、「義慈王」に呼び戻された泗(サビ)の城下で、百済(ペクチェ)の行く末を案じた彼は、《政(まつりごと)》の世界に巻き込まれていきます。意を同じくする「成忠」や「興首」と共に「金春秋」の延命に成功したため、益々「義慈王」や「恩顧」とは敵対する関係に陥ってしまいます。
                ドラマを最後まで視聴しておられる方なら、結果的には「信女(チョンダニャン)」の神託を信じた「恩顧」の考えが正しかった事がお分かりでしょうが、“神ならぬ身”の不運…、「階伯」達は自分たちの命運を握る「金春秋(キムチュンチュ)」の命を救ってしまいます。公に「金春秋(キムチュンチュ)」を誣いる事ができなくなった「恩顧」は、ついには“毒香”を用いての暗殺!!という非常手段で自分の思いを通そうとするのです。

                偶然にも、この暗殺を未然に防ぐことに成功をした「階伯」は、「恩顧」のこのトンデモ無い行動の真意を理解出来ず、「恩顧」の変貌ぶりを嘆きます…。その「恩顧」は、「義慈王」の卑劣な計略により、「階伯」と引き裂かれた…という“最後のカード”を臭わしはするももの、はっきりとは言いません。「恩顧」の言動を訝(いぶか)しむ「階伯」…。やがて暗殺の危機に瀕した「金春秋(キムチュンチュ)」の元へ、忍び寄る黒ずくめの男達!!彼らこそ!「ムングン」が率いてきた「金春秋(キムチュンチュ)」救出部隊の一団…。彼らは、 ものの見事に「金春秋(キムチュンチュ)」を軟禁先の屋敷から連れ出し、新羅へと向います。この知らせを受けた「義慈王」は、「階伯」に一行の追跡を命じます。逃走する「金春秋(キムチュンチュ)」や「ムングン」達の先回りをし、一行の行く手を阻む「階伯」!!互いに死闘を繰り広げる中で、「階伯」は義兄「ムングン」と思わぬ再会をします。未だに恨みを抱き、自分を許していない義兄「ムングン」と刃を交わしながら、苦しげで哀しげな表情の「階伯」…。

                「階伯」率いる精鋭の“追撃部隊”の前には、流石の「ムングン」も抗しきれず、「金春秋(キムチュンチュ)」共々囚われの身となりかけた、と、その時…山道をやって来る騎乗の一団!不審に思う「階伯」の目に飛び込んできたのは、宿敵「金庾信(キムユシン)」!…事もあろうに、百済(ペクチェ)領内に堂々と進軍をしてきたのです。1万からの大軍を前に、形勢は一気に逆転…今度は「階伯」達の命が危機に瀕します。しかし「金庾信(キムユシン)」は、この場での決着は望まず「金春秋(キムチュンチュ)」の救出さえできれば良いと、「階伯」達を助けます。悠々と新羅軍に戻る「金春秋(キムチュンチュ)」を忸怩(じくじ)たる思いでみつめる「階伯」に、「金春秋(キムチュンチュ)」は「義慈王」への怨嗟の言葉を口にします。
               
                「恩顧」は、「金春秋(キムチュンチュ)」に対する対応で後手に回り、結局は「金春秋(キムチュンチュ)」の命を奪うことに失敗をします。この失策を「義慈王」に叱責される中で、愛して「階伯」から奪い取った筈の「義慈王」が、あまりにも自分を信用しないことに納得がいかず、「義慈王」をなじります。すると、「義慈王」は一枚の“布切れ”を胸元から取り出すと、母「善花(ソンファ)」の残した遺言だと言って「恩顧」に見せます。“実の父親”である「武王」ですら信用してはならぬ…。と書かれたその遺書を見せ、《これで、どうやって他人を信用できると言うのか?!》と本心をぶつける「義慈王」…、「恩顧」はもう、何も言えずに「義慈王」を見つめる事しかできなかった。

                「金庾信(キムユシン)」が百済(ペクチェ)との前線に加わった事で、急速に戦況は悪化…。奪い返された城を奪還し、百済領土の確保をすべく、「階伯」は直ぐさま作戦を練ります…「金春秋(キムチュンチュ)」の戦略の裏をかき、大耶(テヤ)城を狙う作戦です。この戦略に満足そうな「義慈王」、「階伯」の戦略に勝利を確信した「義慈王」は、突然!自らの出陣を決め、周囲を驚かせます。「階伯」の3日間にわたる猛攻と、「テ王子」を担ぎ上げようとして謹慎させていた「興首」を伴い、大耶城の内乱を起こさせるように仕向けた、「義慈王」との見事な連携で、大耶城は陥落をします。若い城主は「金春秋(キムチュンチュ)」の娘「コタス」の婿「キムブンソク」…、二人は投降すれば《兵士達の命を助ける》という条件を信じて、投降したのだが…。

                「金春秋(キムチュンチュ)」への恨みが募る「義慈王」は、その約束を反故にし、信義にもとる行為で、全ての将軍や兵士を惨殺し続けます。若い城主夫婦もその凶刃に倒れようとした時、「階伯」の遮る言葉が「義慈王」の動きを止めます…。突然の「階伯」の登場に、不快感を露にする「義慈王」…。おもむろに自身の長剣を「階伯」に差し出し、【王命】として、若い城主夫婦の処刑を「階伯」に迫ります!《戦場下》での上官の命令は絶対です、もしも逆らえば《死罪》は免れません!!「義慈王」の怒りに満ちた双眸を真っ向から見つめる「階伯」…将軍の下した“決断”はいったい…?!

                28話…
                この、28話は大変に激しく物語が動き、「階伯」の心情が大きく動く展開となります…、イソジンssi 演じる「階伯」の表情が二転三転…。苦悩と、驚愕と、懊悩と、絶望と、迷いと…そして再び新たなる“決意”を胸に、一回りも二回りも人間的に深い、大人物として成長していく姿が描かれます。「階伯」の心情が変化をする度に、“どアップ♥♥”になるイソジンssi 〜その表情のどれもが、「階伯」の“深い奥底の心理”を表現していて、“萌え度”満点っ!!

                 「階伯」は、“戦場であっても”あくまでも“信義”は大切であると、尚も「義慈王」の説得を試みますが、頭に血が上ってしまっている「義慈王」には、伝わりません。どんな時も“義”や“信”を重視する「階伯」は、とうとう【王命】を敢然と拒否してしまいます。こうして、「義慈王」は思い通りに大耶城の新羅軍を全滅させ、「階伯」の命を絶つ絶好の口実も手に入れてしまいます。この「義慈王」のあまりにも常軌を逸した行為に、「興首」が溜まらず諌言をすると、酔っていた「義慈王」は更なる暴挙に出ようとします。
               
                周囲の将軍達も、深酒に酔い「ソラボル(=新羅軍の本拠地)」攻撃などという、暴挙に走ろうとする「義慈王」を止められません。進軍を続ける「義慈王」をタイミングをみて静止しようとした時、「義慈王」が馬を走らせて軍を置いて行こうとします。慌てて追う将軍達に襲いかかるのは、新羅軍の奇襲部隊!!とうとう、「義慈王」は自軍とはぐれ、新羅軍に取り囲まれてしまいます。なんとか踵(きびす)を返して逃げ切ろうとした「義慈王」でしたが、騎乗する馬の足に矢が刺さり、驚いた馬に振り落とされて頭部を岩に強打して動けなくなります…。あわや絶命の危機っ!!という場面で、「恩顧」に命じられて「義慈王」を探していた「階伯」に救出されます。

               更なる新羅軍の追っ手を「義慈王」から遮る為に、「階伯」達は奮戦をしています。その、追っ手の新羅軍の中に、義兄「ムングン」がいました。互いに複雑な表情を見せるも、直ぐさま刃を交えて生死をかけた戦いを始めます。その最中、「階伯」は「ムングン」にあることを話して、なんとか攻撃を止めさそうとします。それは、義母「ウルニョ」の存在でした…。この、言葉に少なからず動揺をする「ムングン」…、新羅(シルラ)兵と百済(ペクチェ)兵が、互いに死力を尽くして戦っている戦場で、二人の動きが止まります。一瞬の沈黙の後、背後から「ムングン」を襲ってきた百済(ペクチェ)兵の刃から、とっさに「ムングン」の身体を押して庇う「階伯」…。今度は、「階伯」の背後から新羅(シルラ)兵が襲いかかり、これを「ムングン」は自身の刃を投げつけて倒し、「階伯」を救います…。

                両軍の戦闘が続く中、この事を契機として「ムングン」は「階伯」と共に、新羅兵を倒していきます。やがて、「階伯」達の百済(ペクチェ)軍が勝利した事を確かめると、「ムングン」は静かに森の中へと姿を消していきます…、その背中に言葉を失い、ただ見つめるだけの「階伯」…。

                落馬して頭部を強打した「義慈王」の容態は思わしくなく、泗(サビ)城下に戻っても、治療の効果が出ず意識は戻らないまま…、ここで、「義慈王」の崩御を心配して、宮殿中の者がそれぞれの立場で思惑を巡らし、水面下で攻防を始めます。「テヨン王妃」の息子と「木(モク)妃」=「恩顧」の息子、いずれが「義慈王」の後を継ぐのに相応しいか?!貴族達も巻き込んで宮殿を二分する騒動に発展していきます。あくまでも【武人】として、中立でありたい「階伯」でしたが、他国の侵入を防ぎ百済(ペクチェ)軍の統率を目的とした要請に、遂に!!【大将軍】の任を“拝命”します!

               この拝命式での、ソジンssi の動きっ〜〜白い長剣を、クルリッと回転して持ち直す場面っ!!“爆萌え”♥♥…とまぁ、ここまで一気に書込んでしまいましたが、今回の28話のkabukimonのお勧めは、ここからなんですぅ〜〜♥♥ 

                形勢不利な「木(モク)妃」=「恩顧」が、自分に寄せる「階伯」の気持ちを利用して、最後の“賭け”に出るんです。息子の命を守ろうと必死の彼女は、「チョヨン」を説得して「階伯」との密会を計画します。「階伯」の思いを利用しようとする、「恩顧」を許せない「チョヨン」ではありますが、結局は二人を引き合わせてしまいます。でも、そんな自分をどうして良いのか分からない「チョヨン」をヒョミンssi が好演!!…見ているこちらまで、切な〜〜い気持ちにさせられますね〜(T^T)…(。・ω・。)

              2012年10月05日BS2728-1 280.jpg2012年10月05日BS2728-7 280.jpg

                 「恩顧」は、こうして必死の思いで縋(すが)った「階伯」に拒絶されたことで、遂にある行動に出てしまいます!!「恩顧」の話に驚愕をする「階伯」…!!更に事実を探る内に、 「成忠」や「興首」にも騙されていた?!と分かり、激しいショックを受ける「階伯」…。「成忠」「興首」の二人を前に、父「ムジン」の愛刀を投げ出し、全ての事を捨てて立ち去る「階伯」…。そんな彼は、いったいどうなってしまうのでしょうか?!…「恩顧」は、縋った「階伯」に拒絶されたことで、いったいどんな方法で、「テヨン王妃」の魔の手から、息子の命を守りきると言うのでしょうか?!意識の戻らない「義慈王」の命はこれからいったいどうなるのか?!28話の後半から、次が気になる次回の29話までの間に、これらの疑問が次々と明かされてゆきますっ!!(●^o^●)♥♥…最後のマンガのシーンは、私の大好きなイソジンssi 「階伯」の表情の一つなんですぅ〜(城郭の上にて…)♥♥

              2012年10月05日BS2728-2 280.jpg2012年10月05日Bs2728-4 280.jpg

               次回29話の【過去の記事】は…【ネタバレ】が絶対に嫌っ!!と言う方にはお勧めいたしませんが、「リアル視聴」後の、29話のレビュー記事を制作していた頃は、時間が厳しい時だったので、ほぼ《マンガ》のみっ〜(-^〇^-)♪爆!!ですから、お気軽に覗いてやって下さい〜♥♥


                …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

               …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。


                また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!



              앞으로도 계속 응원하겠습니다.
              (これからも 応援を続けていきます)

              리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
              (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより)

                   

                …既に、公演は終了をしておりますが…観劇をして参りましたぁ〜「イサン」「階伯」と、イソジンssi の吹き替えでお馴染み、川島得愛さんが所属しておられる劇団!!「ドラマティック・カンパニー」の舞台「阿呆浪士」 (YouTubeの動画)…です!!大阪は“一心寺シアター”という劇場にての公演…。当初は、夜公演だけを観劇すべくチケットを購入したのですが、偶然にも昼公演の当日席が購入出来、2度の舞台を観劇する事ができましたぁ〜爆♥♥今回の公演のもう一つの関心事は、【構成・演出 】に加納 幸和さん のお名前があったからです〜♪♪私の憧れの劇団「花組芝居」で長く活躍をしておられる方(現在は主宰)、でも現在に至るまでこちらの劇団の観劇の機会を逃し続けていて、後悔しきり…(T^T)…(。・ω・。)…(T^T)…。

              加納さん.jpg川島サイン.jpg中尾さん.jpg

                本来ならば、事前にこちらの劇団の皆さまの、ご活躍を確認してから観劇をすべきところ、時間に追われていたkabukimonは、正直、川島得愛さんだけをお目当てに、この日劇場に足を運びまして…ですから、開演前の“ご注意テープ”から流れてきたお声にビックリ!!「バ、バイキンマン(中尾隆聖さん)がしゃべってる?!」そう…、“知らない”とは実に恐ろしい〜。観劇を済ませたあと、もうお一人の主役!の声に、聞き覚えはあるものの、いったいどこで耳にしたのか?!が分からず…帰宅後に“検索”をしてまたまたビックリ! 「仮面ライダー電王」のモモタロス(関 俊彦さん)じゃんっ!!(知っている人、少ないと思いますが…)かぁ〜〜そうかぁ〜(T^T)…(゚◇゚)だから、あの何とも言えない台詞回しに、聞き覚えがあったのよ〜〜♪♪道理でぇ〜〜、と、納得しきり…

                こちらの劇団「ドラマティック・カンパニー」の皆さまが、多く所属しておられる事務所が、 《81プロデュース》 …こちらのサイトを覗くと、ベテランから若手まで、きら星のごとく声優さんが所属をしておられまして、中には“ダンゴ三兄弟”の歌で有名な「速水けんたろう」さんのお名前も…(声優さんのサンプルボイスが聞けて、ほんとに楽しいですよ〜♥♥)

              川島お顔.jpg2012年10月05日BS2728-5 280.jpg2012年10月05日BS2728-6 280.jpg
               
                お話しは、有名な“忠臣蔵”をベースに、独自の解釈を加えた新しい切り口の脚本で、“笑い”あり“涙”あり、の素敵な舞台でした…早速劇団の会員メンバー登録をしちゃいました〜爆!!客演には「伊藤つかさ」さん♥などの実力者が顔を揃え、実に展開が早く、分かり易い演出!!川島得愛さんは、他の団員の皆さんと、《アンサンブル・各自5役を担当》として参加…、イソジンssi を連想させるような台詞は残念ながらありませんでしたが、“殺陣”に“笑い”に“ダンス”に“組み体操?!”にと…大活躍っ!《赤穂浪士》としては、かの有名な「大 源吾」役っ!カッコイイ殺陣を披露しておられました…(でも、夢の中の殺陣なので、現実には無い「吉良 上野介」に背後から切られちゃうというシュチュエーション…)

                わたくしkabukimonは、吉原の《三浦屋 遣り手 お熊》を演じておられた、 小田木 美恵さんの演技に、かなり“萌え〜”でございましたっ!!彼女があの、「浅野内匠頭」の“思い人”って、なかなかのアイディア〜♥彼女の最後の引き際、も、カッコイイんですよぉ〜♪♪公演の記念に、限定発売のサイン入りポスターやDVD付きのパンフレットなどを購入〜上記の黄色い丸の中に、川島得愛さんのサインがあります…♪♪

                全ての公演が終了した現在では、期間限定で、“ドラマティック・カンパニー”の会員だけを対象とした、 「阿呆浪士」ネットオークションなるモノを開催中!!収益の一部を震災復興への一助とされるとのこと…私も参加しております〜爆!!なんとか、川島さんのサイン入りのグッズが手に入ると良いのですが〜〜♪(≧∀≦)n☆彡♥♥

                それでは皆さま、“秋の夜長”をイソジンssi の作品で楽しみましょうねっ〜♥♥
                次回は「イサン」のレビューでお会い致しましょう〜♪♪

              にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
              | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 23:58 | comments(2) | - | - | - |
              249.9.26「GyeBaek 階伯」BSフジ23話24話25話26話!!泣き虫ケベクからお髭の将軍(チャングン)へ…!階伯の受けた心理的抑圧と出口を失った恩顧への愛…!!義慈王に向けられた復讐の一念が、百済の英雄を産む!英雄「階伯」への嫉妬心に翻弄される義慈王!…レビューまとめ!
              0
                 
                2012.9.29 追記 :昨夜、ツイッターで《イソジン .com 》にこんなツイが上がりました…韓国語で上がったモノを“翻訳”したものと、両方を御紹介致します〜♥♥最後の「D」は、もしかしたら西洋の方がネットで良く使用する顔文字の「:D」(=笑い顔)…かも知れませんね…イソジンssi ご本人のツイだとしたら、本当に嬉しいのですが…真偽のほどは?!

                秋夕.JPG秋夕和訳.JPG


                  こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

                  ところが、9月8日の“ソウルでのファンミ”前後から、番組紹介のレビュー記事が滞る事態が発生!!既にBSフジの本放送は26話まで終了…ここは、本放送に“追いつくべく”23話&24話&25話&26話を一挙に御紹介してしまおうっ!!と決めました!!( ̄。 ̄;)σ(^◇^;)…

                 “ファンミ”が終わって、一週間ほど経つと、思いもよらない感情がドンドンと溢れ出て、とても困っています。それは、“後悔”とか、“悔しさ”とも言える感情で、「ああすれば良かった…」「こうすれば良かったのに…」などと、マイナス面の感情が大きく膨らんできているのです…。人間って、何故こうも“欲が深い”生き物なんだろう〜【実物のイソジンssi 】と出会い、握手までしてきたのにもかかわらず、 【喜び】を上回る“マイナス”の思い に、こんなにも捕われてしまうだなんて…。何となく「恩顧」と「義慈王」の気持ちが、少しだけ分かるような気がします…彼等が「階伯」に関して【妄執】し、“権力の座”に【固執】した感情が、ほんの少しだけれど…(ーー;)(。・ω・。)…
                 

                한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
                (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
                    

                여기를 클릭해 주세요

                All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
                     
                Please click here



                 で、まずは、昨年のMBCで放映されていた直後にアップをしていた記事を こちらから 是非御覧下さい〜!
                23話24話25話26話 (ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)

                 23話…
                純粋で、一途な「階伯」にとっては、「恩顧」や「義慈太子」の選択は、「恩顧」の命を助けるため…と分かってはいても、とうてい容認できる話ではありません。ましてや、“恩讐を越えて信じ、仕えてきた”「義慈太子」が、「恩顧」を密かに想い続けていた…という衝撃の事実!!そして、その「義慈太子」から突きつけられた【無力な自分】という現実…。「恩顧」を救うべく、《破獄などという無謀な策》も含め、あらん限りの策を講じるも、「恩顧」を救う為には何の力も無い事を、まざまざと目の前に突きつけられる「階伯」…。

                  「義慈太子」に嫁してゆく「恩顧」の輿を、ただ黙って見送ることしか出来ない「階伯」は、膝を抱えてうずくまり、自室に籠って自分のやるせない気持ちと向き合うしか為す術がない…。そんな「ヤングケベク」の心根を、痛いほど全身から滲ませて演じるイソジンssi、“力のない、泣くだけ”の、とても新羅軍を撃退した将軍とは思えない、弱々しい「階伯」の描き方に、《力強い英雄としての》「階伯」像を期待していた韓国の視聴者には、不評でしたが、“血肉の通った、人間”としての「階伯」の心理的な葛藤に踏み込んだ、《新しい切り口》による脚本と演出…!!

                 24話…
                嘘はいつかはばれるモノ…、「義慈太子」の考えたシナリオは、「テヨン王太子妃」の嫉妬心の前に脆くも崩れ去ります。この機に、「恩顧」の救出を強引に行うと決心し、カマクチェに引きこもっていた「階伯」は宮殿に駆けつけ、共に逃げるべく「恩顧」の手を携えて牢を破ります。「階伯」はそんな2人の前に立ちふさがる「義慈太子」を睨み付けますが、過酷な運命は「恩顧」の妊娠により「階伯」を失意のどん底に突き落とします…。
                 
                 もはや「恩顧」は、手の届かない場所に本当に行ってしまった…、と分かった「階伯」には、これ以上《サビの都》に留まる理由はありませんでした。「成忠」と「興首」の2人に見送られ、城外へと旅立つ「階伯」…その姿をひっそりと見送ろうとした「恩顧」…、その視線に気が付き互いに見つめ合う「階伯」と「恩顧」…。これまでの純粋で泣き虫な「階伯」と、肩肘を張って孤軍奮闘して生きてきた「恩顧」最後の姿です。この場面から後に登場する2人(正確には3人「義慈王」も…)は、役者の表情も、メイクも、衣装も…全てが変わってしまっています。この、7年後…のシーンから、ドラマ「階伯」の展開は大きく変化した!!と捉えています…。

                 25話…
                戦場において“鬼神”のごとくに「新羅(シルラ)軍」を打ち破り、快進撃を続ける「階伯」…。7年間、ただの一度も《サビ城下》に戻らず、着々と「新羅(シルラ)」の城を陥落させ続ける「階伯」の存在は、“王”となった「義慈王」にとっては、胸に突き刺さったままの“楔(くさび)”のようなもの…。周囲が「階伯」の功績を讃えれば讃えるほどに、その胸の“楔”は痛みを増して彼の心に突き刺さる!!そんな「義慈王」の心の奥底には、“王権”の強化に生涯をかけた父…、「武王」の遺言が《澱(おり)》の様に染みついて離れない…。一方の「恩顧」は、とうとう、「義慈王」の“卑怯な策略”によって、愛すべき者(木一族や行会)を失ったのだ!!という真実を知ることとなる…。

                 7年経ったにも関わらず「階伯」、「義慈王」、「恩顧」の三者の関係は以前の“ゆがみ”を持ったまま…。いやむしろ、それ以上に、各自の中で、お互いへの感情は複雑に変化を遂げていた。戦場へ、「階伯」の戦果を祝いに行った筈の「義慈王」は、自分よりも「階伯」への忠誠を誓う軍人達の姿に、“苦々しい思い”をさせられる。「階伯」は、7年間戦場で“連戦連勝”の戦果を上げたのは、「義慈王」と「恩顧=木(モク)妃」への復讐心からだ…と、「義慈王」に吐露する。断ち切った筈の「木(モク)妃」への感情が、いざ目の前に「恩顧」が立って会話をした途端に、心が乱れ、彼女の“手製のケープ”を手にすると、胸の苦しさに立って居るのもやっと…という有様になるほど…。

                 26話…
                こうした、百済(ペクチェ)中枢人物の、微妙な人間関係を利用し、国の内部からの揺さぶりをかけようと、百済(ペクチェ)へ単身乗り込んできたのが、「新羅(シルラ)」の策略家「金春秋(キムチュンチュ)」!!知略に長ける彼は、“唐”の官吏としての立場で、敵国である百済(ペクチェ)の中枢に堂々と入り込む不敵さ…!!そんな、「金春秋」を利用するつもりだった「義慈王」は、心の内を見透かされ、逆に策略に踊らされてしまう。“王”としての自分の立場が、《人心掌握に長けた》「階伯」に取って代わられるのでは?!という“恐怖心”と、幼少期〜青年期にかけて身についた、“他人への不信感”で、「階伯」の忠誠心を信じ切ることができないでいたからだ。

                 もしも、「恩顧」が「階伯」の妻になって、幸せに暮らしていれば「義慈王」の心理的抑圧は無かっただろうが、“卑劣な手段”を持ってして、「恩顧」を「階伯」から略奪している「義慈王」は、「金春秋」の計略に気がついていたとしても、最早、自身の「階伯」への猜疑心を押さえられなくなりつつあった。ここで、調子づいた「金春秋」は、更なる次の手を打ち百済(ペクチェ)に揺さぶりをかけるが、この手は大きな波紋を呼び彼は自分の命を危険に晒す羽目に陥る!!この機を逃さず、百済(ペクチェ)害をなす「金春秋」の殺害を目論む「義慈王」と「恩顧」…しかし、ここで「階伯」と「成忠」が性急な「義慈王」の決断を忠臣として諫めるのだが…。「階伯」は「金春秋」の断罪の為に、なりふり構わぬ「木(モク)妃」の行動が理解出来ず、直接彼女の話を聞く。ここで、「恩顧」のトンデモ無い本音を聞かされる羽目になるのだが…。

                 …23話から26話までの過程で…、
                「階伯」はガラリと印象を変化させます。もちろん7年もの歳月が経った、という設定そのものが、大きな時間の流れを表現していますが、それ以上に、《サビ城下》で、凱旋将軍として帰還した「階伯」は、“権力の使い方”を知らなかった状態から、「カヒ」を救い出した事で、《権力》というパワーの存在を強く意識する事になります。周囲の者達が、《大きな力で物事を動かすこと》に躍起になる理由が少しだけ分かってくるのです。

                それでも、「恩顧」がその《権力》を行使して、政(まつりごと)に関わる事を、「階伯」は好ましく思いません。彼女が変わっていくと感じたからです。しかし、皮肉なことに、「恩顧」はこの“パワー”の使い方に長けていたために、「階伯」を助けるべく尽力します。裏で“陰湿な計略”を巡らせる「義慈太子」の存在もあって、「恩顧」は「階伯」の手の届かない存在になります。ここに来て、「階伯」は《自らの持つ力=権力》が、何をおいても必要なのだと…悟るのです。

                《サビ城下》を立ち去る「階伯」は、自分を見送り涙ぐむ「恩顧」を見て、その胸中にどんな思いが去来していたのでしょうか…。ここで、イソジンssi が見せる“苦しそうな一瞬の微笑み”、愛する「恩顧」を泣かせたくは無いけれど、これ以上は彼女を見つめて笑えない…という切ない表情…。「階伯」が、戦場で戦い続けていた時、《サビ城下》で経験した《権力》の存在の重要性を、常に考えていたのでは無いでしょうか?!「義慈王」や「恩顧」のように、政(まつりごと)では、自分の力=権力を発揮出来ないが、戦場下では、十分に《権力》を行使できると、7年間で自信をつけたのです。

                今後の「階伯」は、この7年間の実績があるからこそ、「義慈王」にも一歩も臆すること無く、進言できる“真の将軍(チャングン)”へと、進化を遂げていたんです。でも、そんな「階伯」も、こと、「恩顧」の事となると、7年の歳月を経ても、精神的に乗り越えられてはいませんでした…。彼女と対面し、心が乱れる自分を知ったとき…「階伯」はどんなにか辛かったはず…。でも、ここで「なんであんな女にそこまで…」と多くの視聴者は感じますよね?!でも、「階伯」が“イリ(狼)”であった時代を耐え抜いて来られたのは、誰あろうパクウンビンssi 演じる「恩顧」なのです…♥♥わはははっジヒョssiゴメンねッ♪♪

                2012年09月27日BS23~26-1 280.jpg2012年09月27日BS23~26-2 280.jpg

                《サビ城下》に呼び戻された「階伯」…真の百済(ペクチェ)の英雄として、忠実な臣下として、「階伯」の存在感はいやが上にも大きく、そしてまたそのカリスマは他の追随を許しません…ここに、ドラマ「階伯」の悲劇が潜んでいるのです…。「義慈王」の妬みを、一心に受けていく「階伯」…自分がもっとも嫌う【権謀術数】のまっただ中へと、そして愛する「恩顧」との葛藤が待ち受ける今後の展開…最終話まで本当に見応えありっ!!ですね…あ、でも、カットはよくよく考えて下さいネ♥♥BSフジ様〜♥


                  …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

                 …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。

                  また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により紹介した場面が放映され無かった可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!


                  さて、いよいよ次回は!27話…!!【ネタバレ】が絶対に嫌っ!!と言う方には、番組の視聴後に御覧頂くことをお勧めします…。ここで全てを記事にして紹介をしているわけで有りませんが、かなり子細にレビュー(=粗筋)を書込んでありますので、楽しみが半減しちゃうかも?!( ´艸`)!!…「リアル視聴」後に書いた次回27話について、のレビューです!!この、27話では、私が待ち焦がれていた【あの人物】が、遂に登場ッ「お久しぶりぃ〜待ってマシたぁ〜♥」なんです…、さあ、この久々に登場する…【ある人物】とは??

                 今回のレビューは、本放送に追いつくために、ほぼ“過去のネタ(記事)”に依存した内容になってしまいましたが、これでなんとか追いつきました…新鮮味のない内容なのに、最後まで読んで下さって、ありがとう御座いましたm(_ _)m…♥♥



                앞으로도 계속 응원하겠습니다.
                (これからも 応援を続けていきます)

                리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
                (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより)

                  …これまで、沢山の美しいお写真や、韓国国内での活動や、イソジンssi の撮影現場訪問レポートなど、沢山お世話になってきた、 《韓国公式FC》のサイトが、リニューアルする事が、正式に最終決定しました!!新しいFCのスタートは11月11日(日)です!!まだ、お知らせだけで、詳しい加入方法などの情報はありませんが、これまで同様か、それ以上のサービスを歌っています…。ハングルの文章を翻訳ソフトにかけてあるため、細かい部分のニュアンスなどは多少違うと予想されますので、あらかじめご了承下さい!!

                  現在の《韓国公式FC》では、見かけなくなりましたが、一時はこんな“ロゴ”がソジンssi のお写真の代わりに貼ってありました…

                前韓国公式FC1290.jpg
                 

                 で、実際の記事(和訳ソフトで翻訳をしてある画面)はというと…、

                韓国FCフック1.JPG

                韓国公式FCフック2.JPG

                  …と、いうメッセージが上がっていました♪♪…ここで、「MD商品」とありますが、他の韓国の“イソジンssi ファンサイト”をお訪ねして、様子を聞いてみますと、どうやら何かの説明の省略形であって、《音源がMD》という訳では有りませんでした!!“ファンミ”で販売されていた物と同じ、ポスターやアルバムの付いた、《ミニアルバム》のCDであるようです。しかし!!『ファンミで販売されていたCD』と大きく違う点があります〜(●^o^●)♥♥それは、イソジンssi の直筆サインが入っていない!!という事です…。

                  それでも、「付属のポスターや、イソジンssi の歌声が手に入った」と、韓国のイソジンssi ファンは大盛り上がりっ!!分かりますよぉ〜〜そのお気持ち…(≧∀≦)n☆彡♥♥

                ゴルフねた320.jpg

                  でもって、最後に貼り付けた“とあるブログの文面!!”…よく御覧頂くと、私の引いた赤の棒線部分は「이서진」となっていますでしょう?!この記事は、韓国の“ゴルフ好き”の方達が集まっているグループの記事なんですが、これ以上は正式な会員でないと閲覧できません〜〜(T^T)…(×_×)でも、写真を拝見すると、『イソジンssi をゴルフ場で見かけて、イソジンssi のゴルフバッグがこの中のどこかにある〜〜爆!』といった感じの内容に感じます(一部分は翻訳ソフトが使用できたので)…現在発売中の、雑誌「VOGUE JAPAN」の中で、ソジンssi は、イスンギssi と対談をしておられますが、「ゴルフばかりしてる〜」と暴露されていますから、きっとあちこちのゴルフ場に出没をしておられるんでしょうねぇ〜〜(*^O^*)ヾ(^v^)k〜!!

                VOGUE1.JPG

                 ゴルフの得意な「いとこ猫娘」は、10月〜11月の週末は、ほぼ予定が空いていません!!接待ゴルフなどの予定がビッシリ〜〜!!きっと、イソジンssi も同じ状態かと…爆!!

                 それでは、次回は「イサン」のレビューでお会い致しましょう〜♥♥ 
                にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
                | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 23:47 | comments(5) | - | - | - |
                243.9.1「GyeBaek 階伯」BSフジ22話!イ・ソジンssi 階伯の若さの秘訣は?!カヒを救った階伯…将来二人は?!武王、密かに階伯の失脚を画策す!恩顧アガシ階伯を助けるべくキミと取引!義慈太子の最低な行動が階伯と恩顧を絡め取る!次回23話もついでに御紹介…♪
                0
                   

                     2012.9.4追記:明日5日、お昼の12:15より韓国MBCの「リアル放送」で、イソジンssi が先月ハビタットのボランティアをされた番組が放送されるようです…詳しい番組の情報はこちらっ!!放送後、暫くしてから番組内の様子をまとめた記事もでるようですね…それはこちらから〜ソジンssiの出てくる回は、99回ですから、今後要チェックです〜〜(どちらもクリックすると韓国語で表示されますが、“翻訳機能”を使うと和訳が出て来ますよ〜♥)


                  うっキャ〜〜(≧∀≦)n☆彡,゜.:。+゜♥♥ …最初に拝見した時はイソジンssi のあまりの“カワユサ”に“爆萌え”MAX!!でしたよぉ〜♥♥
                  …これでアラフォーだなんて…両手で「안녕 」← アンニョン (さようなら〜)♥♥って〜キャ〜キャ〜っ(@^▽^@)♪♪  今夜は台湾の夜をイスンギssiと、楽しんでいらっしゃいますよぉ〜♥♥  2012.9.2追記【韓国公式FC】で知りましたが、イソジンssiはイスンギssiとは全くの別行動(別日)で、台湾入りをしています…!!どうやら【イスンギssiのファンミ】に、サプライズゲストとして登場するための様で、そのため、ソジンssi のFCへのスケジュールにも公表をしていなかった…って事のようです!!ですから、台湾エリアのイソジンssi ファンは大慌てしているみたいです〜σ(^◇^;)っ( ̄。 ̄;)!!早速【イスンギssi のファンミ】のチケットを取って、参加されるご様子〜!!(流石根性あるわぁ)…なので、2日の夜には情報がはっきりすると思いますぅ〜♥♥

                  直前メッセージ.JPGファンミグッズ3.JPG

                  ファンミグッズ2.JPGファンミグッズ1.JPGファンミのグッズ 2.jpg

                     【ファンミーティング】限定販売…と銘打った、グッズの紹介も…“日本公式FC”さんに登場!!【マグカップ】は分かるし、【ミニアルバム】も妥当な気がしますが、何故か?!お歌が2曲?!( ̄。 ̄;)σ(^◇^;)…いったい、どういう選曲で、どんな曲が入っているのでしょうか?!爆!!この時の、レコーディング風景が【ミニアルバム】に掲載されているみたいで〜、チョッピリ“レア”なムードですが、まああ、昨年の例もありますからねぇ〜(^-^;)…でも、今回は昨年の参加人数をかなり上回って340人程度の参加者…と、教えて頂きましたので、グッズはかなり売れちゃうでしょうねぇ〜爆!!

                    こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!
                   また、昨年のMBCで放映されていた直後にアップをしていた記事に興味を持って下さった方は こちら を是非御覧下さい〜!!(ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)


                  한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
                  (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
                      

                  여기를 클릭해 주세요

                  All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
                       
                  Please click here



                    今回の22話…思えば昨年の「リアル視聴」の時に、韓国語がさっぱり分からないので、“イライラ”して視聴をしていましたぁ〜爆!!それが、1年もしないうちに、こうして《吹き替え》で楽しめるだなんて…私達、日本のソジンssi のファンは本当に幸せですっ…(*´∀`*)…「リアル視聴」時の前半は、なんとな〜〜〜く分かったのですが、前佐平の「キミ」が絡んできた辺りから、頭の中は「???」のオンパレードっ!!〜「成忠」と「興首」が「義慈太子」との会話で、“井”の一文字が出て来た時、これは確か“歴史の教科書で習った?!”なんて思ったり…爆!!

                    ドラマの冒頭近く…、八百屋の店主の讒訴により無実の罪で投獄された「カヒ」…可愛い彼女を救うべく官庁へ乗り込む「階伯」っ!!“軍服”こそ着ていないですが、“将軍(チャングン)”らしさがすっかりと板に付いた感、のある「階伯」…♪♪…店主や官吏を厳しく叱責するお姿と、その“力強いお声”にクラクラ〜〜♥σ(^◇^;)…なのに、「カヒ」を負ぶって歩く道すがらの会話で聞かせるのは、優しい穏やかな「階伯」ニム(様)の美声〜っ♥特に、kabukimonのここでの“萌え言葉”は、「カヒ」が、“自分の成長した暁には約束事を聞いてくれる?!”と、「階伯」に甘えて聞くと…「クロ〜〜ンム♥(もちろんさ)」の台詞〜♪♪きゃ〜〜〜♥♥何度聞いたかしらここの“お声”〜〜♥♥「カヒ」相手の演技…いつもソジンssi “癒しの微笑み”をしてくれるので嬉しいです〜♪♪彼女は本当にアッチこっちのドラマからオファーが耐えません…今度は、新番組で「イサン」の子役パクチビンssi と共演していますね〜♥

                  2012年08月29日BS22-1 280.jpg

                    でも、ここで「階伯」は、《将軍》という役職と《百済(ペクチェ)の英雄「階伯」将軍》というブランドを極、当たり前の様に使用して「カヒ」を救います。このことで、「成忠」に諭され、“権力”の必要性と“使い道の重要性”を意識させられてしまいます!!〜敬愛する「成忠」ヒョンニムに、【政事を嫌って、辞職する事は簡単だが、一庶民になって出来る事は自ずと限られる…、それでは《真の改革》や《理想とする、民衆の為の世!》の実現は叶わない】…と理路整然と説かれては、「階伯」も考えざるをえませんよね〜〜σ(^◇^;)…そんな、「成忠」の名台詞っ!!「階伯」相手にスラスラ〜〜〜っと名調子…この、長台詞をなんと“ワンテイク”一発勝負でNG無しっの素晴らしいチョンノミンssi の動画が、MBCのサイトで、視聴出来ちゃいますよぉ〜〜♥

                   MBCに会員登録をしていなくても、この動画は視聴出来ますが、MBCが契約をしている企業のCMが最初に1〜2本流れます(これが〜、その時のデータ通信の混み具合では、始まるのがとっても遅くなる…場合がございますので、お知りおき下さい)。こちらをクリックして頂いて、一番下に「成忠」の顔がうつっている26番(「成忠」の写真)をクリックして、御覧下さいっ♥イソジンssi も、もちろん傍でチョンノミンssi の演技を受けて座っています。「イサン」同様、ここも、本放送では互いに向き合って会話の応酬がされている様に編集をしてありますが、現場ではお互いの台詞は相手の台詞があったと仮定して撮影し、それを編集作業で切り貼りしている事が多いんですヨね〜♪( ^^)( ̄∇ ̄)♪…でも、もしかしたら、この場面は「階伯」サイドのアップ用のカメラがあって、一度に撮影をしているかも?!…って褒めていたら、しっかりチョンノミンssi のNGのキッツイ場面もくっついていたりしてぇ…「成忠」の台詞、ややこしい言葉が多そうだもんねぇ〜( ̄。 ̄;)…

                  2012年08月29日BS22-2 280.jpg

                    「義慈太子」の“腹黒い真意”なんて、全く考えもしない「階伯」は、ただ「恩顧」アガシを守る方法として、叔父「モクハンドク」の動向を見張ります。 ここで、長年「恩顧」を間近で見守ってきた「チョヨン」は、「恩顧」がよりにもよって【沙宅一門】の一員である、“前佐平”の「キミ」に会いにきたのだ!と知って驚き、思わず腹立たしさから「キミ」の喉元に刃を突きつけます!!…「キミ」に会うことが、何を意味するのか…重々分かっている「恩顧」ですが、暗躍をしている「義慈太子」が「階伯」の救出に積極的でない分、彼を救う“最善の策”であるために、選択の余地が無かったのです」。ここで、対応する「キミ」は、「恩顧」の自覚していない才能(=「サテク妃」の様に人心を掌握する)を見抜きます。こうした「恩顧」の動きを心配そうに見守る「階伯」…。ここでの黒装束もナイス〜(●^o^●)♥♥でもって、「キミ」の屋敷を伺うときの目線が“若い「階伯」”の【為す術がない】感じ、を良く表現していらっしゃいますよねぇぇ〜♪♪「恩顧」を見つめる哀しそうなお目々…

                  2012年08月29日BS22-3 280.jpg

                   「恩顧」に災いをもたらさぬように…との「義慈太子」の言葉を信じきっている「階伯」は、 「モクハンドク」が贈収賄に関与している事を確信した事で、「トッケ」「ヨンス」「テス♥」達に彼の屋敷を捜査させます…。「恩顧」にとって、また、【モク一族】にとって致命的な“チブチェク”を発見すると、早速「義慈太子」の元へ真っ先に届けたり〜(これが最終、「恩顧」を追い詰めることになる…)。今回初めて「階伯」を視聴している!と仰有る方がおられたら、この!“チブチェク”の存在を、この先、お忘れ無きように願いますよぉ〜(≧∀≦)n☆彡♥♥

                    人生間の悪いときには、間の悪いことが重なる物で…。「モクハンドク」の取り調べを行う「階伯」の前に現われる「恩顧」…!!「階伯」は「恩顧」の悩みや苦しみが理解出来ずに、【お嬢様は変わってしまわれた…】なんて言って、「恩顧」を傷つけちゃいます。これまでの人生“自分の才覚”で「義慈太子」を守り抜き、【モク家】を再興させてきた「恩顧」は、素直に人に甘える…なんて事ができないんですよねぇ〜。だから、「階伯」が誤解をしていても黙って立ち去っちゃうしぃ〜ここで、「階伯」ニムにすがって、事実を全て話してしまえばすむことなのに…ねぇ〜σ(^◇^;)っ( ̄。 ̄;)!!「恩顧」が部屋を飛び出してったもんだから、慌てて追いかける「階伯」…「イムジャ」の言葉に愕然っ!!!!

                  2012年08月29日BS22-4 280.jpg

                   ある意味、これって男性からしたらたいそうなショックの筈…。だって、愛する人が自分を庇って窮地に立たされた訳で…。真実を知って追いかけた「階伯」は、目の前で“愛する人が囚われ”、連行されていく姿を《為す術もなく》見ていることしか出来なんですから、苦痛以外のなんでもないっ!!最悪の状況です…!!若く純粋な「階伯」…大きな権力の前に《自分の無力さ》を嫌と言うほど思い知らされ、愛する「恩顧」に恨み言を言われ…散々な思いをするのが次回23話…これまで、信じてきた「義慈太子」への信頼が、彼の取ったある行動で揺らぎ始めます!! …でぇ〜「階伯」が苦悩して、チョッピリ暴れる“萌え”な姿がぁ〜♥♥

                   …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

                   …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。

                   また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!


                  こちら、【ネタバレ】が絶対に嫌っ!! …というかたはNGですよ〜〜♪♪
                                    

                  昨年、「リアル視聴」後にアップした、次回「階伯」23話の記事はこちらから(でも、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)


                  앞으로도 계속 응원하겠습니다.
                  (これからも 応援を続けていきます)

                  리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
                  (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより)



                    ドラマ「階伯」で、感じの悪〜い「義慈太子」を好演中のチョジェヒョンssi が、「茶母(チェオクの剣)」に出演中の写真をもう一枚、御紹介しましょう…「チェオクの剣」14話のレビュー記事が何時アップ出来るか、分からない爆!!ので、見せちゃいます〜♥

                  「チェオク」の父 「義慈太子」.jpgゆみにゃさんへ.JPG

                   でもって…ゆみにゃさん!!おかえりなさ〜い♥♥
                  …今後も暫くはご自宅での静養が必要とか…、どうかゆっくりと、キチンと養生をして【完治】させて下さいマシね…♥♥お返事が遅くなって、ごめんなさい…こうして記事で「お帰りなさい」が言いたかったものですから…。まだまだ、長期予報では10月までは残暑がかなり厳しい…との情報もありますから、くれぐれもご自愛下さい。でも、一番は“ストレスを溜めないこと”と“楽しいことをする=笑う”事が病気に打ち勝つ重要なポイントですから、ソジンさんの作品を視聴しまくって【脳内物質】を大量放出させて、早く元気になって下さい〜!!(●^o^●)♥♥(*⌒▽⌒*)!!


                   

                   で、最後は〜〜9月8日(土)「イ・ソジンさんのファンミーテイング イン ソウル」関連をもう一つ…会場の「ナル アートセンター(Naru Arts Center)」のHPです!!大きいホールだと、700人くらいまで収容できて小さいホールだと200人程度の収容キャパ…。なので、詳しく(8日をクリックして見て下さい)読むと、大ホールの方を使用されるようです!!こちらは、「ナル アートセンター」のスケジュール表を和訳したもの…

                  会場 スケジュール!.jpg

                   ↑ねっ♥、和訳すると書いてあるでしょ〜〜?!( ̄∇ ̄)!!キャはっ〜♥♥

                  にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
                  | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 23:04 | comments(9) | - | - | - |
                  240.8.24「GyeBaek 階伯」BSフジ21話!カットされてた痛々しいイ・ソジンさんの右手のアップ…!ムングン兄貴との再会、そして別れ…!サビで愛を育む階伯と恩顧、義慈太子のJealousyはMAXに!遂にブラック・ウィジャのどす黒い陰謀が発動す!
                  0

                     8月17日のハビタットの“イソジンビルド”活動で、イソジンssi がどんな様子だったか?!が、あれこれと記事になってきました…。どれも、和訳を“翻訳ソフト”を使って試してみましたが、なんだか旨く変換できない場合もあるので、今回はわざとURLを見せたまま、リンクしてあります♪♪ 

                    《イソジンビルド》に参加した方のブログ!…ソジンssi 可愛いお嬢さんとのツーショットに、ニンマリしちゃってます〜(●^o^●)♥♥  →そのブログの和訳♪♪

                    “イソジンビルド”の記事 ↓
                    http://translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/hm_ex.cgi?SURL=http%3A%2F%2Fcafe.daum.net%2Fhabitatseoul%2FImJc%2F19&XTYPE=1&SEARCH=T&SLANG=ko&TLANG=ja

                    ハビタットからの記事 ↓
                    http://translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/hm_ex.cgi?SURL=http%3A%2F%2Fblog.naver.com%2Fhabitatkorea%2F30145185449&XTYPE=1&SEARCH=T&SLANG=ko&TLANG=ja

                    ハビタットからのイソジンssiの写真(沢山あります!) ↓
                    http://translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/hm_ex.cgi?SURL=http%3A%2F%2Fwww.habitat.or.kr%2Fnew%2Fintroduce%2Fintroduce_2_8_2_2.asp&XTYPE=1&SEARCH=T&SLANG=ko&TLANG=ja

                    2010~2009の“イソジンビルド”のお写真♪♪
                    http://translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/hm_ex.cgi?SURL=http%3A%2F%2Fwww.habitat.or.kr%2Fnew%2Fintroduce%2Fintroduce_2_8_2_2.asp%3F1%3D1%26nowpage%3D2%26aff_idx%3D%26field%3D%26searchstr%3D&XTYPE=1&SEARCH=T&SLANG=ko&TLANG=ja

                    2009年、一番最初のハビタットでの活動〜♥
                    http://translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/hm_ex.cgi?SURL=http%3A%2F%2Fwww.habitat.or.kr%2Fnew%2Fintroduce%2Fintroduce_2_8_2_2.asp%3F1%3D1%26nowpage%3D3%26aff_idx%3D%26field%3D%26searchstr%3D&XTYPE=1&SEARCH=T&SLANG=ko&TLANG=ja

                     ↑ 一番最後の3つのサイトは、写真データがかなり重いので、開くまでにかなり時間がかりますので、我慢をして下さいねぇ〜♪♪

                     和訳をすると、開くのに時間がかかりますし、一部観られないお写真もありますので、ハビタットの元のサイトも御紹介をしておきますね〜♥♥

                    今回、この“ハビタット広報大使”のサイトを教えて下さったのは、saralira のバブルリング 〜のんびりと (管理人さらりらさん)のブログでして、こちらは何時も素敵な“画質の良い”お写真を沢山アップして下さっています〜♪♪kabukimonも、何時もお世話になっておりましてぇ〜♥お宝画像が満載なのですっ♥♥

                    ハビタットでサイン.jpgハビタット1.jpgハビタット2.jpg

                     さて、BSーTBSで放映の「チェオクの剣」も、8話まできました…。前回の記事で、「階伯」で、「義慈太子」を演じておられる、チェ・ジェヒョンssi の面白いお写真があるっ…と、お知らせをしていましたね〜ドラマ「茶母」の制作や放映から、現在まで既に足かけ10年ですので、画像データがかなり少なくなっています…。主役の方の“オフショット”はまだ多少はありますが、出番の少なかった方のお写真は本当に、数えるほど…爆!!あんまり面白かったので、また、チョッピリ“落書き”をしちゃいましたぁ〜♪♪

                    オヤジです.jpg韓国公式FC2.jpg韓国公式FC1.jpg

                     …後の2枚のにこやかイソジンssi のお写真は、《韓国公式FC》の皆さんが、昨年の「階伯」撮影時に、撮影現場への陣中訪問をされた時のもの…、長年のファンからの、心のこもった陣中見舞いで、イソジンssi とはすっかり“顔なじみ”…の方達ですから、イソジンssi のこのリラックスした表情も頷けますねっ♥ ところで、ソジンssi の後ろのセット!お分かりになりますか?!2枚目は“居列城(コヨル)”下の民家で、貴族「チンドク」の私兵と「階伯」が渡り合った場面、3枚目は“西谷(ソゴク)城”を陥落させ、“サビ”に凱旋してきた場面で使用されていましたね…♪♪ 韓国公式FCの《スノーフレーク》さん、何時もありがとう御座います(≧∀≦)n☆彡♥♥


                      こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

                    また、昨年のMBCで放映されていた直後にアップをしていた記事に興味を持って下さった方は こちら を是非御覧下さい〜!!(ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)


                    한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
                    (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
                        

                    여기를 클릭해 주세요

                    All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
                         
                    Please click here



                      今回は、記事の前置きがやたらと多くなってしまいましたが、肝心の21話、ここから段々と視聴するのが辛くなってきます…残念ながら、BSフジの放送では丸ごとカットになっていたシーンで、イソジンssi が「階伯」のロケで沢山怪我をしながらも頑張って撮影に臨んでいた…ファンにとっては“切ない”場面…昨年の「リアル視聴」の時は、観ていたファンの間で《左目の青タン》事件同様に、話題に上ったものです…、激しいアクションは《段取り》が大切ですが、撮影の進行が常に押していた状況では、十分に練習をしてから撮影出来なかった…可能性が、否定できません…(×_×)( 。-_-。)…(ToT)…BSフジではカットになってしまいましたので、DVD購入やレンタルで是非確認をしてみて下さいネ〜♥

                    2012年08月22日BS21-2 280.jpg 

                      私のマンガをよく御覧頂くと、怪我の位置が確認できますか?!久しぶりに再会し、互いの無事を喜び合う「階伯」と「恩顧」…愛しい「階伯」の右腕を労るように触れる「恩顧」の手を取り、「階伯」がぎゅううううっと両手で包み込むシーンがあるのです…。「階伯」は、「恩顧」や「義慈太子」が「新羅(シルラ)」に出向いているなんて、夢にも思っていませんでしたので、「恩顧」の無事にホッと一安心…。手傷を負った「チョヨン」の切ない気持ちになんか、全く気が付かず“完全無視”っ!!…いくら何でも、「チョヨン」可哀相よぉ〜〜( ̄。 ̄;)…(O_O)…

                      “西谷(ソゴル)城”を陥落させて、約束通りに村人を守り抜いた「階伯」でしたが、思わぬ形で兄の「ムングン」との再会を果たします。「ムジン」に実母を見殺しにされた「ムングン」にとって、「階伯」は言わば仇の息子…“ヒョン(兄さん)”と親しげに呼びかける「階伯」を突き放し、恨みを晴らそうと“剣”を振りかぶり「階伯」に迫ります!!しかし、無抵抗で「ムングン」の恨みを一心にその身に受けて、覚悟を決めている「階伯」の姿と、今際の際(いまわのきわ)の母「ウルニョ」の最後の頼みを思い出してしまい、復讐できずに終わります…。

                    2012年08月22日BS21-1 280.jpg

                     剣を大地に叩き付け、泣きながら立ち去る「ムングン」…全く未練などない様子で去って行く「ムングン」の後ろ姿を“寂しそうに”見送る「階伯」…これで、暫く「ムングン」の出番はありません…「階伯」と「ムングン」のやり取りは、良い味を出していたので、もう少し長く登場しても良かったなぁ〜なんて思います…。キムヒョンソンssi、 「ムングン」としてのキャラ設定が抜群でした…眉毛の辺りの表情と、口元の動きが「ムングン」の《少し屈折した人間性》を醸し出していて、良かったデス〜♥

                     “サビの都”に凱旋した「階伯」は、一躍“時の人”にっ!!…それに対してすっかり、その影に隠れてしまった「義慈太子」は、街角で親しげに身を寄せ合い、幸せそうに語り合う「階伯」と「恩顧」の姿を見た事で、自制心を完全に失ってしまいます。仲よさそうな二人のシーン♪♪でも、“大人の恋愛”と言うよりは“高校生のデート”みたいなノリなのが、もったいない気が…爆!!ま、健全なムードで良いんですけれど、《しっとりとした風情》に欠けるのがねぇ…。

                    2012年08月22日BS21-3 280.jpg

                      でも、この場面、「階伯」がほおばる“餅菓子”、かなりの大きさですよねっσ(^◇^;)…カメリハも入れたら、何個食べる羽目になったんでしょう〜イソジンssi〜〜笑…「階伯」が手柄を立てて凱旋したことで、これまた“人間不信の塊”である「武王」の勘気を被ってしまった「階伯」…報償どころか“罪を問われる”事に…、これには、「武王」だけではなく、「新羅(シルラ)」で、「恩顧」に完全に振られた事が心の傷になってしまっていた分、「階伯」の幸福が許せなくなった「義慈太子」…の存在も関係してきます。最初は、「武王」にも「階伯」を“弟”として助けたい…と、訴えていたのに〜(T^T)…

                      貴族を殺しても、“民の為に必要だった!”と強い姿勢を崩さぬ「階伯」…そんな彼を“政事巖(チョンサアム)会議”の評定に任せる…と判断した「武王」は、実質上「階伯」を息子「義慈太子」の傍から引き離す事、しか、考えていないのです…。自分の手を汚さず、あくまでも「階伯」に対しては本心を隠す「武王」…!!「義慈太子」が出来ない事を、代わりにしているのだっ!!と、ズバリと言われてしまった「義慈太子」は返す言葉もない。そうして、自分を信じて疑わぬ「階伯」の“優しい心根”を利用すべく、“酔いつぶれて、譫言を呟く”という演技までする様になってしまいます…。

                    2012年08月22日BS21-4 280.jpg

                      「階伯」の運命を変えようと、必死になって動く「恩顧」…そんな彼女に、「恩顧」を我がモノにすべく、動きだした「義慈太子」の恐るべき計略が待ち受けているのです。「階伯」と「恩顧」、二人の仲を裂く為に用意周到に策を巡らす「義慈太子」…次回22話は、そんな何ともやりきれない展開が待っています…。「武王」の「階伯」への警戒心に気が付いた「成忠」は、「興首」と共に「階伯」の窮地を救うべく努力をしますが、「恩顧」の人生はトンデモ無い方向へと動き始めていきます…。

                      …御覧になって下さって、ありがとう御座いました…私の描くマンガですが、【衣装】や【髪型】や【背景】などは、イメージ…として御覧になって下さい〜!出来るだけ番組に忠実に…とは、心がけてはいるのですがドラマは“史劇”のため、かなりセットも含めて手が込んでいる物ばかり…とてもでは有りませんが私の画力では《そっくり》には描けませんので…お許し下さい…。

                     …私の記事では、文中の人名表記(特に役者さんの名前)を区切っていません。これは、韓国語には日本語のような《名字》と《名前》の区別が原則無く、続けて表記するのが普通ですので、敢えてそうしております。やや読みにくい…とは思いますが、お付き合い下さいネ〜!!つまり【イ・ソジンssi】とは書かず【イソジンssi】となっています。また、《ssi》は韓国語では《씨》と書き、日本語の《さん》という意味でございます…。これからも、文中の表現で分からない点などありましたら、どうかお気軽に【コメント欄】の方へコメントをお寄せ下さい…m(_ _)m…。

                     また、私はこの記事を韓国語のDVDとKNTVの録画を元に構成をしておりますので、BSフジさんの編集により紹介した場面が放映されない可能性もある ことを、ご承知おき下さい…!!

                    앞으로도 계속 응원하겠습니다.
                    (これからも 応援を続けていきます)

                    리뷰을 봐주셔서 감사합니다.  kabukimon 드림
                    (ご覧になってくださって 有り難うございました  kabukimonより


                      隣国との、トラブルを抱えている最近の日本…考え方の違いを、今後どう“外交”で回避してゆくのか…戦後67年もの歳月が経っている問題、易々と答えの出る問題ではありません…。しかし、私たち日本人は、大きな戦争と、“世界でたった一つの、戦争で原爆を使用された被爆国”なのです!外交努力を根気よく続けるべきでしょう…。

                     今では“戦争”が、遠〜い国々の出来事、なってしまった感のある今の日本にあって、女性ジャーナリスト山本さんのニュースは衝撃的でした…ここで、シリアで死亡の山本美香さん、最後の取材映像を御紹介致します…この動画には、山本さんご本人の話し声と、動画も残されています…。訃報の記事で知ったのですが、彼女は私と殆ど年齢差がありません。彼女の死を、今の日本人はどう受け止めているのでしょうか?!…彼女のご冥福を心よりお祈り致します…。どうか、安らかに…。

                    にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ br_decobanner_20110317011449.gifblogram投票ボタン
                    | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 04:00 | comments(1) | - | - | - |
                    238.8.16「階伯 GyeBaek」BSフジ20話!階伯と自己中貴族の対立!ポリョ(ムングン)と階伯の手に汗握る一騎打ち!西谷(ソゴク)城攻略への序曲!義慈王子&恩顧は宿敵、金春秋(キムチュンチュ)と出会い何度も試される!忍び込む階伯の黒装束に♥♥
                    0

                         2012.8.17
                      追記:本来なら、本日ソウルで行われている《ハビタット》の“イ・ソジンビルド”のお写真をアップすべきでしょうが、《日本公式FC》の方に、ソジンssiの動画メッセージ(でも、短いσ(^^;)っ)が昨日アップされている…と、ツイッターで教えて頂きましたので、入会をしておられない方の為に、YouTubeにアップしましたので、御紹介をします!!ソジン動画の意訳*皆さん、こんにちは♥暑い中、お元気でお過ごしですよね。今は、言葉に出来ません!その日を考えると胸が高鳴ります!皆さん9月8日に会いましょう〜アンニョン♥ 和訳はツイッターで教えて頂きましたぁ〜chammiさん♥ありがとう御座います〜♪♪ 
                       

                       何時もなら、何か情報を…提供できるのですが、生憎と今回はたいしたネタがありません…( ̄。 ̄;)σ(^^;)…仕事の方は、お陰様で“お盆休み”…、まったりと過ごしてはいますが、久しぶりの《親孝行》などもしておりまして、記事を制作する時間が意外と取れませんでした…皆さまのありがた〜〜い※にもお返事が出来ていなくて、ごめんなさい〜m(_ _)m!!【ツイッターをしておられる方には、不用意なツイで、お騒がせ&ご心配をおかけしてしまった様で、どうもすいませ〜んσ(^^;)kabukimonは元気にしております〜♥】で、本題…どうやら、本来ならカメオ出演(俳優イ・ソジンとして)をしていたドラマ《オンエアー》のシーンが、カットの対象になってしまったようで…、酷いなぁ〜(`ヘ´) プンプン!!…天下の“王様(チョ〜ナァ〜)を普通切るかぁ??!!14日は、BSTBSで、「チェオクの剣」も“オンエアー”がスタートされたはず〜(*⌒▽⌒*)…初めて「チェオ  クの剣」をTVで視聴された方もおられたでしょうねぇ〜♥

                       いったい、どんな感想を持たれたのでしょうか?!BSTBSのカットがどの程度だったのか?!大変気になるところです…「チェオクの剣」もオリジナルの「茶母」より短いですから、CM放映のある分、「階伯」の様に“情け容赦のないカット”?!だったのでしょうか?!録画を確認できるのも暫く後になるので…分からないのです〜(--;)(。・ω・。)何しろkabukimonはイソジンssi のファン歴が浅いので、「茶母」関連のネタやお写真は数えるほど…そんな数少ない写真のなかでも、オフショットは更に少なくて…、きっと「リアルチェオク」をしておられた“長年のファン”の皆さまには、物足りないでしょうが、大好きな《オフショット》を、御紹介しておきます〜♥(えへへっ記事が少ない分、写真のサービスで誤魔化してますっ( ^^)( ̄∇ ̄)〜)

                      ユン&オカァ オフ.jpgシークレット ツイ.jpg



                      ユン オフ2.jpgオフ ユン2.jpg

                        台本に熱心に目を通して、演技のプランを練っている姿や、台本を片手に、衣装合わせ中のイソジンssi …珍しく「皇甫允」のトレードマークのお髭が半分無いっ!!という珍しいショット♥♥です。今よりも10年前のお姿ですが、今でも十分に若〜〜い♪♪うふふふっ♥…余談ですがハジウォンssi が御出演の《シークレット・ガーデン》、嵌っていました…20話で終わってしまうのがとっても寂し〜い♥ですので…、上記のお写真は「チェオクの剣」から7年経って、《SG》10話のオマージュシーンから御紹介をしています…彼女もイソジンssiに負けないくらいに、何時までも若いっ!!(゚Д゚)(>o<)


                       こんにちは!イソジンssi ファンの皆さま!!月・火曜の夜を如何お過ごしですか…?!私は…、と言いますと、KNTVの「階伯」が4月に終了してしまい、御存知の最終話を試聴した後の“心の空虚感”がどうしようもなく、困り果てておりました。そこで、この“心の隙間”を埋めるために、「イサン」と同様、イソジンssi (階伯)の“萌え”処を中心に、 kabukimonの《偏愛》目線で、BSフジの「階伯」の見所紹介をしちゃおうっ!と思いたちました!!

                       また、昨年のMBCで放映されていた直後にアップをしていた記事に興味を持って下さった方は こちら を是非御覧下さい〜!!(ただし、放映直後の韓国の記事を翻訳しつつ、殆どを私の想像と妄想で書いている部分がありますので、BSフジの「階伯(ケベク)」とは違った表現が多くある ことをどうかご理解のうえ、御覧下さい…)

                      한국의 「계백」 팬 여러분 안녕하세요.
                      (韓国の「ケベク」ファンのみなさま こんにちは)
                          

                      여기를 클릭해 주세요

                      All of you loving drama "GyeBaek" all over the world, hello!! (世界中でドラマ「階伯」を愛している、皆さま、こんにちは)
                           
                      Please click here


                        では、本題です〜!!…今回のBS「階伯」20話は、憎っくき【沙宅家】を都から追い出して、平穏なはずの“サビの都”で、登場人物達の《人生の歯車》が少しずつ軋み始める様子が描かれていきます…。その、きっかけを作ったのはなんと「武王」っ(`ε´)!!「義慈王子」の心の闇に巣くう、“「階伯」への嫉妬心&猜疑心”や“「恩顧」への執着心”を白日の下に晒し、「義慈王子」に自覚をさせてしまいます。それまで“義兄弟達との誓い”を胸に、百済(ペクチェ)の再生を第一に考えて自制してきた「義慈王子」に、《意のままに振る舞う》事を唆したも同然です…。

                       「階伯」へも、“弟と相愛の相手だから…”と「恩顧」の事を“半ば諦めていた感”があり、理性的であった「義慈王子」の心が、長年押さえて“本心を偽って”生きてきた反動でしょうか?!「武王」に本音を突きつけられたことで、自制心のタガが外れてしまいます。ここから「階伯」、「恩顧」、「義慈王子」…ひいては“百済(ペクチェ)滅亡”の悲劇始まっていくのです…。ですから、kabukimonは「武王」がキライなのっ!!「武王」が「義慈王子」に変な教育をしなければ、もしかしたら「義慈王子」はもう少し我慢できたかも知れないんですもの(T^T)…クッスン…「義慈王子」の目つきが徐々に変貌していく演技…流石!チョジェヒョンssiです…!!

                       「恩顧」と「義慈王子」の親密な関係を疑う「テヨン王太子妃」は、女の勘で、「義慈王子」が「恩顧」に未練たらたらなのが分かっていますから、「義慈王子」が“「恩顧」を同志として見ている”…などという言い訳は信じていませんっ!!内官「チョレンイ」を脅し「義慈王子」の行き先が「恩顧」の行会と分かるや、いきなり急襲して乗り込みます。ここでもまた不運が重なります…偶然にも「恩顧」が「義慈王子」の身を案じて、自身の首から下げていた“白檀”の香瓶を「義慈王子」の首に掛けている場面を「テヨン王太子妃」に目撃されちゃいます…。



                      2012年08月13日BS20-1 280.jpg


                      この時は、まだ「義慈王子」は必死に政務に邁進することで、「恩顧」への思いを断ち切ろう…としていました。が、「テヨン王太子妃」の嫉妬心に満ちあふれた目線と物言いに、思わず“言い訳がましい”態度を取ってしまいます…、この場面での「テヨン王太子妃」VS「恩顧」の視線対決っ!!なかなかデスよね〜〜σ(^^;)( ̄。 ̄;)…。「テヨン王太子妃」役のハンジウssi は、元来モデルさんでしたが、ドラマ「階伯」でデビュー♪♪でも、“演技が未熟だ〜”と韓国で放映中にかなり叩かれてましたっけ…。


                       「恩顧」は「階伯」と“遠距離恋愛中”♥男勝りの手腕を発揮する彼女ですが、そこは“恋する乙女”「階伯」からの便りが無いか…気になってます…。まぁ、この時代の男性(しかも「階伯」が)が、女性に頻繁に手紙を寄越すなどという事は無いでしょうから、しょうがないけれど、「階伯」がもう少し“女心”を分かっていたら、百済(ペクチェ)の滅亡は避けられたのに…。そもそも、「恩顧」が“チャンサ”という官職を引き受けなければ…、そうっ!!「階伯」について“居列(コヨル)城”について行ってさえいれば、3人の運命はこんなにも複雑に絡み合うことは無かったんです…(T^T)(。・ω・。)。現代に生きる我々女性は、社会進出が当たり前ですが、当時の女性の生き方としては“希(まれ)な存在”…上昇志向の彼女にとって魅力あるポストであったのは、確かでしょう…、でも、「義慈王子」みたいに強くアピール出来ない「階伯」は「恩顧」アガシの気持ちを思いやっちゃうんですもン…。

                      2012年08月13日BS20-2 280.jpg

                      で、20話は、なんと言っても「ポリョ(ムングン)」と「階伯」の関係が“萌え”〜デス♥♥マンガもついつい、二人の関係を描きたくなってしまうのですよねぇ〜♪♪「ポリョ」の目つきと話し方…BSフジでは実際のキムヒョンソンssiの“生声”を聞いては頂けませんが、ちょっと《乾いた》感じのお声…でも、吹き替えの長島真祐(しんすけ)さん も素敵ですっ!!今は長島さんの吹き替えに《違和感》をお持ちの方も、次回の21話を視聴して頂くと、グッと胸に迫り来る感慨があるのでは無いでしょうか?!この二人、お互いに《悪縁》を感じつつも、どことなくシンパシーを感じて引かれ合い、認め合う仲になっていきます。しかし、「ムングン(ポリョ)」の心中と「階伯」の心中とでは、お互いを思っている気持ちにかなりの“温度差”がありますから、事実を知ったときの二人がどういう反応を見せ、ドラマがその後どう展開をしていくのか?!が、重要なポイント!になります。BSフジの放映で初めて視聴される方には、ここら辺が見所なのですが、どうカットされたのかが問題…あああ観るのが恐い…。


                        太子としての役割に意欲を見せる「義慈王子」の方も「階伯」に負けず、「新羅(シルラ)」の 女王に即位した、叔母の「善徳女王」に会いまた、地震で被災した「新羅(シルラ)」に援助を申し出る…という名目で、【和平交渉】をしに「新羅(シルラ)」へと乗り込み、ついに!!これからの「階伯」達の宿敵となる「キムチュンチュ(金春秋)」と対面をします…。ここで「恩顧」が「成忠」や「興首」に負けない活躍をして「義慈王子」をナイスサポートっ!!していきます。

                       「階伯」は、貧相な“居列(コヨル)城”の有様に、貴族「チンドク」の私兵がいない今の状態では、「新羅(シルラ)」軍の攻撃に耐えることが出来ない…と判断し「新羅(シルラ)」軍の守る“西谷(ソゴク)城”をいかにして攻略すべきか?!を真剣に検討し始めます。もちろん、忍び込むのはお決まりの“黒装束”っ♥…この“黒装束”に着替えるシーンのNGを前回の記事で御紹介してありますので、良かったら御覧下さい〜♥♥…《マジックテープ》で止めてあるのが丸わかり…爆!!

                      2012年08月13日BS20-3 280.jpg

                        …そんな「階伯」を、義弟とは知らずに付け狙う「ムングン(ポリョ)」…大胆にも“居列城”に忍び込み、「階伯」を暗殺しようとします…!!さて、私は今回の20話、BSフジの放送を視聴していませんが、《DVDの吹き替えと、生音声とはここが違うよ〜》という分かり易い部分があるのです…(イサンの61話にもあるんで、そこも次回の記事をお楽しみにぃ〜♪♪)。それは、この「ポリョ(ムングン)」が、うたた寝をしている「階伯」に斬りかかるシーン…(BSフジで、放映したかな?!)、ここで吹き替え版は長島さんに「ムングン」役のキムヒョンソンssi の口の動きに合わせて“気合い”の声を吹き込んでいます…!でも、韓国語版では、キムヒョンヨンssiは口を動かしてはいますが“音声”は発していないのです…。当然と言えば当然で、こっそり暗殺しにきた人物が“気合い声”を出すのは??と思います…、日本の演出家さんはどうして敢(あえ)て声を当てたのかなぁ〜?!

                        むしろ、このシーンで、韓国語版は二人の剣が触れ合う「カチリッ…カチリッ…カチ」という音声が、微かに会話の合間に途切れ途切れに聞こえてきます〜!!この“剣同士が当たっている音”が、この場の二人の状況や緊迫感を煽っている…と思うので、吹き替え版では殆ど聞こえない…のが惜しいです〜〜(T^T)(゚◇゚)本当に些細な事ですが、“音”って、大切なドラマの要素ですものねぇ…( ̄。 ̄;)…と、なんだかんだで、「ポリョ(ムングン)」は貴族「チンドク」を斬り殺し、「階伯」を救い出すことに成功します。なんと、この日は、「階伯」がかねてよりの“西谷(ソゴク)城”攻略の晩に…、と決めていた《新月》の晩!!意気上がる「階伯」と「ポリョ(ムングン)」の二人っ!!強力な助っ人を得た「階伯」の見つめる先は果たしてっ…。

                      2012年08月13日BS20-4 280.jpg


                         …次回の「階伯」21話は〜、いよいよ「階伯」に対して「義慈太子」が“心に秘めていた”その本音をジワジワとむき出しにして、とうとう「恩顧」との関係を壊すべく暗躍を始めます…。純真で一途(融通の利かないとも言う)な「階伯」は、“ブラック「義慈太子」”のトンデモ無い策略の前に、何も分からぬままに絡め取られていくのです〜
                      (T^T)…(×_×)( -_-)…さぁっっ!!ここからが、ドラマ「階伯」の“賛否”と“好き嫌い”がはっきりと分かれるパート…。21話以降は、正直イソジンssi のファンでも視聴が辛くて《止めてしまった》方もおられる部分…。これまでの現代劇や時代劇でヒット作に出演をして、視聴率をたたき出してきたイソジンssi にとって、あり得ない数字しか取れなかったドラマ「階伯」…。イソジンssi 自身、一部の記事で“演技が堅い”といった辛口の批評を浴びたドラマ…。ただでさえBSフジの放送は、カットの多い状況ですから、途中で視聴が止まってしまう方がでる可能性は否定できません…。でもっっ、どうか36話の最終話を“感動”で迎えられますよう、今後とも温かい目で視聴を続けて下さいっ!!御願いを致します…で、何時もの御願い…出来ましたらDVDの購入かレンタルで【ノーカット】を視聴して頂きたいです…。

                      それでは、次回はお待ちかね…「イサン」61話のレビューでお会いしましょう♥♥


                       …御覧になって下さって、ありがとう御

                      | kabukimon | Gye Baek (階伯 ケベク) | 10:55 | comments(3) | - | - | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      • 1181.8.19「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんハン・ジミンさんイ・ジェフンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》第3回ミニ+フル映像♪&関連記事+美画像♪&【DAIZ】店舗の《秋冬グラビア》美画像♪」
                        kabukimon (08/23)
                      • 1181.8.19「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんハン・ジミンさんイ・ジェフンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》第3回ミニ+フル映像♪&関連記事+美画像♪&【DAIZ】店舗の《秋冬グラビア》美画像♪」
                        コッコ (08/20)
                      • 1177.8.14「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》12日から3度目の撮影…ソジンさん近影♪&【韓国公式サイト】の《三食ごはん・海の牧場編》美画像+ジフアニメ♪&【安国健康】CFモデル画像♪」
                        kabukimon (08/17)
                      • 1177.8.14「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》12日から3度目の撮影…ソジンさん近影♪&【韓国公式サイト】の《三食ごはん・海の牧場編》美画像+ジフアニメ♪&【安国健康】CFモデル画像♪」
                        kabukimon (08/15)
                      • 1175.8.11「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんハンジミンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》第2回、今夜放映+関連記事+ブログ+美画像♪&【LGハウシスジーインZ:IN】CF撮影現場のレポートブログ♪」 
                        kabukimon (08/15)
                      • 1177.8.14「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》12日から3度目の撮影…ソジンさん近影♪&【韓国公式サイト】の《三食ごはん・海の牧場編》美画像+ジフアニメ♪&【安国健康】CFモデル画像♪」
                        えつこ (08/15)
                      • 1177.8.14「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》12日から3度目の撮影…ソジンさん近影♪&【韓国公式サイト】の《三食ごはん・海の牧場編》美画像+ジフアニメ♪&【安国健康】CFモデル画像♪」
                        yukaringo (08/14)
                      • 1175.8.11「イ・ソジンさんエリックさんユン・ギュンサンさんハンジミンさんご出演《三食ごはん・海の牧場編》第2回、今夜放映+関連記事+ブログ+美画像♪&【LGハウシスジーインZ:IN】CF撮影現場のレポートブログ♪」 
                        えつこ (08/13)
                      • 1171.8.5「イ・ソジンさん神話エリックさんユン・ギュンサンさんハン・ジミンさんご出演《三食ごはん・海の牧場》編ミニ+フル映像♪&番組関連記事+画像♪」
                        kabukimon (08/07)
                      • 1171.8.5「イ・ソジンさん神話エリックさんユン・ギュンサンさんハン・ジミンさんご出演《三食ごはん・海の牧場》編ミニ+フル映像♪&番組関連記事+画像♪」
                        kabukimon (08/06)
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 「イ・サン」と「茶母(チェオクの剣)」 〜韓国時代劇ドラマのイ・ソジンssi〜
                      にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
                      にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
                      にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
                      にほんブログ村 演劇ブログへ
                      br_decobanner_20110317011449.gif
                      + カウント
                      ブログパーツUL5
                      + 世界の国から…
                      + 地球の上から…
                      + カウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE